アシクロビルの効果と副作用【ヘルペスウイルス治療薬】

アシクロビル錠・アシクロビル顆粒は1994年から発売されている「ゾビラックス」という抗ウイルス薬のジェネリック医薬品になります。

抗ウイルス薬は文字通りウイルス感染に使われるお薬の事ですが、アシクロビルはウイルスの中でも「ヘルペスウイルス」感染に対して用いられます。

ヘルペスウイルスは口唇ヘルペスや帯状疱疹、水痘(みずぼうそう)など多くの疾患の原因となるウイルスです。

ここではアシクロビルの効果や特徴、どのような作用機序を持つお薬でどのような方に向いているお薬なのかについてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.アシクロビルの特徴

まずはアシクロビルの特徴について、かんたんに紹介します。

アシクロビルは

  • 口唇ヘルペス、角膜ヘルペスの原因となる単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1)
  • 陰部ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2)
  • 水痘・帯状疱疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)

の増殖を抑える作用を持つお薬になります。

これらのヘルペスウイルスに感染した場合に投与する事で、早期にウイルスを除去する事が出来ます。

アシクロビルはヘルペスウイルスを「殺す」お薬ではありません。あくまでも「増殖を抑える」お薬だという事です。

そのため、ある程度ヘルペスウイルスが増殖しきってしまってから投与してもあまり効果は得られません。ウイルスが増殖しきっていない発症初期に投与する事で高い効果が得られるお薬になります。

現在では抗ヘルペス薬はいくつかの種類がありますが、その中でアシクロビルは古い部類に属します。古いから悪いお薬だという事はないのですが、古いために作用時間が短く、そのために一日に何回も服用しないといけません。

またアシクロビルはジェネリック医薬品であり、薬価が安い事が大きなメリットです。ウイルス治療薬は薬価が高いものが多いため、ジェネリックに変更すると経済的負担がだいぶ少なくなります。

以上からアシクロビルの特徴として次のようなことが挙げられます。

【アシクロビルの特徴】

・HSV1、HSV2、VZVの増殖を抑える抗ウイルス薬である
・ウイルスを殺すのではなく、増殖を抑える作用を持つ
・発症初期に飲まないと高い効果は得られない
・作用時間が短く、1日に何回も服用しないといけない
・ジェネリック医薬品であり薬価が安い

2.アシクロビルはどのような疾患に用いるのか

アシクロビルはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

<成人>
単純疱疹
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制
帯状疱疹

<小児>
単純疱疹
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制
帯状疱疹
性器ヘルペスの再発抑制
水痘(アシクロビル顆粒のみ)

アシクロビルは、ヘルペスウイルス感染に用いられるお薬になります。しかしヘルペスウイルスの感染であれば何でも効くわけではありません。

ヘルペスウイルスには多くのタイプがあり、

  • 単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1):口唇ヘルペス、角膜ヘルペス
  • 単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2):陰部ヘルペス
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV):水痘・帯状疱疹
  • エブスタイン・バーウイルス(EBV):伝染性単核球症
  • サイトメガロウイルス(CMV):サイトメガロウイルス感染症
  • ヒトヘルペスウイルス6(HHV6):突発性発疹
  • ヒトヘルペスウイルス7(HHV7):突発性発疹
  • ヒトヘルペスウイルス8(HHV8):カポジ肉腫

に分類されます。

このヘルペスウイルス属のうちアシクロビルが効くのは、

  • 単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1):口唇ヘルペス、角膜ヘルペス
  • 単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2):陰部ヘルペス
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV):水痘・帯状疱疹

の3種類だけです。

アシクロビルはジェネリック医薬品であるため有効率に関する詳しい調査は行われていませんが、先発品の「ゾビラックス」においては、

  • 単純疱疹に対する改善率は94.78%
  • 帯状疱疹に対する改善率は94.81%
  • 水痘に対する改善率は98.81%

と報告されており、アシクロビルも同程度の改善率を有すると考えられます。

アシクロビルはヘルペスウイルスを「殺す」お薬ではなく、「増殖を抑える」お薬になります。そのため、ある程度増殖しきってしまった後に投与してもあまり効果は得られません。

反対に発症初期であればあるほど高い効果が得られるお薬になります。

スポンサーリンク

3.アシクロビルにはどのような効果・作用があるのか

アシクロビルは抗ウイルス薬であり、ウイルスの中でも一部のヘルペスウイルス感染に効果のあるお薬です。

ではこの作用はどのようにしてもたらされているのでしょうか。

アシクロビルが効くのはヘルペスウイルス属の中でも、

  • 単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1)
  • 単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2)
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)

の3種類になります。

これらのウイルスは私たちの身体の細胞内に侵入すると(これを「感染」と呼びます)、感染細胞中ではウイルスがチミジンキナーゼ(TK)という酵素を産生します。

チミジンキナーゼはDNA合成に関与する酵素で、ウイルスが産生したチミジンキナーゼはウイルスのDNAをどんどん合成するため、ウイルスがどんどん増殖してしまいます。

これを食い止めるのがアシクロビルです。

アシクロビルはチミジンキナーゼと反応し、アシクロビル三リン酸(ACV-TP)という物質になります。このアシクロビル三リン酸がウイルスのDNAに取り込まれると、ウイルスはDNAを複製できなくなってしまいます。

するとウイルスが増殖できなくなるというわけです。

このようにアシクロビルはウイルス性のチミジンキナーゼが存在している「ウイルス感染細胞」にだけ作用するため、正常な細胞には毒性を示さずに効果が得られます。

難しく書きましたが簡単に言えば、ウイルスのDNAに作用する事で、ウイルスの増殖を抑える作用がある」という事です。

4.アシクロビルの副作用

アシクロビルはウイルスをやっつける目的で投与されます。となれば、「ウイルスをやっつけるという事は身体にも害があるのではないか」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

しかしアシクロビルは安全性の高いお薬であり、副作用が生じる頻度は多くはありません。もちろん注意すべき副作用はありますが、総合的に見れば安全に使えるお薬と言っても良いでしょう。

アシクロビルはジェネリック医薬品であるため副作用発生率の詳しい調査は行われておりません。しかし先発品の「ゾビラックス」における副作用発生率は、

  • 単純疱疹に使用した場合の副作用発生率は1.12%
  • 帯状疱疹に使用した場合の副作用発生率は5.91%
  • 水痘に使用した場合の副作用発生率は1.05%

と報告されており、アシクロビルも同程度だと考えられます。

生じうる副作用としては、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐

などの消化器系の副作用があります。

また検査値の異常として、

  • TG(中性脂肪)上昇
  • 肝機能酵素(AST、ALT、LDH)上昇
  • BUN上昇
  • 好酸球増多

などが報告されています。

非常に稀ですが重篤な副作用としては、

  • アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)
  • 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病
  • 急性腎不全
  • 精神神経症状
  • 中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)
  • 呼吸抑制、無呼吸
  • 間質性肺炎
  • 肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 急性膵炎

などが報告されており、使用中に異変を感じた場合はすぐに主治医に報告する必要があります。

また副作用ではありませんが、ヘルペスウイルスはアシクロビルに耐性を形成する可能性があります。これは、アシクロビルに抵抗力を持つヘルペスウイルスが現れてしまうという事です。

耐性形成はヘルペスウイルスがチミジンキナーゼやDNAポリメラーゼ(DNAを合成する酵素)を変化させることで、アシクロビルが作用できないようにしてしまう事で生じると考えられています。

長期間アシクロビルを投与していると、ヘルペスウイルスが耐性を獲得してしまう可能性があります。アシクロビルを投与しても改善が乏しい場合は耐性化している可能性がありますので、漫然と投与を続けるのではなく、別の治療法に切り替える必要があります。

スポンサーリンク

5.アシクロビルの用法・用量と剤形

アシクロビルは、

アシクロビル錠 200mg
アシクロビル錠 400mg
アシクロビル顆粒 40%

アシクロビル内服ゼリー 200mg
アシクロビル内服ゼリー 800mg

アシクロビルシロップ 8%

アシクロビルDS(ドライシロップ) 80%

と多くの剤型があります。

特に、「ゼリー」「シロップ」「ドライシロップ」は先発品の「ゾビラックス」にはない剤型です。ジェネリック医薬品であるアシクロビルはお子様が服用することもある事を考え、多くの剤型を用意しています。

アシクロビルの使い方は、使用する疾患によって異なってきます。成人においては、

<成人>

【単純疱疹】
通常、成人には1回200mgを1日5回経口投与する。

【造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制】
通常、成人には1回200mgを1日5回、造血幹細胞移植施行7日前より施行後35 日まで経口投与する。

【帯状疱疹】
通常、成人には1回800mgを1日5回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

となっています。

小児においては体重によって使用する量が異なってきます。

<小児>

【単純疱疹】
通常、小児には体重1kg当たり1回20mgを1日4回経口投与する。ただし、1回最高用量は200mgとする。

【造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制】
通常、小児には体重1kg当たり1回20mgを1日4回、造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。ただし、1回最高用量は200mgとする。

【帯状疱疹】
通常、小児には体重1kg当たり1回20mgを1日4回経口投与する。ただし、1回最高用量は800mgとする。

【水痘】
通常、小児には体重1kg当たり1回20mgを1日4回経口投与する。ただし、1回最高用量は800mgとする。

【性器ヘルペスの再発抑制】
通常、小児には体重1kg当たり1回20mgを1日4回経口投与する。ただし、1回最高用量は200mgとする。なお、年齢、症状により適宜増減する。

となっています。

注意点として小児の性器ヘルペスの再発抑制に用いる場合は、お子様の体重が40kg以上でなければ投与できません。これは性器ヘルペスにかかる年齢を考えると(中学生以降)、これくらいの体重がある事が普通だからです。

6.アシクロビルが向いている人は?

以上から考えて、アシクロビルが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

アシクロビルの特徴をおさらいすると、

・HSV1、HSV2、VZVの増殖を抑える抗ウイルス薬である
・ウイルスを殺すのではなく、増殖を抑える作用を持つ
・発症初期に飲まないと高い効果は得られない
・作用時間が短く、1日に何回も服用しないといけない
・ジェネリック医薬品であり薬価が安い

というものでした。

  • 単純へルペスウイルスⅠ型(HSV1)
  • 単純ヘルペスウイルスⅡ型(HSV2)
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)

の治療に対して長い歴史を持っているため安心して使えるお薬ですが、作用時間が短く、1日に何回も服用しないといけないのはやや面倒になります。

そのため、現在ではアシクロビルの改良型である「バルトレックス(バラシクロビル)」などが処方される事が多くなっています。バルトレックスは作用時間が改善されているためです。

アシクロビルはジェネリック医薬品であるため薬価が安く、これはアシクロビルを選択する大きな理由になりえます。というのもウイルス治療薬は薬価が高いものが多いためです。

またこれは多くの抗ウイルス薬に共通する事ですが、耐性化には注意しないといけません。ウイルスは変異する事があり、これによってアシクロビルが効かない菌が出現する事もあります。

このような状態でアシクロビルの投与を続けていても意味はありません。アシクロビルを投与しても改善が乏しい場合は、耐性化の可能性も考えて治療方針を再検討する必要があります。

7.先発品と後発品は本当に効果は同じなのか?

アシクロビルは「ゾビラックス」というお薬のジェネリック医薬品になります。

ジェネリックは薬価も安く、患者さんにとってメリットが多いように見えます。

しかし「安いという事は品質に問題があるのではないか」「やはり正規品の方が安心なのではないか」とジェネリックへの切り替えを心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

同じ商品で価格が高いものと安いものがあると、つい私たちは「安い方には何か問題があるのではないか」と考えてしまうものです。

ジェネリックは、先発品と比べて本当に遜色はないのでしょうか。

結論から言ってしまうと、先発品とジェネリックはほぼ同じ効果・効能だと考えて問題ありません。

ジェネリックを発売するに当たっては「これは先発品と同じような効果があるお薬です」という根拠を証明した試験を行わないといけません(生物学的同等性試験)。

発売したいジェネリック医薬品の詳細説明や試験結果を厚生労働省に提出し、許可をもらわないと発売はできないのです、

ここから考えると、先発品とジェネリックはおおよそ同じような作用を持つと考えられます。明らかに効果に差があれば、厚生労働省が許可を出すはずがないからです。

しかし先発品とジェネリックは多少の違いもあります。ジェネリックを販売する製薬会社は、先発品にはないメリットを付加して患者さんに自分の会社の薬を選んでもらえるように工夫をしています。例えば飲み心地を工夫して添加物を先発品と変えることもあります。

これによって患者さんによっては多少の効果の違いを感じてしまうことはあります。この多少の違いが人によっては大きく感じられることもあるため、ジェネリックに変えてから調子が悪いという方は先発品に戻すのも1つの方法になります。

では先発品とジェネリックは同じ効果・効能なのに、なぜジェネリックの方が安くなるのでしょうか。これを「先発品より品質が悪いから」と誤解している方がいますが、これは誤りです。

先発品は、そのお薬を始めて発売するわけですから実は発売までに莫大な費用が掛かっています。有効成分を探す開発費用、そしてそこから動物実験やヒトにおける臨床試験などで効果を確認するための研究費用など、お薬を1つ作るのには実は莫大な費用がかかるのです(製薬会社さんに聞いたところ、数百億という規模のお金がかかるそうです)。

しかしジェネリックは、発売に当たって先ほども説明した「生物学的同等性試験」はしますが、有効成分を改めて探す必要もありませんし、先発品がすでにしている研究においては重複して何度も同じ試験をやる必要はありません。

先発品と後発品は研究・開発費に雲泥の差があるのです。そしてそれが薬価の差になっているのです。

つまりジェネリック医薬品の薬価は莫大な研究開発費がかかっていない分が差し引かれており先発品よりも安くなっているということで、決して品質の差が薬価の差になっているわけではありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい