アドナの効果と副作用【止血剤】

アドナ(一般名:カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物)は1959年から発売されている止血剤です。

止血剤とは出血を止める作用を持つお薬のことで、アドナは血管に作用することで出血しにくくなるように作用します。古いお薬ですが、現在でも出血しやすい状態の方を中心に用いられています。

アドナはどのような特徴のあるお薬で、どんな作用を持っているお薬なのでしょうか。

アドナの効果や特徴・副作用についてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.アドナの特徴

まずはアドナの全体的な特徴についてみてみましょう。

アドナは血管に作用することで止血作用(出血を抑える作用)を発揮します。

アドナは止血剤(出血を止めるお薬)の1つですが、ユニークな作用機序を持っています。

止血剤にはいくつかの種類がありますが、多くの止血剤は「凝固・線溶系因子(血液を固まらせる物質)」のはたらきを強める事で止血作用を得ます。

凝固線溶系が活性化すればかさぶた(血液の固まり)が出来やすくなるため、止血効果が得られるという事です。

対してアドナは凝固・線溶系因子には作用せず、血管に作用することで血が血管外に漏れにくいようにするお薬でなり、これがアドナの大きな特徴になります。

より具体的に言うと、身体の末梢を走っている細小血管に対して、

  • 血管透過性を低下させる
  • 血管抵抗を増強させる

事によって、止血効果をもたらします。

この詳しい機序については後述しますが、簡単に言えば血管内の物質が血管の外に漏れにくくするように血管の壁を強化するという事です。

出血というのは外傷などによって血管が傷つく事で生じます。であれば血管を増強すれば出血しにくくなるだろう、という理屈です。

副作用はほとんどなく、また重篤な副作用の報告もほとんどありません。

以上から、アドナの特徴として次のようなことが挙げられます。

【アドナの特徴】

・血管を増強することで出血しにくくする止血剤である
・血管透過性を低下させ、血管抵抗性を増強する
・副作用がほとんどなく安全性に優れる

2.アドナはどのような疾患に用いるのか

アドナはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

【効能又は効果】

○毛細血管抵抗性の減弱及び透過性の亢進によると考えられる出血傾向(例え ば紫斑病等)

○毛細血管抵抗性の減弱による皮膚あるいは粘膜及び内膜からの出血・眼底出 血・腎出血・子宮出血

○毛細血管抵抗性の減弱による手術中・術後の異常出血

アドナは「血管を強くする」ことで出血させにくくするお薬になります。

そのため、その一番の適応は「血管が弱くなってしまって出血しやすくなっている方」です。

適応疾患を読むと、難しく・漠然と書かれているため分かりにくいのですが、要するに「血管を強くすることで出血が抑えられる」と判断された場合に投与の適応となると考えてよいでしょう。

古いお薬であるため有効率の詳しい調査は少ないのですが、上記に該当する状態において有意に出血を抑えた事が確認されています。

スポンサーリンク

3.アドナにはどのような作用があるのか

アドナはどのような作用機序によって、出血を止めてくれるのでしょうか。

アドナは非常に古くからあるお薬ですが、その作用機序というのは実は明確には解明されていません。

ここでは現時点で推測されているアドナの作用について紹介させて頂きます。

アドナは、

  • 血管透過性の低下
  • 血管抵抗性の増強

の2つの効果をもたらすことによって止血作用を発揮しています。

「血管透過性」というのは、血管から様々な物質が血管の外に出ていく「出ていきやすさ」になります。

私たちの身体は全身に血管がはりめぐらされていますが、血液はただ全身をグルグル回っているだけではありません。各部位で必要に応じて血管内の水分や栄養、細胞などを血管外へ受け渡しています。血管は全身に必要な物質を届ける「輸送路」なのです。

そのため実は血管(特に末梢血管)は、必要に応じて血管の外に物質が出ていけるような構造になっています。

例えば身体にばい菌が入って炎症が起こった際、炎症周辺の血管は透過性が上昇します。なぜ透過性を上昇させるかというと、白血球などのばい菌と闘う血球が血管の外に出やすくするためです。このように多くの白血球がばい菌が感染した部位に向かう事で、ばい菌の感染拡大を食い止めることができます。

一方で、何の必要ない部位では血管の透過性を低めておく事でその部位に余計な水分・栄養・細胞を漏らさないようにし、これらの物質を届けたい部位まで効率よく送れるようにしています。

このように血管というのは状況に応じて透過性を高めたり低めたりすることで、必要な部位に必要な物質を送っているわけです。

しかし加齢や病気などによって、この血管の透過性が全体的に亢進してしまう事があります。するとあちこちから出血しやすくなってしまったり、むくみや炎症が出現してしまう事になります。

アドナは主に細小血管の血管透過性を低下させることによって、このような状態の方の血管透過性を正常レベルにまで戻してあげる効果があるのです。

また「血管抵抗性」というのは、血管が血液を圧迫する力の事で、通常では動脈硬化で血管が固くなったり、血管壁にコレステロールが沈着して動脈が狭くなると上昇します。

血管抵抗性が上昇すると、心臓がより強い力で血液を送らないといけなくなるため、心臓に負担がかかりやすくなります。そのため血管抵抗性が上がることは通常はあまり良い事ではありません。

しかし血管から出血している場合、血管抵抗性が上昇すると、血管が血液を押しかえす力が強くなるため、血管外に血液が出血しにくくなります。これは止血作用につながります。

アドナは血管抵抗性を増強する作用もあり、これも止血作用の一因となっています。

血管抵抗性が上がるという事は、「血圧が上がってしまうのではないか」「心不全の原因になってしまうのではないか」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。しかしアドナによる血管抵抗性の増強は血圧には影響しない事が動物実験で確認されています。

このような機序によってアドナは止血作用をもたらしています。

しかし、このような「血管透過性の低下」「血管抵抗性の増強」がどのような機序によって起きているのかは詳しくは分かっていません。何らかの機序によってこのような作用が生じており、これがアドナの止血作用となっているのです。

4.アドナの副作用

アドナにはどのような副作用があるのでしょうか。

アドナは副作用が非常に少ないお薬になります。

副作用発生率は1.25%と報告されており、生じうる副作用には、

  • 食欲不振
  • 胃部不快感
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 掻痒
  • 発疹

などがあります。

重篤な副作用の報告もほとんどなく、基本的には安全に使えるお薬という認識で良いでしょう。アドナが古くて作用機序も詳しくは分かっていないお薬であるにも関わらず、現在においても使われているのは、この安全性の高さが1つあると思われます。

また副作用ではありませんが、代謝物の影響によりアドナ服用中の方は尿検査で尿中ウロビリノーゲンが陽性になったり、尿が橙色っぽくなる事があります。

アドナは前述のように、「血管抵抗性を上げる」という作用があるため、「血圧が上がってしまうのではないか」「心不全になってしまうのではないか」「心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなるのではないか」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、動物実験においてはそのような報告はありません。また実臨床でも50年以上使われていますが、そのような副作用が生じる印象はありません。

スポンサーリンク

5.アドナの用法・用量と剤形

アドナは、

アドナ錠 10mg
アドナ錠 30mg

アドナ散 10%

といった剤形があります。

アドナの使い方としては、

通常、成人1日30~90mgを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

となっています。

アドナの作用持続時間は5~6時間と考えられており、そのため1日3回に分けて服用するようになっています。

6.アドナが向いている人は?

以上から考えて、アドナが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

アドナの特徴をおさらいすると、

・血管を増強することで出血しにくくする止血剤である
・血管透過性を低下させ、血管抵抗性を増強する
・副作用がほとんどなく安全性に優れる

といったものがありました。

アドナは古いお薬ではありますが、

  • 安全性が高く
  • 止血作用を持っている

お薬になります。

そのため、

  • 手術後で出血が心配な場合
  • 出血を止めた後で、再出血が心配な場合
  • 出血が予測される疾患を発症した場合

など、出血を抑えてあげたい場合に広く用いられています。

安全性が高いため、使用しやすいお薬ですが、劇的な止血作用があるわけではなくその作用はおだやかです。

そのため、明らかな出血をアドナだけで抑えるというのは困難です。

アドナによる止血はあくまでも補助的なものです。必要な止血処置を行った上で、「念のため」アドナも投与しておこうという使い方をするお薬になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい