アトルバスタチンの効果と副作用【高脂血症治療薬】

アトルバスタチンは2000年に発売された「リピトール」というお薬のジェネリック医薬品になります。脂質異常症の治療薬であり、「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に属します。

主に悪玉(LDL)コレステロールを下げる作用に優れ、LDLが高い高コレステロール血症の患者さんに用いられています。また善玉(HDL)コレステロールを上げたり中性脂肪(TG)を下げる作用も持ちます。

アトルバスタチンはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに使うお薬なのでしょうか。今回はアトルバスタチンの特徴や効果・副作用について紹介します。

スポンサーリンク

1.アトルバスタチンの特徴

まずはアトルバスタチンの全体的な特徴を紹介します。

アトルバスタチンはスタチン系と呼ばれる脂質異常症治療薬で、主に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げる作用に優れます。スタチン系の中でも強力な強さを持ち「ストロングスタチン」に分類されています。

アトルバスタチンをはじめとしたスタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)は、主に悪玉コレステロールを下げる作用に優れます。

スタチン系にもいくつかお薬はあるのですが、大きく分けると、

  • スタンダードスタチン:LDLを下げる力は中等度
  • ストロングスタチン:LDLを下げる力が強力

の2種類があります。

このうちアトルバスタチンはストロングスタチンに属し、強力にLDLを下げる力を持っています。

またアトルバスタチンには善玉コレステロール(HDL)を上げたり、中性脂肪(TG)を下げる作用もあります。この作用は強くはありませんが補助的な作用として使えます。

副作用としては、肝臓に作用するお薬であるため肝臓に負担をかけ、肝機能が悪化してしまう事があります。また腎臓が悪い方が使うと、腎臓を更に傷めたり横紋筋融解症という重篤な副作用が出現してしまう可能性が高くなるため、注意が必要です。

アトルバスタチンの先発品である「リピトール」はスタチン系のお薬の中でも、多く使われており実績も豊富なお薬です。世界的にみても知名度も高いお薬であり、安心して使用する事が出来る点もメリットでしょう。

アトルバスタチンはジェネリック医薬品であり、先発品のリピトールと比べると薬価が安いというのも特徴の1つです。

以上からアトルバスタチンの特徴として次のような点が挙げられます。

【アトルバスタチンの特徴】

・ストロングスタチンであり、強力な効果がある
・悪玉コレステロール(LDL)を下げる作用に優れる
・善玉コレステロール(HDL)を上げてくれる
・中性脂肪(TG)を下げてくれる
・ジェネリック医薬品であり薬価が安い

2.アトルバスタチンはどんな疾患に用いるのか

アトルバスタチンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

高コレステロール血症
家族性高コレステロール血症

アトルバスタチンは主にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げる作用に優れ、高コレステロール血症の患者さんに用いられます。

アトルバスタチンは高コレステロール血症に対してどれくらいの効果があるのでしょうか。

アトルバスタチンはジェネリック医薬品であり、有効性に対する詳しい調査は行われていません。しかし先発品の「リピトール」では行われており、アトルバスタチンの有効性はこれと同程度だと考えられます。

リピトールを1日1回10mgの投与した調査では、

  • 総コレステロール値を220mg/dl未満に到達させた率は81.4%
  • LDLコレステロール値を140mg/dl未満に到達させた率は85.1%

と報告されており、高い有効率を持ちます。

またリピトール(アトルバスタチンの先発品)10mg/日を投与した調査で、血中脂質がそれぞれどのくらい変化したのかをみた調査では、

  • 総コレステトールは30%低下
  • 悪玉(LDL)コレステロールは40%低下
  • 善玉(HDL)コレステロールは5mg/dl増加
  • 中性脂肪(TG)は17%低下

した事が報告されています。

さらに総コレステロールとLDLコレステロールの低下率は、リピトールの投与量が増えるほど上昇する事が報告されています。

一方でHDLコレステロールとTGは投与量を増やしても改善率はあまり変化しない事も報告されています。

アトルバスタチンもこれと同程度の結果が得られると考えられます。

スポンサーリンク

3.アトルバスタチンにはどのような作用があるのか

高コレステロール血症の患者さんの血中コレステロールを下げるために投与されるアトルバスタチンですが、どのような機序で高コレステロール血症を改善させるのでしょうか。

アトルバスタチンは「HMG-CoA還元酵素阻害薬」と呼ばれるお薬で、その名の通りHMG-CoA還元酵素という酵素のはたらきをブロックし、これがコレステロールを下げる作用になります。

アトルバスタチンの具体的な作用機序を紹介します。

Ⅰ.悪玉(LDL)コレステロールを強く下げる

アトルバスタチンをはじめとしたスタチン系は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げる作用に優れます。

HMG-CoA還元酵素というのは、どのような酵素なのでしょうか。

ざっくりと言ってしまうと、HMG-CoA還元酵素は肝臓においてコレステロールを合成する酵素になります。

HMG-CoA還元酵素のはたらきがブロックされると、コレステロールが合成されにくくなりますので、コレステロールが下がるというわけです。

更にコレステロールが少なくなると、コレステロールは重要なエネルギー源でもあるため、身体は「エネルギーが少ないから蓄えなくては!」と考えます。すると肝臓に存在するLDL受容体という悪玉コレステロールを肝臓に取り込む受容体の数を増やし、肝臓に悪玉コレステロール(LDL)をため込もうとします。

これにより血液中の悪玉コレステロールも低下します。

このような機序により、アトルバスタチンは悪玉コレステロールを低下させます。

Ⅱ.善玉コレステロールを増やす

アトルバスタチンはHDLコレステロール、通称「善玉コレステロール」を増やす作用を持ちます。

善玉コレステロールは、動脈硬化を抑えるはたらきを持ちます。具体的には動脈にこびりついてしまっているコレステロールを回収して、肝臓に運ぶはたらきがあるのです。

動脈のコレステロールがこびりついていると、動脈硬化や狭窄の原因になるためHDLコレステロールは高いことが良いと考えられています。

アトルバスタチンは善玉コレステロールを増やす作用も報告されています。しかしその程度は強くはなく、あくまでも補助的な作用にとどまります。

Ⅲ.中性脂肪(TG)を下げる

アトルバスタチンは中性脂肪(TG:トリグリセリド)を多少下げる作用もあります。

これはHMG-CoA還元酵素のはたらきをブロックする事によってコレステロールの合成が低下すると、VLDL(超低密度リポタンパク質)を合成しにくくなくなるためだと考えられています。

VLDLは末梢組織に中性脂肪(TG)を運ぶはたらきがあるため、VLDLが少なくなれば中性脂肪(TG)も少なくなるというわけです。

アトルバスタチンは中性脂肪を減らすも報告されていますが、その程度も強くはなく、あくまでも補助的な作用にとどまります。

Ⅳ.脳梗塞・心筋梗塞のリスクを下げる

高コレステロール血症は、脳梗塞・心筋梗塞といった心血管系イベントの危険因子になります。

これらの疾患はいずれも血管が詰まる事で生じます。脳の血管が詰まれば脳梗塞が生じ、心臓を栄養する冠動脈が詰まれば心筋梗塞が生じます。

血管が詰まる原因はいくつかありますが、その1つとして血管内壁にコレステロールが沈着してしまう事が挙げられます。

コレステロールが沈着すれば、その分だけ血管の内腔が狭くなるため血管が詰まりやすくなってしまうのです。また付着したコレステロールは血栓などを誘発しやすいため、これも血管を詰まらせる原因になります。

アトルバスタチンをはじめとしたスタチン系はコレステロールを下げることで、血管内壁にコレステロールが沈着する事も予防してくれます。これにより脳梗塞・心筋梗塞を予防する事ができるのです。

4.アトルバスタチンの副作用

アトルバスタチンにはどんな副作用があるのでしょうか。また副作用の頻度はどのくらいなのでしょうか。

アトルバスタチンはジェネリック医薬品であり、副作用発生率の詳しい調査は行われていません。しかし先発品のリピトールでは行われており副作用発生率は12.0%と報告されています。アトルバスタチンもこれと同程度の副作用発生率だと考えられます。

数値だけみれば多く感じるかもしれませんがアトルバスタチンをはじめとしたスタチン系は副作用は少なく安全性に優れるお薬です。

生じうる副作用としては、

  • 胃不快感
  • 搔痒感(かゆみ)
  • 手指しびれ
  • 不眠
  • 下痢
  • 胸やけ
  • 便秘
  • 頭痛
  • 全身倦怠感

などが報告されています。

また検査値の異常として、

  • CK(CPK)上昇
  • 肝胆道系酵素の上昇(AST、ALT、LDH、γGTP上昇)
  • テストステロン低下

などが報告されています。

アトルバスタチンをはじめとしたスタチン系は肝臓に負担をかけてしまうことがあります。また頻度は稀ですが、横紋筋融解症という筋肉を壊してしまう副作用が生じる事もあり、これにより筋肉中のCK(CPK)が血液中に放出され、上昇する事があります。

スタチンを服用中は、定期的に血液検査などで肝臓の数値を確認しておく事が望まれます。特に投与初期は投与開始後3か月前後を目安に必ず確認するようにしましょう。

テストステロンはいわゆる「男性ホルモン」です。テストステロンはコレステロールを原料に作られますので、コレステロールを少なくするアトルバスタチンはテストステロンの量も低下させてしまう可能性があります。

頻度は稀ですが、注意すべき重篤な副作用として、

  • 横紋筋融解症
  • ミオパチー
  • 劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 過敏症
  • 無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症
  • 皮膚粘膜眼症候群(SJS)、中毒性表皮壊死症(TEN)、多型紅斑
  • 高血糖、糖尿病
  • 間質性肺炎

などが報告されています。

横紋筋融解症は、筋肉が破壊されて筋肉中の酵素(CK)が腎臓に流れて腎障害を生じる疾患です。

アトルバスタチンを使ってはいけない患者さん(禁忌)としては、

  • アトルバスタチンの成分に対し過敏症の既往のある方
  • 肝代謝能が低下している方(急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸など)
  • 妊婦さん又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳婦
  • テラプレビルを投与中の方

が挙げられています。

アトルバスタチンは主に肝臓に作用し、肝臓で代謝されます。そのため肝臓に負担をかける可能性があるため肝機能がきわめて悪い方には使う事ができません。

またアトルバスタチンは動物実験において出生児数の減少や発育への影響が認められる事があります。人間で同様の副作用が生じるかは不明ですが、このような報告から妊婦さんへの投与は禁忌となっております。

アトルバスタチンは乳汁中に移行する事が分かっているため、授乳中の方が服用するとお薬の成分が乳汁を通じて赤ちゃんにまで届いてしまいます。そのためアトルバスタチンは授乳婦さんも服用は禁忌となっております。

テラプレビル(商品名:テラビック)はC型肝炎の治療薬です。テラプレビルとアトルバスタチンを併用するとアトルバスタチンの血中濃度が極めて高くなってしまい危険なため両者を併用する事が出来ません。

また原則禁忌(基本的には使ってはいけないが、やむを得ない場合のみ慎重に使用できる)として、

  • 腎機能に異常を認める方にアトルバスタチンとフィブラート系を併用する事

が挙げられています。

アトルバスタチンをはじめとしたスタチン系とフィブラートはともに横紋筋融解症を稀ながら生じるリスクがあるお薬です(フィブラート系も脂質異常症の治療薬です)。

両者を併用する事で横紋筋融解症のリスクが高まる可能性があり、また腎機能が悪いとお薬が身体から抜けにくいため、よりリスクが高まる可能性があるため、原則として腎機能が悪い方に両者を併用する事は出来ません。

しかし最近の研究では両者を併用しても横紋筋融解症の発症リスクは上がらないという報告もあり、必要な症例においては両者を慎重に併用することもあります。

スポンサーリンク

5.アトルバスタチンの用法・用量と剤形

アトルバスタチンには、

アトルバスタチン錠 5mg
アトルバスタチン錠 10mg
アトルバスタチン錠 20mg

アトルバスタチンOD錠 5mg
アトルバスタチンOD錠 10mg

といった剤型が発売されています。

OD錠というのは「口腔内崩壊錠」の事で、口に含むと唾液に触れて溶けるタイプの剤型です。OD錠は水が飲めない出先でも服用できる事や、飲み込む力が低下している高齢者でも飲みやすいというメリットがあります。

アトルバスタチンの使い方は、

<高コレステロール血症>
通常、成人には10mgを1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

<家族性高コレステロール血症>
通常、成人には10mgを1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。

と書かれています。

アトルバスタチンのようなスタチン系は原則として夕方の服用が推奨されています。

その理由は、コレステロールの合成は主に夜間に行われるためです。夕方に投与した方が夜間にしっかりと効かせる事が出来るため、コレステロールの合成を効率よく抑える事が出来るのです。

またアトルバスタチンは食事の影響をほとんど受けないため、食前・食後のどちらに投与しても問題ありません。

6.アトルバスタチンが向いている人は?

以上から考えて、アトルバスタチンが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

アトルバスタチンの特徴をおさらいすると、

・ストロングスタチンであり、強力な効果がある
・悪玉コレステロール(LDL)を下げる作用に優れる
・善玉コレステロール(HDL)を上げてくれる
・中性脂肪(TG)を下げてくれる
・ジェネリック医薬品であり薬価が安い

などがありました。

ここから、

・特に悪玉(LDL)コレステロールが高い方

に向いているお薬になります。

更に脳梗塞・心筋梗塞といった心血管イベントを抑えてくれる作用がありますので、脳梗塞や心筋梗塞の既往があり、悪玉コレステロールも高値である方は服用が強く望まれます。

ストロングスタチンに属するアトルバスタチンは、スタンダートスタチンと比べてコレステロールを下げる作用が強力です。

そのため、特にしっかりとコレステロールを下げたい方(悪玉コレステロールが極めて高値の方や血管系の疾患の既往のある方)に推奨されます。

アトルバスタチンはジェネリックであり薬価が安いというメリットもありますので、経済的な負担を少なくさせたい方にもおすすめしやすいお薬になります。

また日本を含めた世界中で広く用いられており、豊富な実績とデータを有するお薬でもあり、安心して服用する事ができることもメリットになります。

ちなみに脂質というと、血液検査で中性脂肪(TG:トリグリセリド)とコレステロール(Chol)の2つがありますが、この2つはどう違うのでしょうか。

中性脂肪は、俗に言う「体脂肪」の脂肪分が血液中に流れているもので、これはエネルギー源として使われます。中性脂肪は体脂肪として貯蔵される事で、いざという時に活動するためのエネルギーになるのです。

一方コレステロールはというと「身体を作るための材料」として使われています。コレステロールは細胞を構成する材料となったり、体内で様々なはたらきをしているホルモンを作る材料となったり、胆汁酸やビタミンの材料となったりします。

中性脂肪もコレステロールも、どちらも身体にとって必要なものですが、過剰になりすぎれば害となります。

7.先発品と後発品は本当に効果は同じなのか?

アトルバスタチンは「リピトール」というお薬のジェネリック医薬品になります。

ジェネリックは薬価も安く、患者さんにとってメリットが多いように見えます。

しかし「安いという事は品質に問題があるのではないか」「やはり正規品の方が安心なのではないか」とジェネリックへの切り替えを心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

同じ商品で価格が高いものと安いものがあると、つい私たちは「安い方には何か問題があるのではないか」と考えてしまうものです。

ジェネリックは、先発品と比べて本当に遜色はないのでしょうか。

結論から言ってしまうと、先発品とジェネリックはほぼ同じ効果・効能だと考えて問題ありません。

ジェネリックを発売するに当たっては「これは先発品と同じような効果があるお薬です」という根拠を証明した試験を行わないといけません(生物学的同等性試験)。

発売したいジェネリック医薬品の詳細説明や試験結果を厚生労働省に提出し、許可をもらわないと発売はできないのです、

ここから考えると、先発品とジェネリックはおおよそ同じような作用を持つと考えられます。明らかに効果に差があれば、厚生労働省が許可を出すはずがないからです。

しかし先発品とジェネリックは多少の違いもあります。ジェネリックを販売する製薬会社は、先発品にはないメリットを付加して患者さんに自分の会社の薬を選んでもらえるように工夫をしています。例えば使い心地を工夫して添加物を先発品と変えることもあります。

これによって患者さんによっては多少の効果の違いを感じてしまうことはあります。この多少の違いが人によっては大きく感じられることもあるため、ジェネリックに変えてから調子が悪いという方は先発品に戻すのも1つの方法になります。

では先発品とジェネリックは同じ効果・効能なのに、なぜジェネリックの方が安くなるのでしょうか。これを「先発品より品質が悪いから」と誤解している方がいますが、これは誤りです。

先発品は、そのお薬を始めて発売するわけですから実は発売までに莫大な費用が掛かっています。有効成分を探す開発費用、そしてそこから動物実験やヒトにおける臨床試験などで効果を確認するための研究費用など、お薬を1つ作るのには実は莫大な費用がかかるのです(製薬会社さんに聞いたところ、数百億という規模のお金がかかるそうです)。

しかしジェネリックは、発売に当たって先ほども説明した「生物学的同等性試験」はしますが、有効成分を改めて探す必要もありませんし、先発品がすでにしている研究においては重複して何度も同じ試験をやる必要はありません。

先発品と後発品は研究・開発費に雲泥の差があるのです。そしてそれが薬価の差になっているのです。

つまりジェネリック医薬品の薬価は莫大な研究開発費がかかっていない分が差し引かれており先発品よりも安くなっているということで、決して品質の差が薬価の差になっているわけではありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい