カナグル錠の効果と副作用

カナグル錠(一般名:カナグリフロジン水和物)は2014年から発売されている糖尿病の治療薬になります。糖尿病の治療薬の中でも「SGLT2阻害薬」という種類に属します。

糖尿病は血液中の糖分が過剰になってしまう疾患ですが、カナグルをはじめとしたSGLT2阻害薬は、過剰な糖分を尿からたくさん排泄させることで血糖を下げるお薬になります。

過剰な糖分を尿から捨ててしまうわけですので、SGLT2阻害薬はしっかりと血糖を下げる力があります。しかし一方で副作用にも注意が必要なお薬でもあります。

糖尿病治療薬にはたくさんの種類のお薬があります。これらの中でカナグルはどのような位置付けになるのでしょうか。

カナグルの効果や特徴、どのような方に向いているお薬なのかについてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.カナグルの特徴

まずはカナグル錠の特徴について、かんたんに紹介します。

カナグルは血液中の過剰な糖分を、尿から排泄してしまうことで血糖を下げるお薬になります。

カナグルはSGLT2阻害薬という種類のお薬になりますが、SGLT2というのは腎臓の近位尿細管にあり、尿から糖分(ブドウ糖)を体内に再吸収するはたらきを持つ輸送体になります。

糖は私たちにとって、生きるために必要なエネルギー源です。貴重なエネルギー源を取りこぼさないよう、SGLT2は尿に入ってしまった糖分を体内に取り戻すはたらきがあるのです。

しかし糖尿病の方では、体内の糖分が過剰になってしまっています。この時、SGLT2のはたらきをブロックすれば、余分な糖分は尿からそのまま排泄されるため、体内の糖分を減らすことができます。これがSGLT2阻害薬です。

SGLT2阻害薬はあくまでも余分な糖分を尿と一緒に排泄するお薬ですので、血糖を下げすぎてしまう危険(低血糖)も少ないお薬になります。

糖分を体外に排泄するという特徴から、血糖を下げる効果もしっかりとしており、糖尿病を改善させるにはとても頼れるお薬の1つになります。

また脂質の分解を促して高脂血症を改善させたり、体重や内臓脂肪を減少させる作用もあり、これもこのお薬の利点になります。

デメリットとしては、副作用に注意する必要があります。特に注意すべきなのは脱水と尿路系の感染になります。

SGLT2阻害薬は糖分を尿と一緒に排泄させますが、糖分が入った尿は浸透圧が高くなるため、水分をたくさん引っ張ってしまいます。すると尿量が多くなり、脱水になりやすくなります。

また糖分が多い部位というのはばい菌が繁殖しやすくなります。糖尿病の方は感染症にかかりやすい事が知られていますが、これも健康な人と比べて体内に糖分が多すぎることが原因です。

SGLT2阻害薬は腎臓・尿管・膀胱などに糖分を多く集めてしまうため、これらの部位に感染が生じやすくなるという危険もあります。具体的には尿路感染症や性器感染症のリスクが高くなってしまうのです。

そのため、元々脱水になりやすい方や感染に弱い方はSGLT2阻害薬の使用は慎重に考える必要があります。

またSGLT2阻害薬は尿を作る臓器である腎臓に作用するお薬になります。そのため腎臓の機能が悪い方はその効果が減弱してしまい、十分な効果が得られない可能性があります。特に重度の腎機能障害がある場合は、SGLT2阻害薬はほとんど効かないと考えられます。

つまりSGLT2阻害薬は腎機能障害のある方にはあまり向かないお薬となります。

SGLT2阻害薬にもいくつかのお薬がありますが、その中でのカナグルはどのような位置づけでしょうか。

実はSGLT2阻害薬は2014年から発売が始まったばかりのお薬であり、現時点では各SGLT2阻害薬の大きな特徴の差というのはありません。

どれも同じような作用機序を持ち、同じような効果が期待できます。今後データが集まればそれぞれのSGLT2阻害薬の違いも見つかってくるのかもしれませんが、現時点ではどれも大きな差はないと考えてよいでしょう。

以上からカナグル錠の特徴として次のようなことが挙げられます。

【カナグル錠の特徴】

・SGLT2阻害薬に属するお薬である
・尿から糖分を排泄させるお薬である
・効果はしっかりあり、インスリンに作用しないため低血糖も起こりにくい
・体重や内臓脂肪を減らす作用もある
・脱水や尿路感染症に注意
・腎臓に作用するため、腎機能が悪い方には効きにくい

2.カナグル錠はどんな疾患に用いるのか

カナグル錠はどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

2型糖尿病

カナグル錠は血糖を下げる作用を持つお薬ですから、糖尿病に使われます。

血糖を下げる力がしっかりしていますが、脱水・感染症などの副作用にも注意が必要です。このような特徴から主に非高齢者の糖尿病の方に使われることの多いお薬になります(一般的に高齢者は脱水になりやすく感染にも弱いため)。

糖尿病には1型と2型があります。

1型は遺伝性の疾患で、膵臓に存在するβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する細胞が破壊されてしまっている疾患です。β細胞が破壊されてしまっていればインスリンが分泌できないため、血糖は高くなってしまいます。

2型は一般的な糖尿病で、糖分を摂取しすぎたり肥満などによってインスリンの効きが悪くことで生じてしまうものです。

カナグルは2型糖尿病に対して用いられます。2型糖尿病ではまずはお薬を使う前に食事療法(規則正しくバランスの良い食事を指導する)や運動療法(適度な運動を指導する)が行われます。

これら食事療法や運動療法を行っても改善が得られない時、カナグルのようなお薬が検討されます。

スポンサーリンク

3.カナグルにはどのような作用があるのか

カナグルは腎臓尿細管のSGLT2という部位をブロックすることで、血液中の過剰な糖分を尿から排泄させるお薬です。

しかしカナグルの作用はこれだけではありません。

ここではカナグルで認められる作用について紹介します。

Ⅰ.尿から糖分を排泄する

糖尿病という疾患は、血液中の糖分が過剰になってしまう疾患です。

糖分は多すぎると血管や神経、臓器を傷付けることが分かっています。糖尿病を放置しておくと神経症状(手足のしびれなど)、網膜症、腎症などといった病気が発症してしまいます。また血管を傷つけることで心筋梗塞や脳梗塞のリスクも上げてしまいます。

カナグルは血液中の余分な糖分を、おしっこ(尿)から排出させるはたらきを持ちます。

本来、健康な人の尿中には糖分はほとんど含まれていません。それは尿の中に入ってしまった糖分は、腎臓の尿細管にあるSGLTという輸送体によって体内に再吸収されるからです。

SGLTにはSGLT1とSGLT2があります。SGLT1は遠位尿細管をはじめ、小腸、心臓、筋肉にも幅広く認められます。

一方でSGLT2は主に近位尿細管に存在し、尿から体内へ糖分を取り込むはたらきがあります。尿中の糖分の90%はSGLT2から体内に再吸収され、残りの10%がSGLT1から再吸収されます。

このうち、SGLT2のみをブロックするのがカナグルをはじめとしたSGLT2阻害薬です。SGLT2をブロックすると、尿中に入ってしまった糖分を体内に取り戻せなくなるため、尿中の糖分はそのまま尿と一緒に身体の外に排出されます。

これによってSGLT2阻害薬は血糖を下げ、糖尿病を改善させてくれるのです。

ちなみになぜSGLT2のみをブロックするのかというと、SGLT1をブロックしてしまうと血糖は確かに下がりますが、腸管や心臓、筋肉にも作用してしまうため、余計な副作用が多くなってしまうからです。

SGLT2のみに作用するお薬の方が安全に血糖を下げてくれるため、糖尿病治療薬はSGLT2阻害薬が使われています。

Ⅱ.脂質を分解する

カナグルをはじめとしたSGLT2阻害薬は、脂質を分解する作用があります。

そのため高脂血症を改善させる作用も期待できます。

これはカナグルが糖分を体外に排泄してしまうため、糖以外のエネルギー源として脂質を使う割合が増えるからだと考えられています。

私たちは、糖分・たんぱく質・脂質の3つをエネルギー源としています。これらのいずれかからエネルギーを取り出し、生命活動を行っているのです。

カナグルによって体内の糖分が減ってしまうと、身体はそれ以外のエネルギー源を使ってエネルギーを取り出そうとします。すると脂質を分解してエネルギーを取り出す割合が増えますので、脂質が低下するというわけです。

Ⅲ.体重減少作用

カナグルは体重を減らす作用があります。

この作用はカナグルが、

・糖分を尿から排出する
・糖分とともに水分も尿から排出する
・糖分の代わりに脂質をエネルギーとして燃焼する割合が増える

ために生じると考えられています。

約24週間の服用によって、体重が約3.76kg低下したという報告があります。この試験ではプラセボ(-0.76kgの低下)と比較しても約3kgの体重減少が得られています(効果には個人差があります)。

このような作用からSGLT2阻害薬を「痩せ薬」として使おうとする方がいらっしゃいます。確かに作用機序的には痩せ薬として使えるお薬ではあります。

しかしSGLT2阻害薬はあくまでも糖尿病を治療するためのお薬ですので適正に使用するようお願いいたします。

Ⅳ.降圧作用・尿酸値低下作用

その他のSGLT2阻害薬の作用として、

血圧を下げる作用
尿酸値を下げる作用

なども報告されています。

カナグル100mgを24週間の投与にてプラセボ(偽薬)と比較して、収縮期血圧を5.16mmHg下げ、拡張期血圧を2.61mmHg下げたという試験結果があります。

4.カナグルの副作用

カナグルにはどのような副作用があるのでしょうか。カナグルをはじめとしたSGLT2阻害薬の副作用は少なくありません。そのため副作用には注意が必要なお薬になります。

カナグルの副作用の発生率としては29.1%前後と報告されています。

生じる副作用としては、

  • 頻尿
  • 便秘
  • 口渇

などが報告されています。

これはカナグルは尿から糖分を排出するためです。尿中に糖分が多くなると尿の浸透圧が上がります。水分は浸透圧の低い方から高い方へ移動しますので、尿の浸透圧が上がると尿中に水分が引き寄せられ、尿量も増えます。すると多くの水が尿として出てしまうため、頻尿・多尿が生じるのです。またそれに伴い口渇(口の渇き)が生じることもあります。

高齢者の場合、これによって脱水になる可能性もあるため注意が必要です。

水分が抜ける事に加えて、脂質を低下させる作用もあるため、カナグルは、

  • 体重減少

の副作用もあります。体重減少作用のあるお薬はダイエット薬として乱用される可能性があるため、医療者としては心配もあります。患者様には適正な使用を心がけて頂きたいと思います。

カナグルは確かに体重は落ちますので、いわゆる「痩せ薬」としての効果は得られる可能性はあるでしょう。しかしあくまでも糖尿病の治療薬として用いるべきお薬になります。

また検査値の異常としては、

  • 尿中βミクログロブリンの上昇
  • 血中・尿中ケトン体の上昇

などが報告されています。

ケトン体というのは脂質が分解されたときに生じる物質です。カナグルを使うと体内の糖分が少なくなるため、糖分の代わりに脂質を分解してエネルギーを作るようになります。通常より多くの脂質が分解されるため、ケトン体が増えやすいのです。

またカナグルは糖分を尿から排泄させるお薬ですので、服用中は尿糖検査が陽性になります。カナグル服薬中は尿糖検査は糖尿病の経過を見る指標としては使えなくなってしまいますので注意が必要です。

稀ですが重大な副作用として、

  • 低血糖
  • 腎盂腎炎
  • 敗血症
  • 脱水
  • ケトアシドーシス

が報告されています。

糖分が多いところというのは、ばい菌が巣食いやすくなるという特徴があります。カナグルは尿中に糖分をたくさん集めるお薬であるため、腎臓や尿路・尿管、膀胱などの尿路系が感染症、また性器感染症を起こす可能性が高くなり、これが進行すれば腎臓まで達して腎盂腎炎になったり、血液に菌が入ってしまって敗血症になったりする危険もあります。

ケトアシドーシスは脂質が分解される割合が多くなることで、体内にケトン体が溜まってしまって身体が酸性になってしまう状態です。

また下記に該当する方は、カナグルで治療するのではなくよりインスリン製剤による厳格な治療が必要になり、カナグルを使用することは出来ません。

  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者さん
  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者さん

スポンサーリンク

5.カナグルの用法・用量と剤形

カナグルは、

カナグル錠 100mg

の1剤型のみがあります。

カナグルの使い方は、

通常,成人には100mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。

となっています。

カナグルは腎臓にある近位尿細管で行われる糖分の再吸収をブロックするのがはたらきです。

そのため腎機能が悪い方では十分な効果が発揮されない事があります。腎機能が悪くなればなるほど、カナグルの効きは弱まることが分かっています。

軽症~中等症の腎機能障害のある方は、主治医に自分がカナグルの適応になるか判断して頂く必要があります。

また重度の腎機能障害がある方は、基本的にはカナグルをはじめとしたSGLT2阻害薬の効果は期待できないため、これらのお薬を使う事は出来ません。

カナグルは食事の影響をあまり受けませんので、空腹時・食後のどちらに服用しても同じような効果が得られます。

カナグルはしっかりとした効果を持ち、血糖の平均値であるHba1cをおおよそ1.0前後下げることが可能です(100mg/日の服用を24週間続けた場合)(個人差はあります)。

6.カナグル錠が向いている人は?

以上から考えて、カナグル錠が向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

カナグル錠の特徴をおさらいすると、

・SGLT2阻害薬に属するお薬である
・尿から糖分を排泄させるお薬である
・効果はしっかりあり、インスリンに作用しないため低血糖も起こりにくい
・体重や内臓脂肪を減らす作用もある
・脱水や尿路感染症に注意
・腎臓に作用するため、腎機能が悪い方には効きにくい

というものでした。

カナグルは、しっかりと血糖を下げる効果が期待できる反面、副作用の問題から使う人を選ぶお薬だと言えます。

カナグルのデメリットとしては、

  • 糖分と一緒に水分も多く排泄されるため、脱水になるリスクがある
  • 尿路系の糖分が多くなるため、尿路感染症のリスクがある
  • 腎臓で作用するため、腎機能が悪い方には効かない可能性がある
  • 糖分が排泄される代わりに脂質が分解される比率が高まり体重が落ちる

という事があります。ここから考えると、

  • 脱水になる危険の高い方(高齢者、寝たきりの方など)
  • 感染症にかかりやすい方、慢性的に感染症にかかっている方
  • 腎機能障害の方
  • 痩せている方

などにはあまり向かないお薬だと考えられます。特に高齢者は一般的に脱水・感染のリスクが高いため、SGLT2阻害薬は慎重に用いる必要があります。

反対に向いている方としては、

  • 非高齢者
  • 肥満傾向のある方

が挙げられます。

このような方には、しっかりと血糖も下げてくれ、また体重減少作用も期待できるカナグルは良い適応となるでしょう。

SGLT2阻害薬の意外なデメリットとしては薬価の高さが挙げられます。新薬というのはどうしても薬価が高くなりがちです。SGLT2阻害薬は日本では2014年から発売が始まった新しいお薬であるため、他の糖尿病治療薬と比べると値段は高めなのです。

糖尿病のお薬にはいくつか種類がありますが、大きく分けると3種類に分けられます。

1つ目が、血糖を下げるホルモンである「インスリン」の分泌を促すことで血糖を下げようとするお薬です。これには「スルホニル尿素(SU)薬」「グリニド系(速効型インスリン分泌促進薬)」「DPP4阻害薬」「GLP1作動薬」などがあります。

2つ目は、インスリン自体を分泌させるのではなく、インスリンの効きを高めることで血糖を下げるお薬です。これには「ビグアナイド(BG)剤」「チアゾリジン誘導体」などがあります。インスリンの作用は血液中の糖分を筋肉や脂肪などに取り込ませることですが、同じように血液中の糖分を筋肉や脂肪に取り込ませやすくするのがこれらのお薬の主な作用になります。

最後が、糖分を吸収しにくくしたり排泄しやすくするお薬です。血糖の吸収を穏やかにする「αグルコシダーゼ阻害剤」や、尿から糖をたくさん出すようにする「SGLT2阻害薬」などがあります。

この中でSGLT2阻害薬であるカナグルは3つ目の糖分を排泄しやすくするお薬になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい