SPトローチ「明治」(デカリニウム)の効果と副作用

SPトローチ「明治」(一般名:デカリニウム)は1975年から発売されているお薬です。咽頭炎など喉の症状がある時に処方されるお薬で、口腔・咽頭のばい菌(細菌)をやっつける作用を持ちます。

SPトローチは、味が清涼感のあるハッカ味であることもあり、「のど飴」のような感覚で服用している方も多いと思われます。

もちろんのど飴のような作用も期待できるのですが、抗菌作用がSPトローチの本来の作用です。そのため、のど飴と同じような感覚で服用するお薬ではありません。

現在でも広く用いられているお薬ですが、SPトローチはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに使うお薬なのでしょうか。SPトローチの効能や特徴・副作用について紹介します。

スポンサーリンク

1.SPトローチの特徴

まずはSPトローチの特徴をざっくりと紹介します。

SPトローチは、舐める事で口腔内・咽頭部のばい菌をやっつける作用(抗菌作用)を持つお薬になります。

現在でも咽頭炎・扁桃炎などの喉の症状に対して現在でも広く処方されています。

SPトローチには「デカリニウム塩化物」という殺菌作用を持つ物質が含まれています。口腔・咽頭部にばい菌が巣食っている場合、SPトローチを舐めることでばい菌をやっつける効果が期待できます。

またSPトローチを舐める事で口腔内に唾液が分泌され、これによって口腔内が保湿されるという作用も期待できます。

SPトローチは副作用が少なく、臨床で処方している感覚としては「副作用がほぼない」と言っても良いようなお薬です。安全性が非常に高いところもこのお薬の良いところです。

注意点としては、よくSPトローチを「のど飴」だと認識している方がいますが、これは正確には間違いです。ハッカ味で清涼感のあるSPトローチは、確かにのど飴のような感じがありますが、SPトローチは「ばい菌(細菌)をやっつけるお薬」になります。抗菌作用は穏やかですが、このような作用を持つため主に細菌感染が疑われる時に用いるべきです。

反対にウイルス感染が疑われるような状態(普通の風邪など)では、抗菌作用は必要ないわけですから、普通の市販の「のど飴」で良いわけです(ウイルスには抗菌薬は効きません)。市販ののど飴は抗菌作用はありませんが、唾液を分泌させて口腔内を保湿する作用はあります。ウイルスに抗菌薬は効きませんので、この場合はのど飴の方がむしろ良いでしょう。

以上からSPトローチの特徴として次のような点が挙げられます。

【SPトローチ(デカリニウム)の特徴】

・ばい菌(主に細菌)をやっつける作用を持つ
・唾液の分泌を促し、口腔内を保湿する
・副作用が非常に少なく安全性が高い
・ウイルス性の上気道疾患(風邪など)にはあまり意味がない

2.SPトローチはどんな疾患に用いるのか

SPトローチはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防

SPトローチは、上気道症状(咳・痰・咽頭痛など)が出る疾患に対して用いられます。その中でもばい菌(主に細菌)が原因となっている場合に処方されることが多いお薬です。

先ほども説明したように、主に細菌感染が疑われるような上気道症状に対して用いられます。

細菌感染かウイルス感染かは、医師が診察した結果によって判断されますが、一般的に

  • 症状が強い
  • 高熱(38度以上)が出る
  • 血液検査にて白血球が上昇している

場合、細菌感染が疑われますのでSPトローチの適応になります。

一方でウイルスにはデカリニウムの抗菌作用は効きませんので、SPトローチはあまり意味がありません。口腔や咽頭・気道の保湿をするだけであれば一般的なのど飴でも可能ですので、ウイルス性が疑われれば、わざわざSPトローチを使う必要はないでしょう。

スポンサーリンク

3.SPトローチにはどのような作用があるのか

咳・咽頭痛・喉の違和感などの上気道症状の緩和に用いられるSPトローチですが、どのような作用を持っているのでしょうか。

SPトローチには、次のような作用が挙げられます。

Ⅰ.抗菌作用

SPトローチの主成分であるデカリニウム塩化物には抗菌作用があります。

具体的には、

  • 黄色ブドウ球菌(Staphylococcus Aureus)
  • B群β溶血性レンサ球菌(GBS:GroupB Streptococcus)
  • 巨大菌(Bacillus Megaterium)

などに対する抗菌作用が報告されています。特に黄色ブドウ球菌は、口腔・咽頭の感染としても多い菌です。

また、

  • カンジダ菌(Candida Albicans)

などの真菌(カビ)に対しても抗真菌作用が確認されています。

これらの菌に対してSPトローチは蛋白凝固作用を発揮すると考えられています。蛋白凝固作用とは、文字通り蛋白質を固まらせてしまう作用の事で、凝固した蛋白質は本来のはたらきをできなくなります。

SPトローチは菌の細胞内の蛋白質を凝固させることで、結果的に殺菌作用を発揮しているのだと考えられています。

Ⅱ.唾液分泌作用

これはSPトローチに限らず、一般的なのど飴でも期待できる作用なのですが、SPトローチをなめることで唾液が分泌されます。

唾液は食べ物を分解するはたらきの他、口腔、咽頭を保湿することで、ばい菌の増殖を抑えるはたらきがあります。

SPトローチは、ただ「服用」だけでなく、口腔内で徐々に溶かす(「なめる」という事)ことで、保湿効果も期待できるのです。

4.SPトローチの副作用

SPトローチにはどんな副作用があるのでしょうか。

SPトローチの副作用は1213例の患者さんにおいて調査されましたが、明らかな副作用は報告されませんでした。臨床の感覚から言っても安全性は非常に高いお薬で、副作用は「ほぼ生じない」と考えて良いと思います。

ただしどんなものであっても、体質的に合わないということはありえます。そのような時は、摂取する事で過敏症状(発疹など)が出現することがあります。

SPトローチもそのような副作用が出る可能性はありうるでしょう。

しかしそれ以外の問題となるような副作用は、ほとんど経験しません。

スポンサーリンク

5.SPトローチの用法・用量と剤形

SPトローチには次の剤型が発売されています。

SPトローチ「明治」(デカリニウム塩化物) 0.25mg

SPトローチの使い方は、

【錠剤】
通常1回1錠を1日6回投与し、口中で徐々に溶解させる。なお、年齢・症状により適宜増減する。

と書かれています。

1日6回と書かれていますが、実際は1日6回(4時間置き)に服用するのはなかなか難しいと思います。

必ず4時間置きにきっちりと服用しなければいけないものではなく、1日3回、4回などある程度ライフスタイルに合った服用法でも問題はありません。

6.SPトローチが向いている人は?

以上から考えて、SPトローチが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

SPトローチの特徴をおさらいすると、

・ばい菌(主に細菌)をやっつける作用を持つ
・唾液の分泌を促し、口腔内を保湿する
・副作用が非常に少なく安全性が高い
・ウイルス性の上気道疾患(風邪など)にはあまり意味がない

などがありました。

ここから、細菌感染が疑われる上気道疾患(咽頭炎・扁桃炎など)で、喉の症状が強い方には用いるお薬になります。

安全性も高いため、このような状態であれば使用するデメリットは少ないため、ある程度積極的に用いても良いでしょう。

反対に細菌感染でない場合(ウイルス感染)では、あまり意味がなく、市販ののど飴でもよいかもしれません。

ウイルスには抗菌薬が効きませんので、ウイルス疾患にはSPトローチの抗菌作用は意味がなくなります。となると、保湿作用が得られるだけですので、であれば市販ののど飴でも変わらないわけです。

副作用の非常に少ないSPトローチは、ウイルス疾患に使っても大きなデメリットがあるわけではありませんが、あまり意味がないため「風邪っぽいから何となく処方してもらう」というのは医学的に見れば正しい服用法ではありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい