エビプロスタット配合錠SG・DBの効果と特徴

エビプロスタット配合錠は1967年に発売されたお薬です。非常に古いお薬ではありますが、現在でも用いられているお薬です。

エビプロスタットは前立腺肥大症治療薬に属し、前立腺肥大およびそれに伴う排尿困難(尿が出にくい)、頻尿などの症状の改善に効果を認めます。

植物由来の製剤であるため副作用が少なく安全性が高いというメリットがあり、現在においても軽症例を中心に用いられています。

エビプロスタットはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに向いているお薬なのでしょうか。ここではエビプロスタットの効能や特徴を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.エビプロスタット配合錠の特徴

まずはエビプロスタットの特徴をざっくりと紹介します。

エビプロスタットの最大の特徴は、副作用が少なく安全性に優れることです。

ただし効果も弱めであり、そのため主に軽症例の前立腺肥大症に多く用いられます。

エビプロスタットは化学物質ではなく、植物性の製剤です。具体的には、5種類の植物製剤が配合されており、そのため「配合錠」という名称になっています。天然の成分を使用しているため、副作用が少なく安全性は高いのです。

しかし副作用が少ない分だけ効果の弱く、劇的な効果を期待するのは難しいお薬です。そのため、主に軽症の前立腺肥大症を中心に用いられています。

作用時間は長くはないようで、1日3回に分けて服用することとなっています。SG錠だと1回で2錠服薬する必要があり、1日で計6錠服薬しないといけません。これは人によっては手間だったり面倒に感じるかもしれません。

以上からエビプロスタットの特徴として次のような点が挙げられます。

【エビプロスタットの特徴】

・植物性製剤であり、安全性に優れる
・効果は弱いため、軽症例を中心に使われている
・1日3回に分けて服薬しなくてはいけず、やや面倒

2.エビプロスタット配合錠はどんな疾患に用いるのか

エビプロスタットはどのような疾患に用いられるのでしょうか。エビプロスタットの添付文書には、次のように記載されています(2015年7月現在)。

【効能又は効果】

前立腺肥大に伴う排尿困難、残尿及び残尿感、頻尿

エビプロスタットは主に前立腺肥大症の方に対して用いられます。

前立腺肥大症とは、その名の通り前立腺が肥大する疾患です。前立腺は前立腺液を作る臓器で、これは精子の一部となる液です。男性にしかない臓器であるため、前立腺肥大症は男性特有の疾患になります。

なぜ前立腺が肥大するのかははっきりとは分かっていませんが、加齢や高血圧、高脂血症、遺伝などが関係すると言われています。特に加齢の影響は大きく、高齢者では高い確率で前立腺肥大症が認められます。

前立腺は膀胱の下部にある尿道を囲むようにして存在しています。そのため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫され尿が出にくくなってしまいます。これを排尿困難といいます。また、尿が出にくくなるため、全ての尿が排出されず、膀胱内に尿が残ってしまうという残尿が生じることもあります。排尿困難と逆に、膀胱が刺激されることによる頻尿が生じることもあります。

エビプロスタットは前立腺肥大症によって生じる様々な症状(排尿困難、残尿、頻尿など)を改善させる効果のあるお薬だということです。

スポンサーリンク

3.エビプロスタット配合錠にはどのような作用があるのか

エビプロスタットは5つの植物性製剤が含まれており、これらによって主に3つの作用をもたらします。そして、これらが前立腺肥大及びそれに伴う諸症状を改善させると考えられています。

エビプロスタットに配合されている植物製剤には

  • オオウメガサソウエキス
  • ハコヤナギエキス
  • セイヨウオキナグサエキス
  • スギナエキス
  • 精製小麦胚芽油

があります。

それでは、エビプロスタットの3つの作用を見ていきましょう。

Ⅰ.抗炎症作用

エビプロスタットは研究により炎症を抑えるはたらき(抗炎症作用)があることが確認されています。

実は前立腺肥大症は、炎症が関係しているのではないかという報告があります。

前立腺が肥大し、尿道が圧迫されてしまって尿が出にくくなると、膀胱壁内の神経や膀胱排尿筋の損傷が引き起こされ、炎症が生じます。この炎症によって前立腺肥大が更に悪化させてしまい、更に尿道が圧迫されてしまうという悪循環が前立腺肥大症では生じている可能性があります。

となると、炎症を抑えるエビプロスタットは前立腺肥大症に効果があることになります。

実際、エビプロスタットを投与した前立腺肥大症患者さんの膀胱を膀胱境で観察したところ、前立腺の浮腫や膀胱粘膜の炎症の改善が認められています。

Ⅱ.活性酸素除去作用

活性酸素は、細胞やDNAを損傷させるはたらきを持ち、前立腺肥大の増悪にも関係していると考えられています。

前立腺が肥大し、尿道が圧迫されると膀胱は虚血状態となります。その後排尿が行われると虚血は解除されますが、前立腺肥大症ではこの「虚血⇒解除」が何度も何度も繰り返されることになります。そうなると、ここから活性酸素が発生してしまい、これが前立腺肥大を悪化させてしまいます。また活性酸素が炎症の原因となってしまい、これも前立腺肥大を悪化させます。

エビプロスタットは活性酸素を除去するはたらきを持つため、前立腺肥大症に効果を認めます。

Ⅲ.抗菌作用・利尿作用

セイヨウオキナグサには抗菌作用があることが知られており、尿路感染症を予防して膀胱・尿道内を菌から守るはたらきがあります。

また、オオウメガサソウ、スギナは抗菌作用および利尿作用があり、尿路感染症の予防の他、尿を出しやすくするはたらきがあります。

4.エビプロスタット配合錠の副作用

エビプロスタットにはどんな副作用があるのでしょうか。

先にも書いた通り、エビプロスタットは植物性の製剤であるため、その安全性は高く、副作用の頻度も低めです。

稀に食欲不振、腹痛、胃部不快感といった消化器系の副作用が生じることがありますが、重篤な副作用はまず生じません。

スポンサーリンク

5.エビプロスタット配合錠の用法・用量と剤形

エビプロスタットは次の剤型が発売されています。

エビプロスタット配合錠SG
エビプロスタット配合錠DB

の2剤型が発売されています。

この二つは製剤の配合量が異なり、DBの方はSGの2倍量が含まれています。

また、エビプロスタットの使い方は、

(SG)通常1回2錠、1日3回経口投与する。症状に応じて適宜増減する。
(DB)通常1回1錠、1日3回経口投与する。症状に応じて適宜増減する。

と書かれています。

DB錠はSG錠の2倍多く含まれているため、服薬量は半分になっています。

つまりどちらも使っても同じだという事ですね。

6.エビプロスタット配合錠が向いている人は?

以上から考えて、エビプロスタットが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

エビプロスタットの特徴をおさらいすると、

・植物性製剤であり、安全性に優れる
・効果は弱いため、軽症例を中心に使われている
・1日3回に分けて服薬しなくてはいけず、やや面倒

などがありました。

ここから、軽症の前立腺肥大症であり、安全性を重視して治したい方に向いているお薬であると言えます。

効果も副作用も少ないお薬ですから、前立腺肥大症の治療薬として最初に使うお薬としても向いています。

7.エビプロスタット配合錠の薬価

エビプロスタットの薬価はどれくらいなのでしょうか。

薬価は2年に1回改訂されますが、2015年5月の薬価基準収載では次のように薬価が設定されています。

エビプロスタット配合錠SG  24.1円(ジェネリック:6.3円)
エビプロスタット配合錠DB  46.1円(ジェネリック:9.1円)
(2015年7月現在)

なお薬価の改訂は定期的に行われているため、エビプロスタットの薬価も今後、変更される可能性がありますことをご了承下さい。最新の薬価は、厚生労働省のサイトや製薬会社のサイトにてご確認下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい