ガナトン錠の効果と副作用【胃薬】

ガナトン錠(一般名:イトプリド塩酸塩)は1995年から発売されている胃薬です。

主に胃などの上部消化管に作用し、胃腸の動きを活性化させることで胸やけや上腹部症状を改善させたり、吐き気を抑えたりしてくれます。

胃薬にも様々な種類がありますが、その中でガナトンはどんなお薬で、どんな患者さんに向いているお薬なのでしょうか。ガナトンの効果や特徴・副作用についてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.ガナトン錠の特徴

まずはガナトンの特徴について、かんたんに紹介します。

ガナトンは胃の動きを活性化させるお薬になります。

ガナトンはいわゆる胃薬で、主に「胃」に作用します。

その具体的なはたらきは、消化管に存在するドーパミン2受容体をブロックすることです。消化管のドーパミン2受容体がブロックされると、アセチルコリンという消化管を動かす物質が相対的に増えます。

つまりガナトンが消化管のドーパミン受容体をブロックすることで、胃の動きが活発になるのです。

胃の動きが悪いと、胃もたれや吐き気、胃痛などが生じます。

ガナトンはこのような症状を改善させる効果があります。

注意点としては、稀に神経系の副作用が生じる事があります。中枢神経(脳)でのドーパミン受容体のブロックは、震え・不随意運動といった錐体外路症状やホルモンバランスの崩れ(高プロラクチン血症)などの副作用を起こすことがあります。

ガナトンは主に消化管といった末梢に作用し、脳などの中枢にはそこまで多くは作用しませんが、全く作用しないわけではありません。

そのためドーパミンをブロックするガナトンは、錐体外路症状・高プロラクチン血症に注意する必要があります。

以上からガナトンの特徴として次のようなことが挙げられます。

【ガナトン錠の特徴】

・主に胃の動きを亢進させる
・胃の動きを良くすることで、吐き気や胃部不快感・胃痛を改善
・ドーパミン系の副作用(錐体外路症状、高プロラクチン血症など)に注意

2.ガナトンはどんな疾患に用いるのか

ガナトンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

慢性胃炎における消化器症状(腹部膨満感、上腹部痛、食欲不振、胸やけ、悪心、嘔吐)

ガナトンは、胃のドーパミン受容体に作用することで、胃の動きを促進させます

そのため、胃の動きが悪くなっていて胸やけ、悪心(吐き気)、嘔吐、胃通などが生じている方には効果が期待できます。

ガナトンの投与による改善率(中等度以上改善した率)は、

  • 慢性胃炎に対する改善率は77.6%
  • 腹部膨満感に対する改善率は64.2%
  • 食欲不振に対する改善率は66.7%
  • 悪心に対する改善率は69.8%
  • 嘔吐に対する改善率は71.0%
  • 胸やけに対する改善率は62.2%
  • 上腹部痛に対する改善率は66.5%

と報告されています。

スポンサーリンク

3.ガナトンにはどのような作用があるのか

ガナトンにはどのような作用があるのでしょうか。ガナトンの主な作用について紹介します。

Ⅰ.胃の動きを活性化させる

ガナトンは、胃に存在するドーパミン2受容体をブロックするはたらきがあります。

胃のドーパミン2受容体がブロックされるとアセチルコリンという物質のはたらきが相対的に活性化される事が知られています。

アセチルコリンは胃腸の動きを活性化させる物質であるため、これによって胃の動きが活性化します。

またガナトンにはアセチルコリンエステラーゼという酵素のはたらきをブロックする作用もあります。

アセチルコリンエステラーゼはアセチルコリンを分解する酵素ですので、ガナトンによってアアセチルコリンが分解されなくなるため、これも胃の動きを活性化させることにつながります。

4.ガナトンの副作用

ガナトンにはどのような副作用があるのでしょうか。また副作用はどのくらいの頻度で生じるのでしょうか。

ガナトンの副作用発生率は1.25~2.45%と報告されています。

生じうる副作用としては、

  • 下痢
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 便秘

などがあります。これらは消化管の動きを亢進させすぎてしまって生じてるものが多く、ほとんどは様子をみるかガナトンの投与量を適量に調節すれば改善させることができます。

また検査値の異常として、

  • 肝酵素(AST、ALT)上昇
  • 白血球減少
  • プロラクチン上昇

などが報告されています。長期間ガナトンを服用する場合は、定期的に血液検査でこれらの検査値を確認しておく方が安全でしょう。

ガナトンはドーパミンのはたらきをブロックしますが。脳でドーパミンのはたらきがブロックされるとプロラクチンというホルモンが増えてしまう事があります。

プロラクチンは本来は出産後に上昇するホルモンで、乳汁を分泌するはたらきがあります。軽度であれば特に症状は出現しませんが、プロラクチンが高値となると乳汁分泌や胸の張りが出現することもあります。

慢性的なプロラクチン高値は骨粗しょう症や乳がんのリスクを高める事が指摘されていますので、高プロラクチン血症を認めたらすぐに対処を行う必要があります。

また重篤な副作用としては、

  • ショック、アナフィラキシー
  • 肝機能障害、黄疸

などが報告されています。

ガナトンは主に肝臓で分解されるため、肝臓への負担がかかってしまう事があります。

スポンサーリンク

5.ガナトンの用法・用量と剤形

ガナトンは、

ガナトン錠 50mg

の1剤形のみがあります。

ガナトンの使い方は、

通常、成人には1日150mgを3回に分けて食前に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜減量する

となっています。

ガナトンは基本的には食前に服用するお薬になります。これは吐き気や上腹部痛といった症状は食事の前に取ってあげた方が良いからです。

ちなみに薬物動態的には食前でも食後でも問題となるほどの大きな差は生じないと考えられています。強いて言えば食後投与は多少お薬の吸収が遅くなりますが、そこまで大きな差ではありません。

薬物動態的には食前投与でも食後投与でも良いのですが、食事によって悪化しやすい症状を抑えるお薬であるため、食前投与が推奨されているのです。

6.ガナトンが向いている人は?

以上から考えて、ガナトンが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

ガナトンの特徴をおさらいすると、

・主に胃の動きを亢進させる
・胃の動きを良くすることで、吐き気や胃部不快感・胃痛を改善
・ドーパミン系の副作用(錐体外路症状、高プロラクチン血症など)に注意

というものでした。

ガナトンは、消化管の中でも主に胃などの「上部消化管」に作用します。そのため、胃の動きが低下していて、吐き気・不快感・胸やけ・胃痛などが出ている場合に適したお薬となります。

反対に腸に原因がある場合は、効果はあまり得られないでしょう。

ドーパミン系の副作用(錐体外路症状、高プロラクチン血症など)に一応の注意は必要ですが、適切な量を適切な期間使っている限りでは、生じることは滅多にありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい