グリベンクラミド錠の効果と副作用

グリベンクラミド錠は1971年から発売されている「ダオニール」「オイグルコン」という糖尿病の治療薬のジェネリック医薬品になります。糖尿病の治療薬の中でも「スルホニルウレア(SU)薬系」という種類に属します。

グリベンクラミドは、インスリンの分泌をする臓器である膵臓に直接作用することでインスリンの分泌量を増やし、血糖値を下げるお薬になります。非常に強力な作用があるのがメリットですが、血糖を下げ過ぎてしまい「低血糖」にしてしまうリスクもあり、慎重に使用しなければいけないお薬になります。

糖尿病治療薬にもたくさんの種類のお薬があります。これらの中でグリベンクラミドはどのような位置付けになるのでしょうか。

グリベンクラミドの効果や特徴、どのような方に向いているお薬なのかについてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.グリベンクラミドの特徴

まずはグリベンクラミド錠の特徴について、かんたんに紹介します。

グリベンクラミドはインスリンの分泌量を増やすことで強力に血糖を下げるお薬になります。強力な効果が期待できる反面、血糖を下げすぎる(低血糖)リスクもあります。

グリベンクラミドはSU(スルホニルウレア)薬と呼ばれるお薬です。SU薬にはインスリンを増やす作用があります。

インスリンとは膵臓にあるβ細胞から分泌されている血糖を下げるホルモンで、食事を食べて血糖が上がると血糖を下げるために分泌されます。SU薬はβ細胞に直接作用することでインスリンをβ細胞から絞り出すお薬になります。

SU薬を投与すると、膵臓β細胞が頑張ってインスリンを出すようになるため、血糖がしっかり下がります。

通常、インスリンは血糖が上昇するとそれをβ細胞が検知して分泌されるため食後に多く分泌され、空腹時にはあまり分泌されていません。しかしSU薬は血糖の多さに関わらずβ細胞を刺激してインスリンを分泌させます。そのため食前・食後に関わらず全体的に血糖を下げてくれるお薬になります。これは空腹時にも高血糖であるような糖尿病の方には良い作用なのですが、空腹時の低めの血糖をも更に下げてしまうリスクにもなります。

SU薬はこのような作用を持つため、血糖を下げる力だけを見れば非常に優れたお薬となります。しかし一方でお薬の力で無理矢理インスリンを絞り出すお薬となるため、時に血糖を下げすぎてしまい、低血糖になるリスクもあるお薬なのです。

グリベンクラミドはSU薬の中でも血糖を下げる作用は最強クラスであり、低血糖には特に注意すべきお薬になります。

近年では低血糖を起こしにくい糖尿病治療薬が多く発売されているため、SU薬が最初から使用されることはほとんどありません。SU薬は「効果は強力だけど、低血糖にもなりやすい」お薬であるため、他の糖尿病治療薬で治療が不十分な方に慎重に用いるお薬になります。

またSU薬には「二次無効」という現象が生じることがあり、これもこのお薬のデメリットとなります。二次無効とは簡単に言えば、SU薬を続けていると次第に効きが悪くなっていく現象です。

これはSU薬がインスリンを無理矢理絞り出していることが原因だと考えられています。インスリンを出す力が弱まっている膵臓β細胞から無理矢理インスリンを出させるのがSU薬です。これを長く続けていると次第にβ細胞が疲弊してしまい、いよいよどんなに絞り出そうとしてもインスリンを出せなくなってしまうのです。これが二次無効が生じる理由です。

この二次無効が生じることからも、SU薬は「最後の手」とすべきお薬であり、最初から安易に使い続けていいものではないことが分かります。

以上からグリベンクラミド錠の特徴として次のようなことが挙げられます。

【グリベンクラミド錠の特徴】

・SU(スルホニルウレア)薬に属するお薬である
・インスリンの分泌量を増やすことで血糖を下げる
・血糖を下げる効果は非常に強力だが、低血糖に注意
・使い続けていると次第に効きが悪くなっていく(二次無効)
・低血糖のリスクのため、現在では最初から用いられることは少ない
・ジェネリック医薬品であり薬価が安い

2.グリベンクラミド錠はどんな疾患に用いるのか

グリベンクラミド錠はどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

インスリン非依存型糖尿病

ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る

グリベンクラミド錠は血糖を下げる作用を持つお薬ですから、糖尿病に使われます。

「インスリン非依存型糖尿病」と難しい名前が記載されていますが、これは要するに「2型糖尿病」のことだと考えて下さい。

糖尿病には1型と2型があります。

1型は遺伝性の疾患で、膵臓に存在するβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する細胞が破壊されてしまっている疾患です。β細胞が破壊されてしまっていればインスリンが分泌できないため、血糖は高くなってしまいます。

2型は一般的な糖尿病で、糖分を摂取しすぎたり肥満などによってインスリンの効きが悪くことで生じてしまうものです。

グリベンクラミドは2型糖尿病に対して用いられます。そして2型糖尿病ではまずはお薬を使う前に食事療法(規則正しくバランスの良い食事を指導する)や運動療法(適度な運動を指導する)が行われます。

これら食事療法や運動療法を行っても改善が得られない時、グリベンクラミドのようなお薬が検討されます。

スポンサーリンク

3.グリベンクラミドにはどのような作用があるのか

グリベンクラミドはインスリンを分泌する膵臓のβ細胞に直接作用することで、β細胞からインスリンを絞り出すお薬です。

ここではグリベンクラミドの詳しい作用について紹介します。

Ⅰ.インスリンの分泌を増やす

グリベンクラミドは膵臓β細胞が分泌するインスリンの量を増やす作用があります。

これはβ細胞からインスリンを「絞り出す」ようなイメージです。

どのような機序によってグリベンクラミドはβ細胞からインスリンを分泌させているのでしょうか。

本来インスリンは血糖(グルコース)の濃度が高くなると、血糖を下げるために分泌されます。

これは膵臓β細胞の細胞膜にGLUT2という糖の輸送体があり、ここから糖分がβ細胞内に取り込まれます。そして細胞内において糖分からATPというエネルギー源が作られます。

β細胞内のATPが増えると、同じくβ細胞膜にあるATP感受性カリウムチャネルが閉じます。すると細胞膜が脱分極し細胞内にカルシウムイオンが流入し、その刺激でインスリンが分泌されるのです。

分泌されたインスリンは血液中の糖分を諸臓器(脳、心臓や筋肉など)に取り込ませることで血糖を下げます。糖はエネルギー源となるため、諸臓器はインスリンによって取り込まれた糖によって活動ができるようになります。

SU薬は、β細胞膜にあるSU受容体という部位に結合します。SU受容体はATP感受性カリウムチャネルを閉じるはたらきがあります。すると脱分極が生じ、β細胞からインスリンが放出されるのです。

Ⅱ.脂質を低下させる(動物実験)

グリベンクラミド(正確には先発品のオイグルコン・ダオニールにおいて)は動物実験において中性脂肪を減らす作用が報告されています。

人間においても同様の作用があるかはしっかりは確認されていないものの、可能性はあります。

高脂血症の治療のためにグリベンクラミドを投与するということは臨床ではまずありませんが、このような作用も報告はされています。

4.グリベンクラミドの副作用

グリベンクラミドは副作用に注意が必要なお薬です。強力に血糖を下げるため「低血糖」を起こす危険があるからです。

グリベンクラミドはジェネリック医薬品であるため副作用発生率の詳しい調査は行われていません。しかし先発品の「オイグルコン」「ダオニール」においては副作用発生率は4.3%前後と報告されており、グリベンクラミドも同程度だと思われます。

中でも注意すべきは前述のとおり、

  • 低血糖

になります。グリベンクラミドが低血糖を起こす頻度は他のSU薬よりも多い印象があります。

その他に生じる副作用には、

  • 体重増加
  • 発疹
  • 掻痒(かゆみ)
  • 倦怠感
  • 心窩部痛
  • めまい
  • 下痢
  • 吐き気

などが報告されています。症状がひどい場合は減量あるいは中止となりますが、症状が軽度であればそのまま様子をみることもあります。

また、検査値の異常として

  • 肝臓系酵素の上昇(AST、ALTなど)
  • 白血球減少

などが報告されています。グリベンクラミド服用中は定期的に血液検査を行うことが望ましいでしょう。

稀ですが重大な副作用として、

  • 溶血性貧血
  • 無顆粒球症
  • 肝炎、肝機能障害、黄疸

などが報告されています。

グリベンクラミドは投与してはいけない方がいます。下記に該当する方はグリベンクラミドを服用できませんので、該当しないかどうか注意しましょう。

  • 重篤な肝機能障害のある患者さん
  • 重篤な腎機能障害のある患者さん
  • 下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者さん
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方
  • トラクリア(一般名ボセンタン)を投与している方

また下記に該当する方は、グリベンクラミドで治療するのではなくよりインスリン製剤による厳格な治療が必要になり、同様にグリベンクラミドを使用することは出来ません。

  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者さん
  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1 型糖尿病の患者さん

このようにグリベンクラミドは副作用には注意が必要なお薬になります。

スポンサーリンク

5.グリベンクラミドの用法・用量と剤形

グリベンクラミドは、

グリベンクラミド錠 1.25mg
グリベンクラミド錠 2.5mg

の2剤があります。

グリベンクラミドの使い方は、

通常、1日量として1.25mg~2.5mgを経口投与し、必要に応じ適宜増量して維持量を決定する。ただし、1日最高投与量は10mgとする。投与方法は、原則として1回投与の場合は朝食前又は後、2回投与の場合は朝夕それぞれ食前又は後に経口投与する。

となっています。

作用時間としては12~24時間程度と考えられており、血糖の推移をみながら1日1回投与がいいのか2回投与がいいのかを決めていきます。

6.グリベンクラミド錠が向いている人は?

以上から考えて、グリベンクラミド錠が向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

グリベンクラミド錠の特徴をおさらいすると、

・SU(スルホニルウレア)薬に属するお薬である
・インスリンの分泌量を増やすことで血糖を下げる
・血糖を下げる効果は非常に強力だが、低血糖に注意
・使い続けていると次第に効きが悪くなっていく(二次無効)
・低血糖のリスクのため、現在では最初から用いられることは少ない
・ジェネリック医薬品であり薬価が安い

というものでした。

グリベンクラミドは血糖を下げる力は非常に強力であるものの、低血糖のリスクも高いお薬になります。

またインスリンを無理矢理「絞り出す」お薬であり、漫然と長期間使い続けていると次第に膵臓β細胞が疲れてインスリンを分泌できなくなってしまいます。

血糖を下げる強力な作用は頼れるものの、このような理由から最初から使うお薬としては適していません。

他の糖尿病治療薬でどうしても治療が不十分な時、やむを得ず慎重に使うお薬になります。また低血糖のリスクがあることから安易に高用量を使うべきではなく少量から初めて慎重に少しずつ増やしていく必要のあるお薬でしょう。

糖尿病のお薬にはいくつか種類がありますが、大きく分けると3種類に分けられます。

1つ目が、血糖を下げるホルモンである「インスリン」の分泌を促すことで血糖を下げようとするお薬です。これには「スルホニル尿素(SU)薬」「速効型インスリン分泌促進薬」「DPP4阻害薬」「GLP1作動薬」などがあります。

2つ目は、インスリン自体を分泌させるのではなく、インスリンの効きを高めることで血糖を下げるお薬です。これには「ビグアナイド(BG)剤」「チアゾリジン誘導体」などがあります。インスリンの作用は血液中の糖分を筋肉や脂肪などに取り込ませることですが、同じように血液中の糖分を筋肉や脂肪に取り込ませやすくするのがこれらのお薬の主な作用になります。

最後が、糖分を吸収しにくくしたり排泄しやすくするお薬です。血糖の吸収を穏やかにする「αグルコシダーゼ阻害剤」や、尿から糖をたくさん出すようにする「SGLT2阻害薬」などがあります。

この中でSU薬であるグリベンクラミドは1つ目のインスリンの分泌を促すお薬になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい