ラクトミンの効果・効能と副作用【整腸剤】

ラクトミンは1918年から発売されている「ビオフェルミン配合散」という整腸剤のジェネリック医薬品になります。

「お薬」とは言っても化学的な物質ではなく、その主成分は「乳酸菌」という腸内細菌になります。元々体内に存在する菌を服用するわけですから、大きな副作用はありません。安全に胃腸の調子を整えてくれるお薬になります。

整腸剤にもいくつかの種類があります。その中でラクトミンはどんな特徴のある整腸剤で、どんな患者さんに向いているのでしょうか。ラクトミンの効果や副作用についてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.ラクトミンの特徴

まずはラクトミンの特徴についてみてみましょう。

ラクトミンは、腸内細菌のバランスを整える働きがあります。具体的には栄養を適切に吸収できる環境を整えたり、有害菌の増殖を抑えたりするはたらきを持ちます。

ラクトミンは乳酸菌の一種です。

ラクトミンは腸内で増殖しやすいタイプの乳酸菌であり、腸内環境を整えてくれます。また身体に害をもたらす有害菌の増殖を抑えるはたらきがあります。

ちなみに先発品の「ビオフェルミン配合散」はラクトミンと糖化菌(ラクトミンのはたらきを助ける菌)が含まれており、含有成分が多少異なります。

ラクトミンは、なんらかの原因(腸炎や下痢など)で腸内細菌のバランスが崩れてしまった時、乳酸菌を補う事で腸内細菌のバランスを整え、胃腸症状を改善させます。

胃腸の調子が悪い場合というと、下痢や便秘、腹痛などが挙げられますが、整腸剤は腸内のバランスを整えることでどちらの状態に対しても幅広く効果を発揮します。よく「整腸剤は下痢と便秘のどちらに効くのですか?」と患者さんから質問を頂きますが、腸内細菌のバランスの乱れが原因なのであればどちらにも効くのが整腸剤です。

乳酸菌というのは、一般食品にも含まれている自然な菌になります。乳酸菌が含まれている食品としてはヨーグルトが有名です。

このようにラクトミンは医薬品ではありますが、化学的な物質ではなく乳酸菌が主成分であるため、大きな副作用が生じることはまずありません。

以上から、ラクトミンの特徴として次のようなことが挙げられます。

【ラクトミンの特徴】
・乳酸菌の一種であるラクトミンを含有し、整腸効果を発揮する
・大きな副作用がない

2.ラクトミンはどんな疾患に用いるのか

ラクトミンはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

【効能又は効果】

腸内菌叢の異常による諸症状の改善

ラクトミンは整腸剤であり、腸内細菌の1つである「乳酸菌(ラクトミン)」を補うはたらきがあります。乳酸菌はいわゆる「善玉菌」であり、腸内環境を適正に整えてくれます。

そのため、ラクトミンは腸内細菌のバランス異常で生じる症状に対して効果を発揮します。この添付文書の記載だと、具体的にどんな時に使うお薬なのかが分かりにくいのですが、具体的には、

  • 腸内細菌の異常で生じた下痢
  • 腸内細菌の異常で生じた便秘
  • 腸内細菌の異常で生じた腹痛

などに用います。

スポンサーリンク

3.ラクトミンにはどのような効果があるのか

ラクトミンは、どのような機序で整腸作用をもたらしているのでしょうか。

ラクトミンは、乳酸菌の一種です。「乳酸菌」という名前を聞いたことがあるという方も多いでしょう。

ラクトミンは元々人間を含む動物の腸内にいる生菌で、乳酸菌の1種になります。腸内に住んでいる菌を腸内細菌と呼びますが、ラクトミンも腸内細菌であり腸内の環境を保つためにはたらいてくれています。

乳酸菌の主なはたらきは、小腸下部・大腸において腸内にやってきた糖を分解することです。糖を分解することによって酸(乳酸・酢酸)が作られますが、これにより腸内のpHが適正に整えられ、有害菌の発育を抑えるはたらきがあります。

また酢酸には殺菌作用があるため、これが腸内の悪い菌(悪玉菌)をやっつけてくれるという効果も期待できます。

4.ラクトミンの副作用

ラクトミンにはどのような副作用があるのでしょうか。

ラクトミンの主成分は私達が毎日食べる食品に普通に存在するような菌です。

つまりラクトミンの服薬は、普通に食べ物を食べるのと同じ程度の危険性だという事です。そのためラクトミンを服薬することによる副作用はほとんどないと考えられます。

ラクトミンはジェネリック医薬品であるため副作用に対しての詳しい調査は行われていません。しかし安全性は極めて高いと考えてよいでしょう。

実際、先発品の「ビオフェルミン配合散」の添付文書には、

本剤は安全性が高く、常用量をこえて長期投与しても副作用があらわれることは少ないと考えられる。

と記載されており、安全性は極めて高い事が分かります。

生じうる副作用としては、

・腹部膨満

などであり、重篤な副作用が生じることはまずありません。

スポンサーリンク

5.ラクトミンの用法・用量と剤形

ラクトミンは、

ラクトミン末
ラクトミン散

といった粉の剤形があります。

ラクトミン1g中にはおおよそ1億~10億個の菌が含まれています。

またラクトミンの用法・用量は次のようになります。

通常、成人は1日3~9gを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

ラクトミンの主成分である乳酸菌は、胃酸によって殺されてしまうことがあります。これでは服用する意味がありません。そのため、ラクトミンはできる限り食後に服薬することが推奨されます。

食後だと、胃内に食事が残っているため胃内の酸性度が弱まり、乳酸菌が死滅しにくくなるためです。

6.ラクトミンの作用時間

一般的な医薬品を服薬する場合、「どれくらいで効果が発揮されるのか」「どれくらい効果が持続するのか」ということは重要な情報となりますが、ラクトミンは、その主成分が食品などにも含まれていることの多い乳酸菌であり、効果発現時間や作用時間を気にすることはあまりありません。

ヨーグルトを食べたとき、「どのくらいの時間が経てば整腸作用が発揮されるのだろう」と気にする方はほとんどいないでしょう。

そのため、作用時間や半減期などの詳しい試験はあまり行われていないようです。

臨床的な感覚としては、早い方だと半日後には効果は得られる方もいますが、しっかりした効果を得るには2~3日飲み続ける必要があると感じます。

7.ラクトミンが向いている人は?

以上から考えて、ラクトミンが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

ラクトミンの特徴をおさらいすると、

・乳酸菌の一種であるラクトミンを含有し、整腸効果を発揮する
・大きな副作用がない

といったものがありました。

大きな副作用なく穏やかに整腸作用を発揮してくれるラクトミンは、腸内細菌の異常によって生じている腹部症状に対しては、最初に用いるお薬として適切だと考えられます。

ただし、抗生物質とラクトミンを併用する時は注意してください。

抗生物質とラクトミンを併用してしまうと、抗生物質は菌をやっつけるのがはたらきですから、ラクトミンの主成分であるラクトミンや糖化菌もやっつけられてしまい、整腸作用を発揮できなくなってしまいます。

抗生物質と併用する場合は、ラクトミンではなく「ラックビーR」「ビオフェルミンR」などといった抗生物質に耐性を持った整腸剤を使用するようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい