ポンタールカプセル・ポンタール錠(メフェナム酸)の効果と副作用

ポンタール(一般名:メフェナム酸)は1966年から発売されているお薬で、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)と呼ばれています。

非ステロイド性消炎鎮痛剤というと難しい名称ですが、いわゆる「痛み止め」のことです。ステロイドでないお薬で、炎症を和らげ痛みを抑えるはたらきを持つものを非ステロイド性消炎鎮痛剤と呼びます。

痛み止めにはたくさんの種類があります。どれも大きな違いはありませんが、細かい特徴や作用には違いがあり、医師は痛みの程度や性状に応じて、その患者さんに一番合いそうな痛み止めを処方しています。

痛み止めの中でポンタールはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに向いているお薬なのでしょうか。ここでは、ポンタールの効能や特徴、副作用などを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.ポンタールの特徴

まずはポンタールの特徴を紹介します。

ポンタールは、消炎鎮痛作用がまずまず強く、剤型が豊富であるという特徴を持ちます。

ポンタールはNSAIDsの中でも「アントラニル系」という種類に属します。アントラニル系は、同種のNSAIDsの中で鎮痛作用はやや強めの部類に入ります。

また剤型が豊富なのも良い特徴です。痛みは老若男女あらゆる年代において生じうるものですので、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い方に向けて飲みやすいものであることが望まれます。

ポンタールはカプセル、錠剤、散剤・細粒の他、シロップもあります。

副作用としては、長期使用による胃腸障害に注意しなければいけません。これはほとんどのNSAIDsに言えることですが、NSAIDsは副作用としては胃腸を痛めてしまうことがあるのです。またNSAIDsは喘息を誘発しやすくすることが知られており、喘息の方にはできる限り用いるべきではありません。

以上からポンタールの特徴として次のような点が挙げられます。

【ポンタールの特徴】

・痛みを抑える作用はやや強め
・剤型が豊富
・副作用の胃腸障害に注意(他のNSAIDsと同様)
・喘息には使えない(他のNSAIDsと同様)

2.ポンタールはどのような疾患に用いるのか

ポンタールはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】
1.手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解
2.下記疾患の消炎、鎮痛、解熱
変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛(他剤が無効な場合)、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛
3.下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

ポンタールは、消炎鎮痛剤ですから、炎症や痛み、発熱を和らげるために使用します。

難しく病名がかかれていますが、大きな認識としては「痛みや腫れ・熱などが出現する疾患に対して、その症状の緩和に用いる」という認識で良いでしょう。

しかしポンタールを始めとするNSAIDsは根本を治す治療ではなく、あくまでも対症療法に過ぎないことを忘れてはいけません。

対症療法とは、「症状だけを抑えている治療法」で根本を治している治療ではありません。

例えば急性上気道炎(いわゆる風邪)の発熱・痛みに対してポンタールを投与すれば、確かに熱は下がるし、痛みも軽減します。

しかしこれは原因であるウイルスをやっつけているわけではなく、あくまでも発熱や発痛を起こしにくくしているだけに過ぎません。

対症療法が悪い治療法だということはありませんが、対症療法だけで終わってしまうのは良い治療とは言えません。対症療法と言われて、根本を治すような治療も併用することが大切です。

例えば先ほどの急性上気道炎であれば、ポンタールを使用しつつも、

  • 栄養をしっかり取る
  • 十分に休養する
  • マスクで感染予防する

など、ウイルスをやっつけるための治療法も併せて行いましょう。

スポンサーリンク

3.ポンタールにはどのような作用があるのか

ポンタールは「非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)」という種類に属しますが、NSAIDsの作用は、消炎(炎症を抑える)と鎮痛(痛みを抑える)になります。

ポンタールも他のNSAIDsと同様に中枢性の鎮痛作用と末梢性の消炎作用を有しています。その作用機序について説明します。

炎症とは、

  • 発赤 (赤くなる)
  • 熱感 (熱くなる)
  • 腫脹(腫れる)
  • 疼痛(痛みを感じる)

の4つの徴候を生じる状態のことで、感染したり受傷したりすることで生じます。またアレルギーで生じることもあります。

みなさんも身体をぶつけたり、ばい菌に感染したりして、身体がこのような状態になったことがあると思います。これが炎症です。

ポンタールは、炎症の原因が何であれ、炎症そのものを抑える作用を持ちます。つまり、発赤・熱感・腫脹・疼痛を和らげてくれるという事です。

具体的にどのように作用するのかというと、ポンタールなどのNSAIDsはシクロオキシゲナーゼ(COX)という物質のはたらきをブロックするはたらきがあります。

COXは、プロスタグランジン(PG)が作られる時に必要な物質であるため、COXがブロックされるとプロスタグランジンが作られにくくなります。

プロスタグランジンは炎症や痛み、発熱を誘発する物質です。そのため、ポンタールがCOXをブロックすると炎症や痛み、発熱が生じにくくなるのです。

4.ポンタールの副作用

ポンタールにはどんな副作用があるのでしょうか。

ポンタールをはじめとしたNSAIDsには共通する副作用があります。

もっとも注意すべきなのが「胃腸系の障害」です。これはNSAIDsがプロスタグランジンの生成を抑制するために生じます。

プロスタグランジンは、実は胃粘膜を保護するはたらきを持っているため、NSAIDsによってこれが抑制されると胃腸が荒れやすくなってしまうのです。

胃痛や悪心などをはじめとして、胃炎や胃潰瘍・大腸炎などになってしまうこともあります。このため、NSAIDsは漫然と長期間使用し続けないことが推奨されています。

また、腸管のバランスを崩すことで下痢や軟便などが生じることもあります。

頻度は稀ですが重篤な副作用としては、

  • アナフィラキシーショック
  • 溶血性貧血、無顆粒球症
  • 中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)
  • 急性腎不全
  • ネフローゼ症候群
  • 間質性腎炎
  • 劇症肝炎

などが記載されています。重篤な副作用は稀ではあるものの絶対に生じないわけではありません。ポンタールの服薬がやむを得ず長期にわたっている方は、定期的に血液検査にて血球異常や肝機能・腎機能などのチェックを行う必要があります。

また、NSAIDsは喘息を誘発する危険があるため、できる限り喘息の患者さんには投与しない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

5.ポンタールの用法・用量と剤形

ポンタールは次の剤型が発売されています。

ポンタールカプセル(メフェナム酸)250mg
ポンタール錠(メフェナム酸)250mg
ポンタール散(メフェナム酸)50%
ポンタール細粒(メフェナム酸)98.5%
ポンタールシロップ(メフェナム酸)3.25%

非常に剤型が多く、計5剤型が販売されています。

ポンタールの使い方は適応疾患によって異なります。

1.手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解
2.下記疾患の消炎、鎮痛、解熱
変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛(他剤が無効な場合)、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛

の場合は、

通常成人1回500mg、その後6時間毎に1回250mgを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

となっています。また、

3.下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

の場合は、

通常成人には、1回500mgを頓用する(幼小児に投与する場合には、1回6.5mg/kgを標準用量として頓用する)。なお年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とすること。

とされています。

また、いずれの場合も

空腹時の投与は避けさせることが 望ましい

と注意されています。これは空腹時に投与すると、胃腸へのダメージが更に生じやすくなるためです。

6.ポンタールが向いている人は?

ポンタールはどのような方に向いているお薬なのでしょうか。

ポンタールの特徴をおさらいすると、

・痛みを抑える作用はやや強め
・剤型が豊富
・副作用の胃腸障害に注意(他のNSAIDsと同様)
・喘息には使えない(他のNSAIDsと同様)

といった特徴がありました。

基本的にNSAIDsは、どれも大きな差はないため、処方する医師が使い慣れているものを処方されることも多々あります。

ポンタールは剤型が豊富であるため、

「粉薬がいい」
「シロップがいい」

といった希望がある方には向いているお薬かもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい