フリバス錠・OD錠の効果と特徴

フリバス錠(一般名:ナフトピジル)は1999年に発売された前立腺肥大症の排尿障害治療薬です。2006年にはOD錠(口腔内崩壊錠)も発売されました。

フリバスは尿道を広げることで、排尿障害(尿が出にくい症状)を改善します。特に前立腺の肥大によって尿道が圧迫されている「前立腺肥大症」に伴う排尿障害に用いられるお薬です。

排尿障害治療薬のお薬にもいくつか種類がありますが、その作用や特徴はそれぞれ多少の違いがあります。フリバスはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに向いているお薬なのでしょうか。ここではフリバスの効能や特徴を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.フリバス錠・フリバスOD錠の特徴

まずはフリバスの特徴をざっくりと紹介します。

フリバスの特徴として、排尿障害(尿が出ない)の改善に加えて、蓄尿障害(頻尿)に対しての効果も期待できることが挙げられます。

フリバスをはじめとする排尿障害治療薬は、主に前立腺肥大症に伴う排尿障害に用いられます。

前立腺肥大症は、前立腺が大きくなってしまう疾患です。前立腺は膀胱の下部にあり、尿道を囲むように位置しています。そのため、前立腺が肥大してしまうと尿道が圧迫され、尿が出にくくなってしまうのです。

フリバスは前立腺と尿道の筋肉を緩めることで尿道を広げるはたらきがあります。これにより尿を出やすくさせることができます。また、フリバスの特徴として膀胱に存在するα1D受容体に作用することで、膀胱に尿を溜めやすくするはたらきがあり頻尿などの蓄尿障害を伴う場合などに効果的なお薬になります。

前立腺肥大症は高齢男性に非常に多い疾患ですが、フリバスはOD錠(口腔内崩壊錠)もあるため、飲み込む力(嚥下能)が弱くなった高齢者でも安心して服用することができる点もメリットになります。

作用時間も長く、1日1回の服用で十分な効果が得られるのも利点です。

以上からフリバスの特徴として次のような点が挙げられます。

【フリバスの特徴】

・排尿障害の改善に加え、蓄尿障害の改善にも効果がある
・1日1回の服用で良い
・OD錠もあるため、嚥下能の低下した高齢者でも使いやすい

2.フリバス・フリバスOD錠はどんな疾患に用いるのか

フリバスはどのような疾患に用いられるのでしょうか。フリバスの添付文書には、次のように記載されています(2015年7月現在)。

【効能又は効果】

前立腺肥大症に伴う排尿障害

前立腺肥大症とは、その名の通り前立腺が肥大する疾患です。前立腺は前立腺液を作る臓器で、これは精子の一部となる液です。男性にしかない臓器であるため、前立腺肥大症は男性特有の疾患になります。

なぜ前立腺が肥大するのかははっきりとは分かっていませんが、加齢や高血圧、高脂血症、遺伝などが関係すると言われています。特に加齢の影響は大きく、高齢者では高い確率で前立腺肥大症が認められます。

前立腺は膀胱の下部にある尿道を囲むようにして存在しています。そのため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫され尿が出にくくなってしまいます。

フリバスは前立腺肥大症によって排尿障害(尿が出にくくなる状態)に対して効果があるお薬だという事です。

スポンサーリンク

3.フリバス錠・フリバスOD錠にはどのような作用があるのか

フリバスは主に前立腺肥大症に伴う排尿障害(尿が出にくい症状)に対して用いられます。尿道を広げることで尿を出しやすくします。

フリバスは前立腺・尿道の平滑筋という筋肉に存在するα(アドレナリン)1受容体をブロックする作用を持ちます。α1受容体がブロックされると、前立腺・尿道の平滑筋は弛緩(緩む)する事が知られており、これがフリバスの主な作用機序になります。

α1受容体の中でも前立腺・尿道のα1A受容体がブロックされると尿道が広がり、尿の出にくさ、頻尿、残尿感などの前立腺肥大症に伴う症状の改善が得られます。

また、フリバスはα1D受容体をブロックするはたらきも持っています。α1D受容体は膀胱に存在し、これがブロックされると蓄尿(おしっこを溜めるはたらき)の改善が得られます。そのためフリバスは蓄尿障害を伴う前立腺肥大症にも良い適応となります。

α1受容体は、前立腺・尿道以外の平滑筋にも存在しています。例えば血管の平滑筋にも存在しており、ここにも作用してしまうと血管が拡張してしまい血圧が下がってしまいます。

フリバスは前立腺・尿道の平滑筋に選択的に作用するように作られており、血管などその他の部位の平滑筋にはあまり作用しません。そのため、時には血圧低下などの副作用が起こりますが、その頻度は多くはありません。

4.フリバス錠・フリバスOD錠の副作用

フリバスにはどんな副作用があるのでしょうか。

フリバスをはじめとしたα1受容体遮断薬は、安全性は高く、副作用の頻度は全体的に少なめです。

先ほど説明した通り、フリバスはα(アドレナリン)1受容体をブロックするお薬です。前立腺・尿道の平滑筋に存在するα1受容体に選択的に作用するように作られてはいますが、時に他の部位に存在するα1受容体に作用してしまう事があります。

血管平滑筋に存在するα1受容体に作用してしまうと血管が拡張し、血圧低下、めまい、ふらつきなどが生じることがあります。ひどい場合だと稀に失神や意識障害などが生じることもあります。

また胃部不快感などの消化器症状の報告もあります。

フリバスは主に肝臓で代謝されます。そのため、肝障害が生じることがあり、それに伴い血液検査で肝臓系酵素の上昇が認められることがあります。AST、ALTなどの肝臓系酵素の上昇が生じることもあることが報告されており、肝機能障害に伴う黄疸が出ることも報告されています。

特に肝障害が元々ある方は特に注意しなければいけませんので、事前に主治医に自分の病気についてしっかりと伝えておきましょう。

スポンサーリンク

5.フリバス錠・フリバスOD錠の用法・用量と剤形

フリバスは次の剤型が発売されています。

フリバス錠(ナフトピジル) 25mg
フリバス錠(ナフトピジル) 50mg
フリバス錠(ナフトピジル) 75mg

フリバスOD錠(ナフトピジル) 25mg
フリバスOD錠(ナフトピジル) 50mg
フリバスOD錠(ナフトピジル) 75mg

の計6剤型が発売されています。

フリバスの使い方は、

通常成人には1回1回25mgより投与を始め、効果が不十分な場合に1~2週間の間隔をおいて50~75mgに漸増し、1日1回食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は75mgまでとする。

と書かれています。

フリバスは半減期が約10~20時間ほどのお薬です。半減期とは、お薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、そのお薬の作用時間の一つの目安になる数値です。半減期には幅がありますが、おおよそ1日持つと考えられており1日1回の服用とされています。

またフリバスは食事の影響をほとんど受けないと報告されています。添付文書上は食後の服用となっていますが、空腹時(例えば寝る前など)に服薬しても、同様の効果が得られるという事になります。

6.フリバスが向いている人は?

以上から考えて、フリバスが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

フリバスの特徴をおさらいすると、

・排尿障害の改善に加え、蓄尿障害の改善にも効果がある
・1日1回の服用で良い
・OD錠もあるため、嚥下能の低下した高齢者でも使いやすい

などがありました。

ここから、

・排尿障害だけでなく、蓄尿障害も認める方
・OD錠(口腔内崩壊錠)が良いという方
・1日に何回も服薬したくない方

などにとっては向いているお薬でしょう。

7.フリバス錠・フリバスOD錠の薬価

フリバスの薬価はどれくらいなのでしょうか。

薬価は2年に1回改訂されますが、2015年5月の薬価基準収載では次のように薬価が設定されています。

フリバス錠(ナフトピジル) 25mg  49.1円
フリバス錠(ナフトピジル) 50mg  99.2円
フリバス錠(ナフトピジル) 75mg  146.7円

フリバスOD錠(ナフトピジル) 25mg  49.1円
フリバスOD錠(ナフトピジル) 50mg  99.2円
フリバスOD錠(ナフトピジル) 75mg  146.7円
(2015年7月現在)

なお薬価の改訂は定期的に行われているため、フリバスの薬価も今後、変更される可能性がありますことをご了承下さい。最新の薬価は、厚生労働省のサイトや製薬会社のサイトにてご確認下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい