ナテグリニド錠の効果と副作用

ナテグリニド錠は1999年から発売されている「スターシス」「ファスティック」という糖尿病の治療薬のジェネリック医薬品になります。糖尿病の治療薬の中でも「グリニド系(速効性インスリン分泌促進薬)」という種類に属します。

ナテグリニドは、インスリンの分泌量を増やすことで血糖値を下げるお薬になります。SU薬(スルホニルウレア薬)と同じ作用機序を持ちますが、SU薬と違い短時間しか作用しないという特徴があり、両者は糖尿病の状態によって使い分けられます。

糖尿病治療薬にもたくさんの種類のお薬があります。これらの中でナテグリニドはどのような位置付けになるのでしょうか。

ナテグリニドの効果や特徴、どのような方に向いているお薬なのかについてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.ナテグリニドの特徴

まずはナテグリニド錠の特徴について、かんたんに紹介します。

ナテグリニドは主に食後のインスリンの分泌量を増やすことで、食後の血糖を下げるお薬になります。短時間のみ作用するため、食後の血糖はしっかりと下げつつ空腹時の血糖はあまり下げません。そのため血糖を下げすぎる(低血糖)リスクが低くなっています。

ナテグリニドはグリニド系と呼ばれるお薬です。グリニド系は短時間のみインスリンを増やす作用があります。食直前に服用すると食後のインスリン量を増やせるため、食後の高血糖を改善させる作用に優れます。

インスリンとは膵臓にあるβ細胞から分泌されている血糖を下げるホルモンで、食事によって上がった血糖値を下げるために分泌されます。グリニド系はβ細胞に直接作用することでインスリンをβ細胞から絞り出すお薬になります。

グリニド系は作用機序としてはSU薬(スルホニルウレア薬)と同じになります。SU薬は一日を通して全体的にインスリン量を増やすのに対し、グリニド系は食後の短時間しかインスリン量を増やしません。そのため食後の血糖のみを下げ、空腹時の血糖にはあまり影響しないという特徴があります。

これは低血糖を起こさないというメリットにもなりますが、一方で空腹時にも高血糖を認める糖尿病患者さんには効果が不十分になってしまうということでもあります。

通常の糖尿病の経過は、初期は食後のみ血糖が高くなり、進行してくると空腹時も血糖が高くなってきます。ここから考えるとグリニド系は、SU薬よりも初期に用いるお薬になります。

グリニド系は食直前に服用するお薬で、これによって食後にちょうど効くようになっています。間違えて食事の大分前や食後しばらく経ってから服用してしまうと低血糖のリスクが高くなるため注意が必要です。

またナテグリニドはグリニド系の中で唯一、透析中の方への投与は禁忌となっていますので、透析中の方・重度の腎機能障害がある方は使わないように気を付けましょう。

またナテグリニドはジェネリック医薬品ですので薬価が安いというのもメリットです。

以上からナテグリニド錠の特徴として次のようなことが挙げられます。

【ナテグリニド錠の特徴】

・グリニド系(速効型インスリン分泌改善薬)薬に属するお薬である
・インスリンの分泌量を増やすことで血糖を下げる
・短時間のみ作用し、主に食後の高血糖を改善させる
・主に食後にのみ効くため低血糖が生じにくい
・グリニド系の中では唯一、透析患者さんには禁忌
・ジェネリック医薬品であり薬価が安い

2.ナテグリニド錠はどんな疾患に用いるのか

ナテグリニド錠はどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

2型糖尿病における食後血糖推移の改善

ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
1.食事療法・運動療法のみ
2.食事療法・運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用
3.食事療法・運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用
4.食事療法・運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用

ナテグリニド錠は血糖を下げる作用を持つお薬ですから、糖尿病に使われます。

ナテグリニドは即効性があり、短時間の作用にとどまるという特徴を持ちます。一日を通して全体的に血糖値を下げるわけではなく、食後の血糖値を中心に下げるお薬です。

このことから、特に食後の高血糖に対して効果的なお薬だと言えます。

糖尿病には1型と2型があります。

1型は遺伝性の疾患で、膵臓に存在するβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する細胞が破壊されてしまっている疾患です。β細胞が破壊されてしまっていればインスリンが分泌できないため、血糖は高くなってしまいます。

2型は一般的な糖尿病で、糖分を摂取しすぎたり肥満などによってインスリンの効きが悪くことで生じてしまうものです。

ナテグリニドは2型糖尿病に対して用いられます。そして2型糖尿病ではまずはお薬を使う前に食事療法(規則正しくバランスの良い食事を指導する)や運動療法(適度な運動を指導する)が行われます。

これら食事療法や運動療法を行っても改善が得られない時、あるいは上記のような他の糖尿病治療薬を用いても改善が不十分であるとき、ナテグリニドのようなお薬が検討されます。

スポンサーリンク

3.ナテグリニドにはどのような作用があるのか

ナテグリニドはインスリンを分泌する膵臓のβ細胞に直接作用することで、β細胞からインスリンを絞り出すお薬です。

ここではナテグリニドの詳しい作用について紹介します。

Ⅰ.インスリンの分泌を増やす

ナテグリニドは膵臓β細胞が分泌するインスリンの量を増やす作用があります。

どのような機序によってナテグリニドはβ細胞からインスリンを分泌させているのでしょうか。

これはβ細胞からインスリンを「絞り出す」ようなイメージです。

本来インスリンは血糖(グルコース)の濃度が高くなると、血糖を下げるために分泌されます。まずはその機序を説明いたします。

膵臓β細胞の細胞の表面(細胞膜)にはGLUT2という糖の輸送体があります。血液中の血糖が増えると、ここから糖分がβ細胞内に取り込まれます。そして細胞内において糖分からATPというエネルギー源が作られます。

β細胞内のATPが増えると、同じくβ細胞の表面にあるATP感受性カリウムチャネルが閉じます。すると細胞膜が脱分極し細胞内にカルシウムイオンが流入し、その刺激でインスリンが分泌されるのです。

ちょっと難しいですが、要するに「血糖が高くなるとβ細胞がそれを感知してインスリンを分泌する」ということです。

これを踏まえた上で、ナテグリニドがどのようにインスリンの分泌を増やすかを見ていきます。

ナテグリニドをはじめとしたグリニド系は、β細胞膜にあるSU受容体という部位に結合します(これはSU薬が作用する部位と全く同じになります)。SU受容体はATP感受性カリウムチャネルを閉じるはたらきがあります。すると血糖が高くなった時と同じように脱分極が生じ、β細胞からインスリンが放出されるのです。

ナテグリニドはSU薬と比べると、即効性に優れ、またその作用は短時間にとどまります(反対にSU薬は一日中作用するようなお薬です)。

食直前に服用することで、約15~20分後にインスリンの分泌量が増えだします。それは食後の血糖が上昇しだすタイミングを重なるため、ナテグリニドは食後高血糖を集中的に改善させることが出来るのです。

4.ナテグリニドの副作用

ナテグリニドにはどのような副作用があるのでしょうか。ナテグリニドはジェネリック医薬品であるため副作用発生率の詳しい調査は行われていません。しかし先発品の「スターシス」「ファスティック」においては副作用発生率は7.0~17.8%前後と報告されており、ナテグリニドも同程度だと思われます。

生じる副作用には、

  • 体重増加
  • めまい
  • 浮腫
  • 倦怠感
  • 胃腸症状(吐き気、便秘、腹部膨満、腹痛、下痢など)
  • 発疹、
  • 掻痒(かゆみ)
  • 頭痛

などが報告されています。症状がひどい場合は減量あるいは中止となりますが、症状が軽度であればそのまま様子をみることもあります。

また検査値の異常として

  • 肝臓系酵素の上昇(AST、ALT、ɤGTPなど)
  • 白血球減少
  • 貧血
  • 血小板減少
  • カリウム上昇
  • 腎機能障害(BUN、Crの上昇など)

などが報告されています。ナテグリニド服用中は定期的に血液検査を行うことが望ましいでしょう。

稀ですが重大な副作用として、

  • 低血糖
  • 肝機能障害、黄疸
  • 心筋梗塞、突然死(他国で)

などが報告されています。

ナテグリニドは投与してはいけない方がいます。下記に該当する方はナテグリニドを服用できませんので、該当しないかどうか注意しましょう。

  • 透析を必要とするような重篤な腎機能障害のある患者さん
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方

また下記に該当する方は、ナテグリニドで治療するのではなくよりインスリン製剤による厳格な治療が必要になり、同様にナテグリニドを使用することは出来ません。

  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者さん
  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1 型糖尿病の患者さん

スポンサーリンク

5.ナテグリニドの用法・用量と剤形

ナテグリニドは、

ナテグリニド錠 30mg
ナテグリニド錠 90mg

の2剤があります。

ナテグリニドの使い方は、

通常、成人には1回90mgを1日3回毎食直前に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を120mgまで増量することができる。

となっています。

ナテグリニドをはじめとしたグリニド系は食直前に服用しなければいけません。これはなぜかというと食後の血糖上昇を抑えたいためです。

具体的には毎食前10分以内に服用することが推奨されています。

食後に服薬してしまうと、食事によってナテグリニドの吸収が遅れてしまって食後の血糖上昇に間に合わなくなってしまいます。

反対に空腹時(例えば食前30分前)などに投与してしまうのも危険です。食事によって血糖が上がる前に効き始めてしまうため、低血糖が生じやすくなります。

ナテグリニドが血糖を下げる力はどれくらいかというと、個人差はありますが血糖の平均値であるHba1cをおおよそ0.7前後下げることが出来ます(90mg/日の服用を一定期間続けた場合)。

SU薬と同じ部位に作用するグリニド系ですが、短時間しか作用しないためSU薬ほど強くは血糖値を改善させません。

6.ナテグリニド錠が向いている人は?

以上から考えて、ナテグリニド錠が向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

ナテグリニド錠の特徴をおさらいすると、

・グリニド系(速効型インスリン分泌改善薬)薬に属するお薬である
・インスリンの分泌量を増やすことで血糖を下げる
・短時間のみ作用し、主に食後の高血糖を改善させる
・主に食後にのみ効くため低血糖が生じにくい
・グリニド系の中では唯一、透析患者さんには禁忌

というものでした。

ナテグリニドは食直前に服用することで、主に食後の高血糖を下げる作用に優れます。

そのため、糖尿病の中でも食後高血糖があって空腹時血糖はそこまで悪くないという方に向いているお薬になります。

お薬は食後に飲むものが多いのですが、ナテグリニドは食直前に服用しないといけないため、やや手間に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし間違えて食直前以外に服用してしまうと、効きが悪くなるばかりか低血糖のリスクも上がってしまいます。ここから食直前にしっかりと服薬できる方というのも服用が推奨される条件になるでしょう。

またナテグリニドはグリニド系の中では唯一、透析患者さんや重度の腎機能障害の患者さんには禁忌になっていますので、該当する方は別のグリニド系を選んだ方が良いでしょう。

ちなみにナテグリニドが属する「グリニド系」は、同じく糖尿病治療薬であるSU薬との併用は推奨されていません。なぜならば両者は同じ作用点に作用するからです。

糖尿病のお薬にはいくつか種類がありますが、大きく分けると3種類に分けられます。

1つ目が、血糖を下げるホルモンである「インスリン」の分泌を促すことで血糖を下げようとするお薬です。これには「スルホニル尿素(SU)薬」「グリニド系(速効型インスリン分泌促進薬)」「DPP4阻害薬」「GLP1作動薬」などがあります。

2つ目は、インスリン自体を分泌させるのではなく、インスリンの効きを高めることで血糖を下げるお薬です。これには「ビグアナイド(BG)剤」「チアゾリジン誘導体」などがあります。インスリンの作用は血液中の糖分を筋肉や脂肪などに取り込ませることですが、同じように血液中の糖分を筋肉や脂肪に取り込ませやすくするのがこれらのお薬の主な作用になります。

最後が、糖分を吸収しにくくしたり排泄しやすくするお薬です。血糖の吸収を穏やかにする「αグルコシダーゼ阻害剤」や、尿から糖をたくさん出すようにする「SGLT2阻害薬」などがあります。

この中で速効型インスリン分泌促進薬であるナテグリニドは1つ目のインスリンの分泌を促すお薬になります。

7.先発品と後発品は本当に効果は同じなのか?

ナテグリニドは「スターシス」「ファスティック」というお薬のジェネリック医薬品になります。

ジェネリックは薬価も安く、剤型も工夫されているものが多く患者さんにとってメリットが多いように見えます。

しかし「安いという事は品質に問題があるのではないか」「やはり正規品の方が安心なのではないか」とジェネリックへの切り替えを心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

同じ商品で価格が高いものと安いものがあると、つい私たちは「安い方には何か問題があるのではないか」と考えてしまうものです。

ジェネリックは、先発品と比べて本当に遜色はないのでしょうか。

結論から言ってしまうと、先発品とジェネリックはほぼ同じ効果・効能だと考えて問題ありません。

ジェネリックを発売するに当たっては「これは先発品と同じような効果があるお薬です」という根拠を証明した試験を行わないといけません(生物学的同等性試験)。

発売したいジェネリック医薬品の詳細説明や試験結果を厚生労働省に提出し、許可をもらわないと発売はできないのです、

ここから考えると、先発品とジェネリックはおおよそ同じような作用を持つと考えられます。明らかに効果に差があれば、厚生労働省が許可を出すはずがないからです。

しかし先発品とジェネリックは多少の違いもあります。ジェネリックを販売する製薬会社は、先発品にはないメリットを付加して患者さんに自分の会社の薬を選んでもらえるように工夫をしています。例えば飲み心地を工夫して添加物を先発品と変えることもあります。

これによって患者さんによっては多少の効果の違いを感じてしまうことはあります。この多少の違いが人によっては大きく感じられることもあるため、ジェネリックに変えてから調子が悪いという方は先発品に戻すのも1つの方法になります。

では先発品とジェネリックは同じ効果・効能なのに、なぜジェネリックの方が安くなるのでしょうか。これを「先発品より品質が悪いから」と誤解している方がいますが、これは誤りです。

先発品は、そのお薬を始めて発売するわけですから実は発売までに莫大な費用が掛かっています。有効成分を探す開発費用、そしてそこから動物実験やヒトにおける臨床試験などで効果を確認するための研究費用など、お薬を1つ作るのには実は莫大な費用がかかるのです(製薬会社さんに聞いたところ、数百億という規模のお金がかかるそうです)。

しかしジェネリックは、発売に当たって先ほども説明した「生物学的同等性試験」はしますが、有効成分を改めて探す必要もありませんし、先発品がすでにしている研究においては重複して何度も同じ試験をやる必要はありません。

先発品と後発品は研究・開発費に雲泥の差があるのです。そしてそれが薬価の差になっているのです。

つまりジェネリック医薬品の薬価は莫大な研究開発費がかかっていない分が差し引かれており先発品よりも安くなっているということで、決して品質の差が薬価の差になっているわけではありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい