オングリザ錠の効果と副作用

オングリザ錠(一般名:サキサグリプチン水和物)は2013年から発売されている糖尿病の治療薬になります。糖尿病の治療薬の中でも「DPP4阻害薬」という種類に属します。

オングリザはインスリンの分泌量を増やすことで血糖値を下げるお薬になります。しかし古い糖尿病治療薬と異なり、インスリンを過剰に分泌させない工夫がされており、これにより低血糖のリスクがほとんどない安全性に優れるお薬になります。

糖尿病治療薬にもたくさんの種類のお薬があります。これらの中でオングリザはどのような位置付けになるのでしょうか。

オングリザの効果や特徴、どのような方に向いているお薬なのかについてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.オングリザの特徴

まずはオングリザ錠の特徴について、かんたんに紹介します。

オングリザはインクレチンというホルモンの量を増やすことで、安全に血糖を下げるお薬になります。

インクレチンは血糖を下げる「インスリン」を分泌させるホルモンですが、血糖値に応じて分泌量が変わるという特徴を持っています。

血糖が高い時はインクレチンは多く分泌されるため血糖を下げますが、血糖が低い時はインクレチンは分泌されなくなり血糖は下がりません。インクレチンは血糖値を感知しながら分泌量が変化するホルモンなのです。

そしてここに作用させることで安全に血糖を下げることを可能にしたのがオングリザをはじめとしたDPP4阻害薬です。

オングリザはDPP4という酵素のはたらきを阻害します。DPP4はインクレチンを分解させる酵素なので、DPP4が阻害されるとインクレチンが分解されなくなり、インクレチンの濃度が上がります。オングリザはインクレチンの量を増やすことで安全に血糖を下げることが出来るのです。

DPP4阻害薬にもいくつかのお薬がありますが、その中でのオングリザはどのような位置づけでしょうか。

DPP4阻害薬はどれも大きな差はなく、オングリザは標準的なDPP4阻害薬になります。血糖を下げる強さも平均的な力があり、また他の多くのDPP4阻害薬と同じく1日1回の服用になります。

以上からオングリザ錠の特徴として次のようなことが挙げられます。

【オングリザ錠の特徴】

・DPP4阻害薬に属するお薬である
・インクレチンを増やすことで安全に血糖を下げる
・インクレチンに作用するため低血糖が生じにくい

2.オングリザ錠はどんな疾患に用いるのか

オングリザ錠はどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には、次のように記載されています。

【効能又は効果】

2型糖尿病

オングリザ錠は血糖を下げる作用を持つお薬ですから、糖尿病に使われます。

血糖を下げる力がしっかりしている割に低血糖などの重篤な副作用を起こしにくいため、使いやすいお薬になります。実際、糖尿病治療を行う際にまず最初に使われることも多いです。

糖尿病には1型と2型があります。

1型は遺伝性の疾患で、膵臓に存在するβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する細胞が破壊されてしまっている疾患です。β細胞が破壊されてしまっていればインスリンが分泌できないため、血糖は高くなってしまいます。

2型は一般的な糖尿病で、糖分を摂取しすぎたり肥満などによってインスリンの効きが悪くことで生じてしまうものです。

オングリザは2型糖尿病に対して用いられます。2型糖尿病ではまずはお薬を使う前に食事療法(規則正しくバランスの良い食事を指導する)や運動療法(適度な運動を指導する)が行われます。

これら食事療法や運動療法を行っても改善が得られない時、オングリザのようなお薬が検討されます。

スポンサーリンク

3.オングリザにはどのような作用があるのか

オングリザはインクレチンというホルモンを増やすことで血糖を下げて糖尿病を改善するお薬です。

ここではオングリザの詳しい作用について紹介します。

なお、Ⅱ.Ⅲ.Ⅳ.Ⅴ.の作用については、現時点では「このような作用もある可能性がある」というもので、人間において確実に効果が報告されているものではありません。

Ⅰ.インクレチンの分解を抑える

オングリザはインクレチンというホルモンに作用するお薬ですので、オングリザの作用機序を知るには、まずはインクレチンについて知らなければいけません。

インクレチンというのは、私たちの身体の中に元々あるホルモンで、GLP-1(Glucagon-Like Peptide1)やGIP(Glucose-dependent Insulinotropic Polypeptide)などがあります。

インクレチンはインスリン(血糖を下げるホルモン)を増やしたり、グルカゴン(血糖を上げるホルモン)を減らすことで血糖値を下げるはたらきを持ちます。

インクレチンは、ただ血糖を下げる指令を出すだけではありません。インクレチンのすごいところは血糖が下がりすぎないような仕組みを持っていることです。インクレチンは血糖が高い時だけ分泌され、血糖が低い時には分泌されないという仕組みを持っており、これによって血糖が高い時のみ血糖を下げ、血糖が低い時はそれ以上血糖を下げないのです。

糖尿病治療を行う際、SU薬などのお薬はインスリンそのものの分泌量を増やします。これはしっかりと血糖を下がりますが、血糖が低い時も更に下げてしまうため、低血糖が生じる可能性があります。低血糖は意識レベルが低下し、最悪の場合は命にも関わるような重篤な副作用です。

これに対してオングリザをはじめとしたDPP4阻害薬は、インスリンそのものを増やすのではなく、このインクレチンを増やします。インクレチンが増えれば必要な時だけインスリンの分泌量が増え、血糖が低い時にはそれ以上血糖を下げないという事が可能になります。

DPP4阻害薬は、DPP4という酵素のはたらきをブロックするお薬になります。DPP4はインクレチンを分解する酵素になります。そのため、DPP4を阻害するとインクレチンが分解されにくくなり、インクレチンの量が増えます。

インクレチンの量が増えれば、血糖が高い時にはよりしっかりと血糖を下げてくれつつ、血糖が低くなってしまったときには血糖を下げすぎない、という理想的な治療が可能になります。

Ⅱ.膵臓のβ細胞を保護する

オングリザをはじめとしたDPP4阻害薬は、膵臓のβ細胞を保護する作用があるのではないかと推測されています。

膵臓β細胞はインスリンという血糖を下げるホルモンを作る細胞ですので、β細胞が保護されればインスリンの分泌がスムーズに行えるようになり、血糖も上昇しにくくなります。

実際、動物実験にてDPP4阻害薬が膵臓β細胞を増殖されるという報告がされています。ヒトでも同じような効果がある可能性は十分にあり、今後の報告が待たれるところです。

糖尿病治療薬の中には、このβ細胞を傷付けてしまうものもあります。例えばβ細胞を直接刺激してインスリンを分泌させるお薬にSU薬(スルホニルウレア薬)があります。

SU薬は血糖を下げる力は強力で頼れるお薬なのですが、β細胞から無理矢理インスリンを「絞り出す」ような作用のため、長期的に見るとβ細胞が傷ついてしまいます。実際、長期間SU薬を使用していると、だんだんと効きが悪くなることが知られており、これを二次無効と呼びます。

二次無効は、SU薬によってβ細胞がダメージを受けすぎた結果生じるものです。

これに対してDPP4阻害薬は、β細胞を傷付けるのではなく、反対に保護するような作用があることが推測されています。

Ⅲ.インスリンの効きを良くする

DPP4阻害薬は、インスリンの量を増やして血糖を下げるだけでなく、インスリンの効きを良くすることでインスリンが効率よくはたらけるようにする作用もあります。

これを「インスリン抵抗性の改善」と呼びます。

インスリンは血液中の糖分を筋肉や脂肪組織などの末梢組織に取り込ませるはたらきがあります。そして末梢組織は、この取り込んだ糖分を元に生命活動などの必要な活動を行います。

DPP4阻害薬は、インスリンが末梢組織に取り込まれやすいようにしてくれるという作用があります。このような作用からもDPP4阻害薬はしっかりと血糖を下げてくれるのだと考えられています。

Ⅳ.食欲抑制作用

DPP4阻害薬はインクレチンの分解を抑えることで、インクレチンの量を増やすはたらきがあります。

インクレチンの中のGLP-1は食欲中枢にはたらきかけ、食欲を抑えるはたらきがあることが報告されています。

となると、GLP-1を増やす作用があるオングリザにもこの作用があることが推測されます。

Ⅴ.心保護作用

同じくインクレチンの中のGLP-1は、ナトリウムの排泄を促進することで血圧を下げたり、心筋(心臓の筋肉)を保護する作用があり、これにより心保護作用を持つ可能性が報告されています。

となると、GLP-1を増やす作用があるオングリザにも心保護作用があることが推測されます。

4.オングリザの副作用

オングリザにはどのような副作用があるのでしょうか。オングリザをはじめとしたDPP4阻害薬は安全性が高いお薬になります。

副作用の発生率は17.9%前後と報告されています。

生じる副作用としては、

  • 便秘
  • 発疹

などが報告されています。症状がひどい場合は減量あるいは中止となりますが、症状が軽度であればそのまま様子をみることもあります。

また検査値の異常としては、

  • 肝臓系酵素の上昇(AST、ALT、ɤGTPなど)

などが報告されています。オングリザ服用中は定期的に血液検査を行うことが望ましいでしょう。

稀ですが重大な副作用として、

  • 低血糖症
  • 急性膵炎
  • 過敏症反応
  • 腸閉塞

が報告されています。

糖尿病治療薬の中には体重増加をきたすものが少なくありませんが、オングリザをはじめとしたDPP4阻害薬は体重増加をほとんどきたしません。

ただし下記に該当する方は、オングリザで治療するのではなくよりインスリン製剤による厳格な治療が必要になり、オングリザを使用することは出来ません。

  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者さん
  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1 型糖尿病の患者さん

スポンサーリンク

5.オングリザの用法・用量と剤形

オングリザは、

オングリザ錠 2.5mg
オングリザ錠 5mg

の2剤型があります。

オングリザの使い方は、

通常、成人には5mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態に応じて2.5mgを1日1回経口投与することができる。

となっています。

オングリザは腎機能が悪い方は投与量を減らす必要があります(他のDPP4阻害薬の多くも同様です)。腎機能障害のある方は主治医に服薬量を調整してもらいましょう。

オングリザは、血糖の平均値であるHba1cをおおよそ0.6~0.8前後下げると報告されています(5mg/日の服用を一定期間続けた場合)(個人差はあります)。

6.オングリザ錠が向いている人は?

以上から考えて、オングリザ錠が向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

オングリザ錠の特徴をおさらいすると、

・DPP4阻害薬に属するお薬である
・インクレチンを増やすことで安全に血糖を下げる
・インクレチンに作用するため低血糖が生じにくい

というものでした。

オングリザをはじめとしたDPP4阻害薬は、効果がしっかりある割に安全性が高いため、使い勝手の良いお薬になります。そのため、糖尿病治療を考えたときにまず最初に用いられることの多いお薬です。

また体重増加を比較的きたしにくいことも利点でしょう。

意外なデメリットとしては薬価の高さが挙げられます。新薬というのはどうしても薬価が高くなりがちです。DPP4阻害薬も日本では2009年から発売が始まった新しいお薬であるため、他の糖尿病治療薬と比べると値段は高めなのです。

糖尿病のお薬にはいくつか種類がありますが、大きく分けると3種類に分けられます。

1つ目が、血糖を下げるホルモンである「インスリン」の分泌を促すことで血糖を下げようとするお薬です。これには「スルホニル尿素(SU)薬」「グリニド系(速効型インスリン分泌促進薬)」「DPP4阻害薬」「GLP1作動薬」などがあります。

2つ目は、インスリン自体を分泌させるのではなく、インスリンの効きを高めることで血糖を下げるお薬です。これには「ビグアナイド(BG)剤」「チアゾリジン誘導体」などがあります。インスリンの作用は血液中の糖分を筋肉や脂肪などに取り込ませることですが、同じように血液中の糖分を筋肉や脂肪に取り込ませやすくするのがこれらのお薬の主な作用になります。

最後が、糖分を吸収しにくくしたり排泄しやすくするお薬です。血糖の吸収を穏やかにする「αグルコシダーゼ阻害剤」や、尿から糖をたくさん出すようにする「SGLT2阻害薬」などがあります。

この中でDPP4阻害薬であるオングリザは1つ目のインスリンの分泌を促すお薬になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい