ノルバデックス錠の効果と特徴

ノルバデックス錠(一般名タモキシフェン)は1981年に発売された乳がんの治療薬です。

ノルバデックスは、女性ホルモンであるエストロゲンがくっつく部位である「エストロゲン受容体」をブロックすることで、エストロゲンが作用できないようにします。

抗がん剤の一種となりますが、ガンを攻撃するお薬ではなくホルモンを介してガンを縮小させるお薬であるため、一般的な抗がん剤と比べると副作用が少ないというメリットがあり、現在でも乳がんの治療に用いられることの多いお薬です。

ノルバデックスはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに向いているお薬なのでしょうか。ここではノルバデックスの効能や特徴を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.ノルバデックス錠の特徴

まずはノルバデックスの特徴を紹介します。

ノルバデックスの特徴は、エストロゲンをブロックする事で乳がんの進行を抑えるお薬だという事です。

具体的には、エストロゲンがくっつく部位であるエストロゲン受容体をブロックする事で、エストロゲンが作用をしないようにします。乳がんの中には、エストロゲン受容体を持ち、そこにエストロゲンがくっつく事でどんどん成長してしまう女性ホルモン受容体陽性の乳がんがあり、ノルバデックスは特にそのような乳がんに対して効果を発揮します。

ノルバデックスは主に乳がんの治療薬として用いられるため「抗がん剤」の一種になりますが、ホルモン剤であるため一般的な抗がん剤と比べると副作用が少なくなります。

一般的な抗がん剤というのは、がん細胞を攻撃するお薬が多いため、副作用も強力です。実際はがん細胞だけをやっつけるのは難しく、自分の細胞もやっつけてしまうからです。これを「細胞毒作用」と呼ぶこともあります。

しかしノルバデックスは女性ホルモンの作用を介してがん細胞の進行を抑えるため、一般的な抗がん剤と比べると副作用が少ないのです。

また、ホルモン剤というのはステロイド構造を持ち、ステロイド様の作用を持っているものが多いのですが、ノルバデックスはステロイド性ではない(非ステロイド性)ということも特徴の1つです。

ステロイド性のお薬はステロイドならではの副作用が出現する可能性があります。ステロイドの副作用は多岐に渡りますが、例えば感染に弱くなったり、血糖が上がったり、骨を弱くしたり、精神症状が出たりなどがあります。ノルバデックスは非ステロイド性のため、これらの副作用の頻度も少なくなっています。

以上からノルバデックスの特徴として次のような点が挙げられます。

【ノルバデックスの特徴】

・エストロゲンをブロックすることで乳がんへの効果がある
・特に女性ホルモン受容体陽性の乳がんに有効
・非ステロイド性のお薬であり、ステロイド性の副作用が少ない

2.ノルバデックス錠はどんな疾患に用いるのか

ノルバデックス錠はどのような疾患に用いられるのでしょうか。ノルバデックスの添付文書には、次のように記載されています(2015年7月現在)。

【効能又は効果】

乳癌

ノルバデックスは女性ホルモンであるエストロゲンが、乳がん細胞に存在するエストロゲン受容体にくっつくのをブロックすることで乳がんの進行を抑えます。そのため、適応疾患は「乳がん」になります。

乳がんの中でも特に女性ホルモン受容体陽性の乳がんに対して良い効果を発揮します。

スポンサーリンク

3.ノルバデックス錠にはどのような作用があるのか

ノルバデックスの主なはたらきは、抗エストロゲン作用です。

これはエストロゲンのはたらきをブロックする作用という事であり、具体的にはノルバデックスがエストロゲン受容体にくっついてしまう事で、エストロゲンがエストロゲン受容体にくっつけなくなり、このためエストロゲンが作用できなくなります。

乳がんにはエストロゲン受容体を発現しているものがあり、これを「女性ホルモン受容体陽性乳がん」と呼びます。乳がんのエストロゲン受容体にエストロゲンがくっついてしまうと、乳がんがどんどんと増大してしまう事が知られており、これをブロックすることは乳がんを縮小させる効果が期待できます。

4.ノルバデックス錠の副作用

ノルバデックスにはどんな副作用があるのでしょうか。

ノルバデックスはホルモン剤であり、主に女性ホルモンであるエストロゲンのはたらきをブロックします。

できれば、乳がんに発現しているエストロゲン受容体だけをブロックしてくれればいいのですが、自分の体内に発現しているエストロゲン受容体もブロックしてしまうため、

・無月経、月経異常など、女性生殖器系の副作用
・ほてり、のぼせ、多汗など、女性ホルモン低下による副作用

が生じることがあります。また、

・悪心・嘔吐、食欲不振など胃腸系の副作用

も時々認められます。

重大な副作用としては

・無顆粒球症、白血球減少
・貧血(赤血球減少)
・血小板減少
・視力異常、視覚障害
・血栓塞栓症
・劇症肝炎

などがあり、これらは頻度は稀になりますが、多くのホルモン剤で認められる副作用です。また、

・子宮体癌、子宮内膜症

も稀に生じることがあります。これはノルバデックスが子宮に対しては受容体を刺激する方向ではたらくためではないかと考えられています。

スポンサーリンク

5.ノルバデックス錠の用法・用量と剤形

ノルバデックスは次の剤型が発売されています。

ノルバデックス錠(タモキシフェン) 10mg
ノルバデックス錠(タモキシフェン) 20mg

の2剤型が発売されています。

また、ノルバデックスの使い方は、

通常成人には1日20mgを1~2回に分割経口投与する。なお、症状により適宜増量できるが、1日最高量はタモキシフェンとして40mgまでとする。

と書かれています。

ノルバデックスは半減期が約15~33時間と長いのお薬です。半減期とは、お薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、そのお薬の作用時間の一つの目安になる数値です。半減期が長いため、1日1回の服薬では十分効果が持続すると考えられています。

また食事の影響をほとんど受けないため、そのため、食後・空腹時問わずに服薬することが可能です。

6.ノルバデックス錠の薬価

ノルバデックスの薬価はどれくらいなのでしょうか。

薬価は2年に1回改訂されますが、2015年5月の薬価基準収載では次のように薬価が設定されています。

ノルバデックス錠(タモキシフェン) 10mg  167.7円(ジェネリック42.3~99.3円)
ノルバデックス錠(タモキシフェン) 20mg    322.4円(ジェネリック76.2~204.5円)
(2015年7月現在)

なお薬価の改訂は定期的に行われているため、ノルバデックスの薬価も今後、変更される可能性がありますことをご了承下さい。最新の薬価は、厚生労働省のサイトや製薬会社のサイトにてご確認下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい