排尿障害・前立腺肥大治療薬

排尿障害・前立腺肥大治療薬

ユリーフOD錠と普通錠のそれぞれの特徴と違い

ユリーフ(一般名:シロドシン)は前立腺肥大症の治療薬で、「普通錠」と「OD錠」の2種類の剤型があります。 どちらも含まれている主成分は同じであり、身体の中に吸収されてしまえばお薬としての効果・効能に違いはありません。しかしOD錠(口腔...
排尿障害・前立腺肥大治療薬

ユリーフ2mg・ユリーフ4mgの使い方と薬価の違い

ユリーフ(一般名:シロドシン)は2009年から発売されているお薬で、前立腺肥大症の治療薬です。 前立腺肥大症では前立腺によって尿道が圧迫されるため、尿がでにくくなりますが、ユリーフは尿道を広げる作用を持つため、前立腺肥大症で生じる排尿...
排尿障害・前立腺肥大治療薬

ユリーフのジェネリック医薬品はあるのか

ユリーフ(一般名:シロドシン)は、2009年から発売されている前立腺肥大症の治療薬です。 主に前立腺肥大症によって生じる排尿障害(尿が出にくくなる症状)を和らげるために用いられます。 ユリーフは「α遮断薬」という種類に属し、アド...
排尿障害・前立腺肥大治療薬

ユリーフで射精障害が生じる機序とその対処法

ユリーフ(一般名:シロドシン)は2009年から発売されているお薬で、前立腺肥大症の治療薬です。 前立腺肥大症では前立腺によって尿道が圧迫されるため、尿がでにくくなります。このような症状を「排尿障害」と呼びます。ユリーフは尿道を広げる作...
排尿障害・前立腺肥大治療薬

シロドシンの効果と副作用【前立腺肥大症治療薬】

シロドシンは、2009年から発売されている「ユリーフ」という前立腺肥大症の治療薬の主成分になります。 前立腺肥大症は「前立腺」という臓器が肥大してしまう疾患で、これにより尿道が圧迫されてしまい排尿障害(尿が出にくくなる症状)が生じます...
排尿障害・前立腺肥大治療薬

セルニルトン錠の効果と副作用【前立腺肥大症治療薬】

セルニルトン錠(一般名:セルニチンポーレンエキス)は、1969年から発売されているお薬です。 前立腺肥大症の治療薬であり、前立腺肥大およびそれに伴う排尿困難(尿が出にくくなる症状)・残尿感・頻尿などに対して用いられています。 植...
ジェネリック医薬品

エルサメット配合錠の効果と副作用【前立腺肥大症治療薬】

エルサメット配合錠・エルサメットS配合錠は、1967年から発売されている「エビプロスタット配合錠」というお薬のジェネリック医薬品です。 ジェネリック医薬品とは、先発品(エビプロスタット配合錠)の特許が切れた後に他社から発売された同じ成...
ジェネリック医薬品

ナフトピジルの効果と副作用【前立腺肥大症治療薬】

ナフトピジルは、1999年から発売されている「フリバス」というお薬のジェネリック医薬品になります。 ジェネリック医薬品とは、先発品(フリバス)の特許が切れた後に他社から発売された同じ成分からなるお薬の事です。お薬の開発・研究費がかかっ...
ジェネリック医薬品

タムスロシン塩酸塩の効果と副作用【前立腺肥大症治療薬】

タムスロシン塩酸塩は、1993年から発売されている「ハルナール」というお薬のジェネリック医薬品で、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬になります。 ジェネリック医薬品とは、先発品(ハルナール)の特許が切れた後に他社から発売された同じ成分...
排尿障害・前立腺肥大治療薬

ミニプレス錠の効果と副作用【降圧剤・前立腺肥大症治療薬】

ミニプレス錠(一般名:プラゾシン塩酸塩)は1981年から発売されているお薬で「α遮断薬(αブロッカー)」という種類に属します。 ミニプレスには「血圧を下げる作用」と「尿を出しやすくする作用」の2つの作用があり、「高血圧症」と「前立腺肥...