軟膏

軟膏

ビーソフテン油性クリームの効果と副作用

ビーソフテン(一般名:ヘバリン類似物質)は1954年から発売されている「ヒルドイド」というお薬のジェネリック医薬品になります。 ビーソフテンは基本的には保湿剤になりますが、その他も様々な作用があり多くの皮膚疾患の治療に用いられています...
軟膏

ヒルドイドソフト軟膏の効果と副作用

ヒルドイド(一般名:ヘバリン類似物質)は1954年から発売されている血行促進・皮膚保湿剤になります。 最初は「ヒルドイドクリーム」というクリーム製剤が発売され、その後1996年に「ヒルドイドソフト軟膏」という軟膏が発売となりました。2...
軟膏

コンベック軟膏・コンベッククリーム(ウフェナマート)の効能と副作用

コンベック軟膏・コンベッククリーム(一般名:ウフェナマート)は病院で処方される塗り薬で、「非ステロイド系抗炎症剤」という種類のお薬になります。1983年から発売されています。 非ステロイド系抗炎症剤とは、 ステロイドではない 主に炎...
軟膏

亜鉛華軟膏の効果と副作用【皮膚潰瘍治療薬】

亜鉛華軟膏は病院で処方される塗り薬の1つで、皮膚トラブルに対して用いられます。 主に軽症の皮膚トラブルを中心に用いられており、その安全性の高さから赤ちゃんからお年寄りまで幅広く使われています。 亜鉛華軟膏は古くから使用されている...
軟膏

ザーネ軟膏の効果・効能

ザーネ軟膏(一般名:ビタミンA油)は1981年から発売されている塗り薬です。 ザーネ軟膏はビタミンAを含有しており、このビタミンAが角質を柔らかくする作用を持ちます。そのためザーネ軟膏は角化症などの皮膚が硬くなっている疾患に対して用い...
軟膏

オイラックスクリームの効果・効能と副作用【かゆみ止め】

オイラックスクリーム(一般名:クロタミトン)は1957年から発売されている外用剤(塗り薬)です。鎮痒薬という種類に属し、これはいわゆる「かゆみ止め」になります。 オイラックスは主にかゆみを抑える目的で処方されますが、他のかゆみ止めとは...
軟膏

アズノール軟膏の効能と使用できる部位

アズノール軟膏(一般名:アズレン)は1958年から発売されている皮膚潰瘍治療薬です。 強力な効果はないものの、安全性に非常に優れるアズノールは、主に軽症の皮膚疾患を中心に現在でも広く用いられています。皮膚科のみならず、内科などで処方される...