当サイト記事の価値に対しての「支援」のお願い

当サイト「医師が教える処方薬のすべて」をご覧頂きありがとうございます。

当サイトは2015年に開設して以来、管理人である私が診療の合間に執筆を続けています。

「自分の勉強にもなるし、一般の人にも分かりやすく伝える工夫は日常の生活でも生かされるはず」と考え、地道に記事を書き続けてきました。実際、当サイトを開設以降、自分自身の処方薬についての知識が深くなっている事を感じております。

また日常の診療でも「先生には色々相談しやすい」「先生の説明は分かりやすい」と患者さんから言っていただける事も増えてきました。最近では「薬をもらったんだけどそこの先生が全然説明してくれないから・・・」と他院で処方されたお薬について相談されるようにもなってきました。

得られたのは診療上のメリットだけではありません。当サイトは予想以上に多くの方にお越し頂くようになり、現在では月間のアクセス数も相当数になってきました。毎日感謝のメールも頂戴するようになり、多少でも皆さまのお役に立てているという嬉しさも得られています。

しかし同時に問題も出てきました。

個人サイトとしてはあまりに膨大なアクセス数となってきたため、サーバー代やセキュリティ対策に費用がかかるようになってきました。また医療者である私はネットの知識に強くないため、サイトのトラブル時に専門のエンジニア様への相談なども必要となってきております。

記事数が増えるにつれ、最新の論文の取り寄せや自分の専門外の医学書の購入、また特に私の専門外の治療薬については他科の医師に記事の見直しをお願いする事も多く、費用面でもそれなりの額がかかるようになってきております。

現在までのところ、Google様が提供しております広告を記事内に表示させる事によってこれらの費用を賄っておりますが、これ以上広告数を増やす事は記事の読みにくさにつながるため極力行いたくないと考えております。

そこで当サイトを安定して運営していくため、このサイトの情報に価値を感じて頂ける方に、支援をお願いしてみるのはどうかと考えました。

当サイトを訪れ、「このサイトが役に立った」「このサイトを読むことで得られるものがあった」と感じていただけた方は、ぜひご協力をご一考頂ければ幸いです。

たくさんの額を集める必要はなく、運営が賄える金額で十分ですので、最低金額は15円から承っております。

頂いた支援は当サイト運営目的のみに使用する事をお約束します。具体的な用途としては前述した通り、

  • 記事作成のために必要なツールの購入(パソコン、ネット環境など)
  • 当サイトのサーバー維持費用やセキュリティ強化費用
  • サイトにトラブルが生じた際のエンジニア様への報酬
  • 論文や医学書の購入費
  • 専門の医師に記事の見直しをお願いした際の謝礼

などに利用させていただきます。

また支払いの際にはコメントも入力できますので、もし「この薬について書いて欲しい」などの要望がありましたら、合わせて記載頂ければ出来る限り対応させていただきます。

このお願いは決して強制ではありません。あくまでも「してもいいかな」と思える方のみ、無理のない額でお願いします。

支援を検討いただける方は、下記支援方法をご覧下さい。

1.Amazonギフトカードで支援(15円~)

サイト「Kampa!」様を利用しております。みなさんからの支援が一定額以上になるとAmazonギフトカードとなり、これによって必要な書籍や物品を賄います。最低金額15円から承っており、手数料はかかりません。

「Kampa!」は手間があまりかからず、簡単に支援いただけます。

Amazonギフトカードで支援をする

【Kampa!の使い方】

メールアドレスをコピーし、オレンジ色の「Kampa!」ボタンをクリックしてください。

次のページで、「金額」に支援して頂ける金額を入力し、「受取人」にコピーしたメールアドレスを張り付けて下さい。

2.クレジット・銀行振り込みで支援【10円+手数料~】

サイト「Yggdore(ユグドア)」様を利用して、クレジット決済・銀行振り込みにて支援いただけます。最低金額は10円から承っておりますが、振込手数料・決済手数料がかかります(数十円~数百円程度)。

またクレジットカードの場合、初回は本人住所確認手続きが必要で、やや手間がかかります。

クレジット・銀行振込で支援をする

【ユグドアの使い方】

「チップの送金先ホームページアドレスを入力」に当サイトのアドレス「https://druginformation-clinic.com/」を入力し、「+カゴに追加」ボタンを押して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加