フェルムカプセルの効果と副作用【造血剤】

スポンサーリンク

フェルムカプセル(一般名:フマル酸第一鉄)は1979年から発売されているお薬です。「鉄製剤」という種類のお薬で、これはいわゆる「鉄分」です。

鉄分は主に血液中の「赤血球」を作る原料になりますので、鉄製剤は「造血剤(血を作るためのお薬)」と呼ばれる事もあります。

鉄分は食事を規則正しく、バランス良く摂取していればそう不足する事はありません。しかし偏った食生活が続いていると不足してしまう事もあります。また出血などによってたくさんの血液が失われてしまうと、体内の鉄分が不足してしまいます。

このように体内の鉄が少なくなってしまい、それによって赤血球が少なくなった状態は「鉄欠乏性貧血」と呼ばれます。このような時、フェルムのような鉄製剤が治療薬として用いられます。

ここではフェルムカプセルというお薬の特徴や効果・副作用について説明していきます。

スポンサーリンク

1.フェルムの特徴

まずはフェルムというお薬の全体的な特徴についてみていきましょう。

フェルムは鉄製剤であり、体内の鉄分が不足している時にそれを補うお薬になります。鉄含有量の高いフマル酸第一鉄が主成分であり、1日1回1カプセルの服用で十分な量の鉄分が摂取できます。

貧血というのは、身体の中の「赤血球」が少なくなってしまう状態です。赤血球は血液中に存在している赤い血球で、肺から取り込まれた酸素を全身の組織に運搬するはたらきがあります。赤血球が全身に酸素を届けてくれる事で、全身の組織はエネルギーを産生する事ができるようになり、これによって私たちは正常に活動する事が出来ているのです。

貧血になってしまうと、全身に十分な酸素が届けられないため、身体の至るところでエネルギー不足が生じ、身体のだるさや息切れ・動悸などが生じるようになります。

そして赤血球は「鉄」を原料に作られます。つまり鉄分が不足してしまうと、赤血球が十分に作られないため貧血になってしまうという事です。ちなみに貧血のうち、鉄が足りない事で貧血になってしまう事を「鉄欠乏貧血」と呼び、このような時にフェルムのような鉄製剤が用いられます。

鉄剤にもいくつかの種類があります。また病院で処方される鉄製剤以外でも鉄のサプリメントなどもドラッグストアに売られています。これらとフェルムはどのように異なるのでしょうか。

どちらも鉄分を含んでいる事には変わりませんが、まず病院で処方される鉄製剤の方が鉄の含有量が多いという違いがあります。

一般的な鉄剤サプリメントに含まれている鉄分は1錠中3mg~10mg程度です。しかしフェルムは1カプセル中に100mgの鉄分を含みます。

フェルムの主成分であるフマル酸第一鉄は、鉄剤の中で最も単位重量当たりの鉄含量が高いため、病院の処方薬の中でも多い量の鉄分を含みます。

しかし高濃度の鉄分を摂取すると問題もあります。高濃度の鉄は胃腸に負担をかけてしまうため、胃腸症状(胃痛や吐き気、便秘など)を引き起こしたり、胃腸を障害することで逆に鉄の吸収率を下げてしまう事があります。鉄剤サプリメントが高用量の鉄を含んでいないのはこのためです。

フェルムは徐放カプセル剤(胃腸内でゆっくりと有効成分が溶け出す工夫がされたカプセル)とする事で鉄分が胃腸内でゆっくりと身体に吸収されるように設計されています。これにより、胃腸をあまり刺激せずに鉄分を体内に吸収させることができます。

フェルムはこのように胃腸に負担をかけない工夫はされていますが、だからと言って胃腸に全く負担がないわけではありません。いくら工夫をしていると言っても、胃腸症状はフェルムを服用している方に生じやすい副作用ではありますので一定の注意は必要です。

フェルムをはじめとした鉄製剤は、あくまでも「鉄が足りない事が原因で生じている貧血」に用いられるお薬であり、すべての貧血に対して有効なお薬ではないという事もしっかりと理解しておく必要があります。

貧血は様々な原因で生じうる病態であり、鉄が不足する事で貧血になるのは、貧血の原因のうちの1つに過ぎません。

フェルムを用いる際は、その貧血が本当に鉄が欠乏している事で生じているものなのかをしっかりと確認した上で開始する必要があります。

またフェルムカプセルは先ほど書いた通り、鉄含有量の多いフマル酸第一鉄であり、1回の服用で高用量の鉄分が摂取できますので、1日1回1カプセルの服用で良いのも利点です。

他の鉄製剤は1日に複数回服用しないといけなかったり、何錠も服用しないといけない事もありますが、フェロムは1日1回1カプセルのみで、服用の手間は少ない造血剤になります。

以上からフェルムの特徴として次のような事が挙げられます。

【フェルムの特徴】

・鉄分を含有したお薬である
・鉄含有量の多いフマル酸第一鉄が主成分であり、少量で十分量の鉄分を摂取できる
・鉄分が欠乏している事で生じている貧血に効果がある
・消化器系に副作用に注意
・1日1回1カプセルの服用で良い

スポンサーリンク

2.フェルムはどのような疾患に用いるのか

フェルムはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

【効能又は効果】

鉄欠乏性貧血

フェルムは鉄製剤ですので、体内の鉄分が不足している時に用いられます。鉄分は赤血球を作る材料ですので、体内の鉄分が少なくなると赤血球が少なくなります。

このように鉄分不足によって赤血球が少なくなっている状態は「鉄欠乏性貧血」と呼ばれ、フェルムはこのような時に用いられるお薬になります。

鉄欠乏性貧血は鉄分の摂取量が少なかったり、鉄分の必要量が増えたり、鉄分の排泄が多かったりする事で生じます。

鉄分の摂取量が少ないのは、偏った食事や胃酸分泌低下(ピロリ菌感染など)などが挙げられます。ピロリ菌に感染して胃が萎縮してしまい胃酸が出なくなると鉄分の吸収率が落ちるため、鉄欠乏になりやすくなります。

鉄分の必要量が増える状態としては、妊娠や成長期などが挙げられます。妊娠すると赤ちゃんに送る分も血液を作らないといけないため、必要な鉄分の量も増えます。また成長期も身体をどんどん大きくするために全身にたくさんの酸素を届ける必要があり、やはり必要な鉄分の量は増えます。

鉄分の排泄が多いのは、「出血」が挙げられます。血液中の赤血球は鉄を原料に作られていますので、赤血球がたくさん失われれば身体の中の鉄分は減少します。多いのは女性の月経(生理)による出血での鉄分欠乏があります。

また中高年の方で注意すべき事としては「胃がん」「大腸がん」からの出血も気を付けないといけません。これは「血便」という形で排泄されますが、少しずつ出血している場合は肉眼的には分からず、発見が遅れる事も少なくありません。

では鉄欠乏性貧血に対してフェルムを投与すると、どのくらいの効果が見込めるのでしょうか。

鉄欠乏性貧血の患者さんにフェルムを4週間服用してもらった調査では、

  • 血色素(ヘモグロビン)が16.2%増加
  • 赤血球が7.3%増加
  • ヘマトクリットが12.1%増加

と赤血球系の数値の増加が得られる事が確認されています。

ただしフェルムによる鉄欠乏性貧血の治療は、あくまでも鉄分を補っているだけで根本的な治療が出来ていない可能性がある事に注意する必要があります。

例えば大腸がんで出血が続いていて鉄欠乏性貧血になっている場合、フェルムを投与すれば確かに貧血は改善するでしょう。しかしそれだけの治療しかしないと、貧血が見かけ上改善している間も大腸がんはどんどん進行してしまいます。この場合、フェルムも必要ですが、一番大切なのは大腸がんの早期発見と早期治療です。

鉄欠乏性貧血がある場合は、単に治療をするだけでなく、しっかりと原因と調べる事も大切です。

3.フェルムの作用機序

貧血を改善させるはたらきを持つフェルムですが、どのような作用機序を持っているのでしょうか。

貧血は、血液中の「赤血球」が少なくなる状態です。そしてフェルムを用いる「鉄欠乏性貧血」は、体内の鉄分が少なくなっている事で赤血球を十分に作れなくなってしまう状態です。

赤血球は肺から取り込んだ酸素を全身の組織に届けるはたらきがあるため、赤血球が少なくなると全身が酸素不足となります。酸素は栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質など)からエネルギーを取り出す際に必要なものであり、酸素が足りないとエネルギー不足となり、十分な生体活動が行えなくなります。その結果、だるさやめまい、動悸、息切れなどが生じます。

フェルムの作用機序を知るために、まずは赤血球が作られる過程について見ていきましょう。

赤血球をはじめとした血球のほとんどは、骨髄(こつずい)という場所で作られています。骨髄というのは「骨の中」です。実は血球というのは骨の中で作られているのです。

骨髄ではまず「造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)」と呼ばれる細胞が造られます。造血幹細胞はあらゆる血球の「元」となる細胞で、ここから「赤血球」「白血球」「血小板」などに成長していきます(これを「分化する」と言います)。

造血幹細胞の一部は赤血球に成長していきますが、まずは造血幹細胞から「赤芽球(せきがきゅう)」という細胞になります。赤芽球はまだ未熟な赤血球ですので酸素を運搬する能力は備わっていません。

酸素を運搬するには「ヘモグロビン」というたんぱく質が必要です。ヘモグロビンは酸素分子と結合できる性質を持っている物質だからです。そのため赤芽球は細胞内でたくさんのヘモグロビンを合成しようとします。

ヘモグロビンは「ヘム」と「グロビン」からなります。ヘムは赤色の色素であり、血が赤く見えるのはヘムがあるからです。ヘムを作るためには鉄分が必要です。一方でグロビンはたんぱく質です。

私たちは鉄分を主に食事から摂取します。食べ物中に含まれる鉄分は小腸(特に十二指腸)から吸収され、血液中の「トランスフェリン」というたんぱく質にくっついて骨髄に連れていかれます。そして骨髄で赤芽球に取り込まれ、ヘムの原料となるのです。

細胞内にたくさんのヘモグロビンが合成されると赤芽球は赤血球に成長していきます。赤血球になると骨髄中から血液中に放たれ、酸素を全身に運搬する役割を担うようになります。

これが赤血球が作られる機序になります。

では次に身体の中の鉄分が少なくなっている時を考えてみましょう。身体の中に十分な鉄がないと赤芽球がヘモグロビンを十分に合成できなくなります。そうなれば当然、血液中の赤血球が減少する事になります。

赤血球が減少すれば、全身の組織に酸素を運搬できなくなるため、生体活動を十分に行えなくなり、疲れやすさや動悸、息切れなどが生じます。

これが鉄欠乏性貧血で、このような状態を改善させるのがフェルムです。

フェルムに含まれる鉄は、服用すると小腸から吸収されてトランスフェリンにくっついて骨髄に運ばれます。そこで赤芽球に取り込まれヘモグロビンの原料となるため、赤血球が活発に作られるようになるのです。

スポンサーリンク

4.フェルムの副作用

フェルムにはどのような副作用があるのでしょうか。また副作用はどのくらいの頻度で生じるのでしょうか。

フェルムカプセルの副作用発生率は3.39%と報告されています。

フェルムは通常の食べ物にも含まれる「鉄」が主成分ですので、危険性の高いお薬ではありません。しかし消化器系に負担をかける鉄を配合しているため、注意すべき副作用はあります。

生じうる副作用としては、

  • 嘔気・悪心・嘔吐
  • 腹痛
  • 食欲不振

などが報告されています。

鉄は胃腸などの消化器系に負担をかけるため、フェルムでは胃腸症状が比較的多く生じます。

いずれも症状がひどければフェルムを減量・中止しなければいけませんが、程度が軽ければ少し様子を見ても構いません。服用を続けていると身体が慣れてきて副作用が少しずつ改善していく事もあるためです。

副作用ではありませんが、フェルムを摂取すると便に含まれる鉄分も多くなるため、便が黒色になります。これにはびっくりされる方が多いのですが、鉄分が多量に便中に含まれるためですので心配はありません。

また歯に酸化鉄が沈着して茶色っぽくなる事もあります。この場合、歯磨き時に重曹などを使う事で取る事が出来ます。

フェルムを投与してはいけない方(禁忌)としては、

  • 鉄欠乏状態にない方

が挙げられています。

フェルムは鉄分であり、あくまでも体内の鉄分が少ない方に鉄分を補充するお薬です。

鉄分が少なくない方が服用してしまうと意味がないばかりか、副作用が生じやすくなったり鉄過剰の症状が出現する可能性もあり、デメリットが大きくなります。

体内に鉄が過剰に蓄積されると肝臓や心臓に鉄が沈着し、肝障害や心不全などが引き起こす危険があります。

5.フェルムの用法・用量と剤形

フェルムは、

フェルムカプセル 100mg

の1剤形のみがあります。

その使い方は、

通常成人は1日1回1カプセルを経口投与する。

となっています。

6.フェルムが向いている人は?

以上から考えて、フェルムが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

フェルムの特徴をおさらいすると、

【フェルムの特徴】

・鉄分を含有したお薬である
・鉄含有量の多いフマル酸第一鉄が主成分であり、少量で十分量の鉄分を摂取できる
・鉄分が欠乏している事で生じている貧血に効果がある
・消化器系に副作用に注意
・1日1回1カプセルの服用で良い

というものでした。

フェルムは鉄欠乏性貧血に用いられるお薬です。

本来、鉄分は食事を規則正しく・バランス良くすることで摂取する事が基本です。そのため鉄欠乏性貧血では安易にフェルムを始めるのではなく、まずは食生活の工夫にて改善させるべきです。

しかし食生活の工夫でも貧血が改善しなかったり、食生活の改善が困難である場合はフェルムのような鉄剤が有用です。

鉄製剤の中でもフェロムは鉄含有量が高いフマル酸第一鉄からなっているため、1日に何回も服用できない方、1回に何錠も服用できない方などに向いている剤型になります。

また鉄欠乏性貧血は、背景に胃がん・大腸がんなどの出血性の悪性疾患が隠れている事があります。そのため単に貧血の治療をして終わってしまうのではなく、貧血の原因は何で生じているのかを出来る限り特定するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい