ミカムロ配合錠の効果と副作用【降圧剤】

ミカムロ配合錠(一般名:テルミサルタン・アムロジピンベシル酸塩)は2010年から発売されている降圧剤(血圧を下げるお薬)になります。

ミカムロは「配合錠」という名前からも分かるように、2つの成分が配合された降圧剤です。

具体的にはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(AngiotensinⅡ Receptor Blocker:ARB)である「ミカルディス(一般名:テルミサルタン)」とカルシウム拮抗薬である「ノルバスク(一般名:アムロジピンベシル酸塩)」が配合されています。

2種類の成分を1剤にまとめているためお薬の管理も楽になりますし、服薬する錠数も減らせます。高血圧の方は複数の降圧剤を飲まれている方もいらっしゃいますから、このような配合剤は服用の手間を軽減させてくれます。

近年ではこのような配合剤は多く発売されています。その中でミカムロはどのような特徴の持っていて、どのような患者さんに向いている降圧配合剤なのでしょうか。

ここではミカムロ配合錠の特徴や効果・副作用についてみていきます。

スポンサーリンク

1.ミカムロ配合錠の特徴

まずは、ミカムロ配合錠の全体的な特徴について紹介します。

ミカムロ配合錠は、

  • ミカルディス(一般名:テルミサルタン)
  • ノルバスク(一般名:アムロジピンベシル酸塩)

といった2種類の降圧剤(血圧を下げるお薬)が含まれた合剤になります。

要するにミカムロを服用する事は、ミカルディスとノルバスクの2剤を服用しているのと同じです。なんで合剤にしてまとめたのかと言うと、服用の手間が軽減するためです。また薬価(お薬の値段)も安くなるというメリットもあります。

ミカムロに含まれるミカルディス(一般名:テルミサルタン)はARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)という種類の降圧剤になります。

ARBはアンジオテンシンⅡという物質のはたらきをブロックすることで、血圧を下げるお薬になります。アンジオテンシンⅡは血圧を上げる作用が強い物質なので、これをブロックすると血圧が下がるのです。

またARBは血圧を下げるだけでなく臓器保護作用があり、心臓や腎臓を保護してくれます。そのため、心不全や腎不全の方にも向いているお薬になります。

ミカルディスはARBの中で「作用時間が長い」という特徴があります。これは1日を通してしっかりと効いてくれるという事です。また多少ですが、糖尿病を改善させる作用も持つため糖尿病を持っている方に適しています。

デメリットとしては胆汁から排泄されるため、肝機能が極めて悪い方は使用する事が出来ません。

お薬は主に胆汁から便として排泄されるものと、腎臓から尿として排泄されるものがあります。ミカルディスは前者であるため、肝臓のはたらきが悪い方には使いにくいのですが、反対に腎臓のはたらきが悪い方には使いやすいお薬になります。

ミカムロに含まれるノルバスク(一般名:アムロジピンベシル酸塩)はカルシウム拮抗薬という種類の降圧剤になります。カルシウム拮抗薬は血管の平滑筋に存在するカルシウムチャネルというカルシウムが通る穴をふさぐ作用があります。

カルシウムチャネルをカルシウムが通ると平滑筋が収縮します。動脈の周りを覆っている平滑筋が収縮すれば血圧は上がります。カルシウム拮抗薬はこれをブロックするため、血圧を下げることになります。

アムロジピンはカルシウム拮抗薬の中でも強い降圧力を持ちます。また作用時間が長いため、1日を通してしっかりと血圧を下げ続けてくれます。

以上からミカルディスとノルバスクを配合したミカムロは、次のような特徴が挙げられます。

【ミカムロの特徴】

・2つの降圧剤が含まれており、血圧を下げる力がしっかりしている
・作用時間が長く、1日を通してしっかりと効果が持続する
・心臓・腎臓などの臓器保護作用がある
・多少だが糖尿病を改善させる効果がある
・胆汁排泄型であり、肝障害がある方は注意(腎障害がある方に使いやすい)

スポンサーリンク

2.ミカムロ配合錠はどのような疾患に用いるのか

ミカムロはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

【効能又は効果】

高血圧症

ミカムロは降圧剤ですので、「高血圧症」の患者さんに用います。

注意点としてミカムロは2つの降圧剤が配合されているお薬であるため、治療において一番最初から使う事は出来ません。

ミカムロを最初から投与するという事は、降圧薬を一気に2つ始めてしまうのと同じことだからです。まずは1剤から始め、それでも効果が不十分な時に初めて2剤目は検討されるべきです。

ミカムロは2つの降圧剤が含まれているため、1つの降圧剤で効果が不十分であったときに検討されるお薬になります。

ではミカムロは高血圧に対してどれくらいの効果が期待できるのでしょうか。

ミカムロは2つの降圧剤を配合しているため、一般的な降圧剤よりは降圧効果は高くなります。

調査によると、ミカムロの服用を8週間続けると平均で、

  • ミカムロAPの投与で収縮期血圧が16.2~17.4mmHgほど下がる
  • ミカムロBPの投与で収縮期血圧が16.5~20.7mmHgほど下がる

と報告されています。

更に降圧作用は一日を通してしっかりと持続している事が確認されています。

ちなみにミカムロを服薬してからどれくらいで効果を判定すれば良いのでしょうか。

これは明確に決まっているわけではありませんが、通常2週間程度で効果は現れはじめます。しっかりとした効果を判定するには「約1カ月」程度を考えます。

3.ミカムロ配合錠にはどのような作用があるのか

ミカムロは具体的にどのような作用機序によって血圧を下げてくれるのでしょうか。

ミカムロの作用機序について紹介します。

Ⅰ.降圧作用(アンジオテンシンⅡのブロック)

ミカムロにはミカルディスというARBと同じ成分が含まれており、これに血圧を下げる作用があります。

ではミカルディスはどのように血圧を下げるのでしょうか。

私たちの身体の中には、血圧を上げる仕組みがいくつかあります。その1つに「RAA系」と呼ばれる体内システムがあります(RAA系とは「レニン-アンジオテンシン-アルドステロン」の略です)。

RAA系は本来、血圧が低くなりすぎてしまった時に血圧を上げるシステムです。

腎臓は血液から老廃物を取り出して尿を作る臓器ですが、ここに「傍糸球体装置」というものがあります。傍糸球体装置は腎臓に流れてくる血液が少なくなると「レニン」という物質を放出します。

レニンはアンジオテンシノーゲンをアンジオテンシンⅠという物質に変えるはたらきがあります。

更にアンジオテンシンⅠはACEという酵素によってアンジオテンシンⅡになります(ちなみにこれをブロックするのがACE阻害薬という降圧剤です)。

アンジオテンシンⅡは副腎という臓器に作用して、アルドステロンというホルモンを分泌させます。

アルドステロンは血液中にナトリウムを増やします(詳しく言うと、尿として捨てる予定だったナトリウムを体内に再吸収します)。血液中のナトリウムが増えると血液の浸透圧が上がるため、ナトリウムにつられて水分も血液中に引き込まれていきます。これにより血液量が増えて血圧も上がるという仕組みです。

通常であればこのRAA系は、血圧が低くなった時だけ作動する仕組みです。しかし血圧が高い状態が持続している方は、このRAA系のスイッチが不良になってしまい、普段からRAA系システムが作動してしまっていることがあります。

ミカルディスをはじめとしたARBは、アンジオテンシンⅡのはたらきをブロックすることで、RAA系が作動しないようにします。すると血圧を上げる物質が少なくなるため、血圧が下がるというわけです。

Ⅱ.降圧作用(カルシウムチャネルのブロック)

ミカムロにはノルバスクというカルシウム拮抗薬と同じ成分が含まれており、これも血圧を下げる作用があります。

ではノルバスクはどのように血圧を下げるのでしょうか。

カルシウム拮抗薬は、血管の平滑筋という筋肉に存在しているカルシウムチャネルのはたらきをブロックするというのが主なはたらきです。

チャネルという用語が出てきましたが、これはかんたんに言うと、様々なイオンが通る穴だと思ってください。つまりカルシウムチャネルは、カルシウムが通ることが出来る穴です。

カルシウムチャネルは、カルシウムイオンを通すことにより、筋肉を収縮させるはたらきがあります。これをブロックするのがカルシウム拮抗薬です。

この作用でカルシウムイオンが流入できなくなると、筋肉が収縮できなくなるため拡張します。そして血管を覆っている平滑筋が拡張する(広がる)と、血圧は下がります。

ちなみにカルシウムチャネルにはL型、T型、N型の3種類があることが報告されています。このうち、平滑筋に存在しているカルシウムチャネルはほとんどがL型です。

【L型カルシウムチャネル】
主に血管平滑筋・心筋に存在し、カルシウムが流入すると筋肉を収縮させる。ブロックすると血管が拡張し、血圧が下がる

【T型カルシウムチャネル】
主に心臓の洞結節に存在し、規則正しい心拍を作る。また脳神経にも存在し神経細胞の発火に関係している

【N型カルシウムチャネル】
主にノルアドレナリンなど興奮性の神経伝達物質を放出する。

ノルバスクはL型カルシウムチャネルに選択性が高いため、しっかりと血圧を下げてくれ、またT型やN型にあまり作用しないため、その他の余計な作用が出にくいという特徴があります。

Ⅲ.臓器保護作用

ミカルディスには臓器保護作用があります。

具体的には心臓・腎臓や脳に対して、これらの臓器が傷付くのを防いでくれるのです。

心臓が傷んでしまい、十分に機能できなくなる状態を「心不全」と呼びます。高血圧は心不全のリスクになるため、ミカルディスの降圧作用はそれ自体が心保護作用になります。

またそれ以外にも先ほど説明したRAA系の「アンジオテンシンⅡ」は心臓の筋肉(心筋)の線維化を促進し、これも心臓の力を弱める原因となります。

ミカルディスはアンジオテンシンⅡのはたらきをブロックしてくれるため、これも心保護作用になります。

実際、ミカルディスのようなARBは心不全に対しての第一選択薬となっています。

また腎臓に対しても同様です。

腎臓が傷んでしまい、十分に機能できなくなる状態は「腎不全」と呼ばれ、これも高血圧が発症リスクになるため、ミカルディスの降圧作用はそれ自体が腎保護作用になります。

アンジオテンシンは腎臓の線維化も促進し、これも腎不全の原因になるのですが、ミカルディスは同様の機序で腎臓の線維化を抑え、腎保護作用を発揮します。

Ⅳ.血糖改善作用

ミカムロに含まれる「ミカルディス」には血糖値を改善させる作用があります。

その作用は強くはないため単独で糖尿病の治療に用いられる事はありませんが、高血圧に糖尿病を合併しているような場合では1剤で複数の作用を期待できます。

血糖を改善させる作用はミカルディスの持つPPARγ(ピーパーガンマ)作用によるものだと考えられています。PPARγとは脂肪細胞に存在する物質で、この物質はアディポネクチンという物質を増やす作用があります。

アディポネクチンには、

  • 血液中の血糖を筋肉などの臓器・組織に取り込む
  • インスリン(血糖を下げるホルモン)の感受性を上げる
  • 炎症を抑える
  • 様々な臓器を保護する

といった様々な作用があります。

血液中の血糖を臓器や組織に取り込むと、血液中の糖分が少なくなるため血糖が下がります。またインスリンは血糖を下げるホルモンですので、その効きを高めれば血糖も下がりやすくなります。

このような機序にてミカルディスは血糖値を下げ、糖尿病を改善させてくれます。

ミカルディスはARBの中で血糖値を下げる作用にもっともすぐれており、そのため「メタボサルタン」と呼ばれることもあります。

スポンサーリンク

4.ミカムロ配合錠の副作用

ミカムロの副作用はどのようなものがあるのでしょうか。またミカムロは安全はお薬なのでしょうか、それとも副作用が多いお薬なのでしょうか。

ミカムロの副作用発生率は5.4%と報告されており、副作用は多くはありません。

生じうる副作用としては、

  • 浮動性めまい
  • 肝機能異常
  • 発疹
  • 頭痛
  • 低血圧
  • 血中尿酸値上昇

ミカムロに含まれるミカルディスは胆汁から排泄されるため、肝臓に負担がかかり肝機能に異常が出てしまう事があります。そのため肝機能が悪い方には向きません。

実際、添付文書では、

肝障害のある患者に投与する場合、最大投与量は1日1回40mgとする

と用量が制限されています。

また後述しますが肝機能が極めて悪い方はミカムロの投与はしてはいけない(禁忌)となっています。

また、稀ですが重篤な副作用として

  • 血管浮腫(顔面、口唇、咽頭・喉頭、舌などの腫脹)
  • 高カリウム血症
  • 腎機能障害
  • ショック、失神、意識消失
  • 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 低血糖
  • アナフィラキシー
  • 間質性肺炎
  • 横紋筋融解症
  • 無顆粒球症、白血球減少、血小板減少
  • 房室ブロック

などが報告されています。

また、ミカムロは

  • ミカムロの成分及びジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦
  • 胆汁の分泌が極めて悪い方または重篤な肝障害のある方
  • ラジレスを投与中の糖尿病患者様

は原則服薬することが出来ません。

ミカムロに含まれる「ノルバスク(一般名:アムロジピン)」はジヒドロピリジン系化合物になります。そのためこの化合物に過敏症がある方は服用できません。

ミカムロに含まれる「ミカルディス(一般名:テルミサルタン)」は、妊婦さんに投与する事で児の奇形の発生率が高まるという報告があり、このような理由から妊婦さんへの投与は禁忌となっています。

ミカムロに含まれるミカルディスは、主に胆汁を介して排泄されるため、肝臓が極めて悪い方はお薬の成分が体内に蓄積してしまう可能性があり、服用する事は出来ません。

最後の項目に関しては、どうしても他の降圧剤で治療できない高血圧症の方に限り、慎重に用いることは認められていますが、両者の併用が禁忌となっているのはラジレスとミカルディス(ARB)の併用で非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧のリスク増加が報告されているためです。

5.ミカムロの用法・用量と剤形

ミカムロは、

ミカムロ配合錠AP (テルミサルタン40mg/アムロジピン2.5mg)
ミカムロ配合錠BP (テルミサルタン80mg/アムロジピン5mg)

の2剤形があります。

ミカムロの使い方は、

成人には1日1回1錠を経口投与する。本剤は高血圧治療の第一選択薬として用いない。

となっています。

2つの成分を含むミカムロは高血圧治療を行う時に最初に用いてはいけません。まずはミカルディスやノルバスクといった単剤で治療をはじめ、それでも効果不十分な時にのみ、ミカムロのような合剤が検討されます。

6.ミカムロ配合錠が向いている人は

以上から考えて、ミカムロが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

ミカムロの特徴をおさらいすると、

【ミカムロの特徴】

・2つの降圧剤が含まれており、血圧を下げる力がしっかりしている
・作用時間が長く、1日を通してしっかりと効果が持続する
・心臓・腎臓などの臓器保護作用がある
・多少だが糖尿病を改善させる効果がある
・胆汁排泄型であり、肝障害がある方は注意(腎障害がある方に使いやすい)

というものがありました。

ミカムロはARBの中でも作用時間の長い「ミカルディス」と、カルシウム拮抗薬の中でも作用時間の長い「ノルバスク」を合体させたお薬です。

そのため降圧配合剤の中でも1日を通してしっかりと効かせる作用に優れます。

またARBはすべて臓器保護作用がありますが、更にミカルディスは糖尿病を改善する作用もあるため、心疾患・腎疾患・糖尿病などを持っている方にも適したお薬となります。

一方でほとんどが胆汁から排泄されるため肝疾患を持っている方への使用は注意が必要です。

以上から、

・1日を通してしっかりと血圧を下げたい方
・心不全・腎不全などの臓器障害を有している方
・糖尿病を持っている方

に向いているお薬となります。

一方で、

・肝機能が悪い方

にはあまり向きません。

ミカムロは2剤を配合することにより1剤ずつで処方してもらうよりも薬価が安くなっています。薬価をなるべく抑えたい方にとっても良い選択肢になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい