ピムロ顆粒の効果と副作用【大腸刺激性下剤】

スポンサーリンク

ピムロ顆粒(一般名:センナ・センナ実)は、1967年から発売されている「アローゼン」という下剤のジェネリック医薬品になります。

古いお薬ですが、便秘で悩まれている方はとても多いため、現在でも広く用いられています。

ピムロはどんな特徴のある便秘薬で、どんな患者さんに向いているお薬なのでしょうか。ここではピムロ顆粒の効果や副作用について説明させて頂きます。

スポンサーリンク

1.ピムロ顆粒の特徴

まずはピムロ顆粒の全体的な特徴についてみてみましょう。

ピムロ顆粒は大腸を刺激する事で大腸の動きを活性化させ、便秘を改善させるお薬になります。

下剤にはいくつかの種類がありますが、ピムロは下剤の中でも「大腸刺激性下剤」という種類に属します。

ピムロは大腸を刺激する事で大腸の動きを活性化させ、排便を促すという作用を持ちます。つまり、ピムロは大腸の動きが低下して便秘になっている方に向いている下剤だと言う事です。具体的には寝たきり状態や、活動量が落ちている高齢者の方などに効果が期待できます。

大腸を刺激する事で排便を促すという方法は、効果がしっかりと得られるという点がメリットです。下剤の中でも効果は強い方であり、便秘に悩んでいる方にとっては頼れるお薬になります。

しかし一方で、大腸が次第に刺激に慣れてきてしまうというデメリットもあります。

お薬による大腸への刺激を慢性的に続けていると、次第に大腸は刺激に反応しなくなり、必要なお薬の量がどんどんと増えてしまいます。これを「耐性が生じる」と言いますが、ピムロは耐性が生じる可能性のある下剤になります。

また、ジェネリック医薬品であるピムロは薬価が安いというメリットもあります。元々下剤は価格が安いものが多いのですが、ピムロはジェネリック医薬品であるため更に安価になります。

以上からピムロ顆粒の特徴として次のようなことが挙げられます。

【ピムロ顆粒の特徴】

・大腸を刺激して排便を促すため、しっかりとした効果が期待できる
・大腸の動きが低下している便秘(弛緩性便秘)に向いている
・慢性的に使い続けると耐性(慣れ)が生じて効きにくくなる
・薬価が安い

スポンサーリンク

2.ピムロ顆粒はどんな疾患に用いるのか

ピムロはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

【効能又は効果】

便秘(ただし、痙攣性便秘は除く)
駆虫剤投与後の下剤

ピムロは下剤であり、使用する疾患は「便秘症」になります。

ピムロは下剤の中でも大腸刺激性下剤に属します。前述の通り、大腸刺激性下剤は大腸を刺激することで大腸の動きを活性化させます。大腸が活発に動くようになれば、便は排出されやすくなりますから、便秘症に効果があるというわけです。

腸管の動きが悪いために生じる便秘を専門的には「弛緩性便秘」と呼びます。つまりピムロは便秘症の中でも、特に弛緩性便秘に効果的な下剤だと言えます。

ちなみに「痙攣性便秘」とは、ストレスや生活習慣が原因となり、大腸が正しく蠕動運動をしなくなってしまうという便秘になります。

痙攣性便秘では大腸が正常に機能していませんので、そこに無理矢理大腸を動かすお薬を使うと、けいれん部位に便が蓄積しすぎてしまい腸管内圧が上昇してしまいます。最悪の場合、腸管が破裂してしまうような事もありえるため、このような病態に大腸刺激性下剤を使用するのはいけない事となっています。

「駆虫剤投与後の下剤」という記載は、腸管に寄生虫などが住み着いてしまった場合、その駆除のためのお薬を服薬するのですが、お薬使用後は下剤などを使って寄生虫を排除することが多いため、そういった用途に使ってもいいですよ、という意味になります。

3.ピムロ顆粒の作用機序

便秘症に対して用いられるピムロ顆粒ですが、どのような機序で便秘を改善させているのでしょうか。

ピムロ(一般名センナ・センナ実)は、センナとセンナ実(センナジツ)という生薬が主成分であり、このセンナ・センナ実が便秘改善に効果を示します。

ちなみにセンナはセンナというマメ科の植物ですので、ピムロは生薬から作られているという事になります。センナはセンナの葉、センナ実はセンナの実になります。どちらも下剤としての効果がありますが、葉の方が大腸刺激作用は強く、実はマイルドに便秘を改善すると考えられています。

具体的に見ると、口から入ったピムロは、大腸まで移行し、そこで大腸の腸内細菌に分解され、レインアンスロンという物質を生成します。レインアンスロンは大腸壁を刺激し、大腸の蠕動運動を亢進させる作用を持ちます。

レインアンスロンによって大腸が活発に動くようになると、便がスムーズに大腸から肛門へ輸送されるため、排便されやすくなるという機序になります。

スポンサーリンク

4.ピムロ顆粒の副作用

ピムロ顆粒ではどのような副作用が生じるのでしょうか。またその頻度はどのくらいなのでしょうか。

ピムロ顆粒はジェネリック医薬品であるため、副作用発生率の詳しい調査は行われていません。

臨床的な印象としては、ピムロはお薬によって無理矢理大腸を動かすようなお薬になるため、時に大腸を動かしすぎることによる弊害が生じる事がありますが、基本的には重篤な副作用はほとんど生じません。

頻度の多い副作用としては、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る)
  • 悪心・嘔吐
  • 低カリウム血症
  • 肝機能障害(AST、ALT、γGTP上昇)

などが報告されています。

お腹が動き過ぎた結果、腹痛や下痢が生じる事があります。また下痢によって電解質のバランスが崩れると、低カリウム血症が生じる事もあります。

このような副作用が生じた場合、多くはピムロの量を適量に調整すれば改善しますが、改善が乏しい場合や症状が強い場合はピムロを中止する必要があります。

また問題のある副作用ではないのですが、ピムロを服用していると尿が黄褐色~赤色になってしまうことがあります。

注意点として、長期間にわたってピムロの服用を続けていると、

  • 大腸メラノーシス

が生じる可能性があります。

大腸メラノーシスは大腸壁が真っ黒に染まってしまう疾患で、アントラキノン系の下剤を長期間使用すると生じる副作用です。ピムロもアントラキノン系に属します。

これはリポフスチンという色素が沈着してしまう事が原因で、リポフスチンが沈着すると腸管が動きにくくなるため、大腸メラノーシスに至ると便秘はより悪化してしまう事になります。

大腸メラノーシスは、原因薬剤を中止すれば1~2年ほどで自然と改善していきます。

ピムロを使用してはいけない方(禁忌)としては、

  • ピムロ又はセンノシド製剤に過敏症の既往歴のある方
  • 急性腹症が疑われる方、痙攣性便秘の方
  • 重症の硬結便のある方
  • 電解質失調(特に低カリウム血症)のある方には大量投与を避けること

となっています。

前述のように、腸管が正常に機能していない状態や、重症の硬結便があって腸が詰まりかけているような状態に大腸刺激性下剤を投与して無理矢理大腸を動かすと、病変部位に便やガスが蓄積し腸管内圧が上昇し、腸管破裂などが生じるリスクがあります。

そのためこのような状態の方にはピムロは投与できません。

また妊婦さんにも原則禁忌(基本的には使ってはいけないが、やむを得ない場合のみ慎重に使用する事)となっています。

5.ピムロの用法・用量と剤形

ピムロ顆粒は、

ピムロ顆粒 0.5g

の1剤形のみがあります。

ピムロ1g中には、

センナ 577.9mg
センナ実 385.3mg

が含まれています。

センナとはマメ科の植物の事で、古くから便通を改善させる効果がある事が知られていました。センナは葉の部分であり、センナ実は実の部分で、いずれも下剤としての効果を有します。

ピムロの使い方は、

通常成人1回0.5~1.0gを1日1~2回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

と書かれています。

6.ピムロはどのくらいの時間で効くのか

ピムロ顆粒は、1回服薬すると8~12時間後に効果が出てくると考えられています。もちろん個人差はありますので、必ず8~12時間後に排便できるというわけではありませんが、最初はこの時間を目安にして投与時間を考えるとよいでしょう。

一般的には就寝前(寝る前)に服薬することが多く、これにより朝起床後に排便することを狙います。しかし絶対にこうしなくてはいけないというわけではありません。この用法で上手くいかない場合は、別の時間に服薬しても問題ありません。

例えば、効果が出るのが12時間後だということであれば、夕食後に服薬して、翌朝起床後に排便が出ることを狙ってもいいですし、効果が6時間後に出るという方であれば、朝食後に服薬して昼過ぎに排便が出ることを狙っても良いでしょう。

ただし昼や夕方に服薬してしまうと、夜中に便意を感じて睡眠が中断されてしまう可能性がありますので、注意しましょう。

7.ピムロ顆粒が向いている人は?

以上から考えて、ピムロが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。

ピムロの特徴をおさらいすると、

・大腸を刺激して排便を促すため、しっかりとした効果が期待できる
・大腸の動きが悪くなっている便秘(弛緩性便秘)に向いている(例:寝たきり、高齢者など)
・慢性的に使うと耐性(慣れ)が生じて効きにくくなる
・薬価が安い

というものでした。

大腸の動きが悪い便秘(弛緩性便秘)を起こしやすい人というのは、まずは高齢者が挙げられます。高齢者は筋肉や腸管の機能が加齢で弱ってくるためです。

また、人は動かないと腸管の動きも悪くなりますので、なんらかの理由で運動量が減っている方、例えば病気で寝たきりなどの方も良い適応になるでしょう。

ただし妊婦さんで運動量が減っている方への投与は慎重にすべきです。妊婦さんに対してのピムロの投与は、原則禁忌となっており、「投与しない事を原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること」という扱いになっています。絶対に投与できないわけではありませんが、やむを得ない場合に限るべきでしょう。

お薬によっては腸管の動きを悪くするものもあります。例えば、抗コリン作用を持つお薬は腸管の動きを悪くします。例えば抗ヒスタミン薬(花粉症のお薬など)や向精神薬(抗うつ剤など)です。これらのお薬で便秘が生じている場合も、ピムロは便秘改善に効果があるでしょう。

ピムロには耐性があることも忘れてはいけません。つまり、慢性的に使いそうな方に対しては安易に投与し続けて良いものではないということです。

ここから考えると、

・大腸の動きが悪くなっている便秘の方

にはピムロはお勧めしやすい下剤になります。

ただし高齢者など、今後長期に渡って使用をする可能性が高そうな方であれば、なるべくピムロ以外の排便コントロール(例えば運動習慣の導入や食生活の改善など)も並行して行い、ピムロの服用が慢性化しないように気を付けるべきでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい