プルゼニド錠の効果と副作用

プルゼニド錠(一般名:センノシド)は、1961年から発売されている下剤(緩下剤、便秘薬)になります。

非常に古いお薬ですが、しっかりとした効果がある下剤であるため、現在でも広く用いられています。

便秘傾向である際に安易に使われる傾向がありますが、プルゼニドにも副作用がないわけではありません。特に高齢者の便秘に使用する場合は長く使い続ける事もありますので、使用の際はその副作用をしっかりと理解しておくようにしましょう。

プルゼニドはどのような特徴のある下剤で、どのような患者さんに向いているのでしょうか。

ここではプルゼニドの特徴や効果・副作用についてみていきましょう。

スポンサーリンク

1.プルゼニドの特徴

まずはプルゼニドというお薬の全体的な特徴について紹介します。

プルゼニドは下剤の中でも「大腸刺激性下剤」という種類に属します。

便秘の方の排便を促すには、いくつかの方法があります。その中でプルゼニドは大腸を刺激する事で大腸の動きを活性化させ、排便を促すという作用を持ちます。つまり、プルゼニドは大腸の動きが低下して便秘になっている方に向いている下剤だと言う事です。

大腸を刺激して排便を促すというこの方法は、確実な効果が期待できる点がメリットです。一方で、この方法を続けていると大腸が次第に刺激に慣れてきてしまい、お薬が段々と効きにくくなっていくというデメリットもあります。

大腸への刺激を慢性的に続けていると、次第に大腸は刺激に反応しなくなり、必要なプルゼニドの量もどんどんと増えてしまいます。これは「耐性」と呼ばれます。

【耐性】
お薬に身体が慣れてきてしまい、お薬の効きが段々悪くなってくること。耐性が生じるとお薬の量を増やさないと効果が得られなくなり、服用量がどんどん増えてしまう危険がある。

耐性を生じさせないためには、プルゼニドを漫然と使用しない事が大切です。なるべく生活習慣の改善(適度運動や食生活の見直し、水分摂取、野菜摂取など)を行うようにし、プルゼニドを使うのはそれでも便秘になってしまう時のみにしましょう。

またこれは多くの下剤に当てはまることなのですが、下剤は価格がかなり安いのもメリットです。薬局で購入する下剤と比べると非常に安価になります。

以上からプルゼニドの特徴として次のようなことが挙げられます。

【プルゼニドの特徴】

・大腸を刺激して動かす事で排便を促す大腸刺激性下剤である
・大腸の動きが悪くなっている方(例えば寝たきり、高齢者など)に向く
・慢性的に使い続けると耐性(慣れ)が生じて効きにくくなる
・薬価が安い

スポンサーリンク

2.プルゼニドはどのような疾患に用いられるのか

プルゼニドはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

【効能又は効果】

便秘症

プルゼニドは下剤ですので使用する疾患は「便秘症」になります。まぁ、当然ですね。

プルゼニドは下剤の中でも大腸刺激性下剤に属します。

大腸刺激性下剤は大腸を刺激することで大腸の動きを活性化させます。大腸が活発に動くようになれば、大腸の中にある便は排出されやすくなりますから、便秘症に効果があるというわけです。

便秘にもいくつかのタイプがありますが、腸管の動きが悪くなって生じる便秘を専門的には「弛緩性便秘」と呼びます。つまりプルゼニドは便秘症の中でも特に弛緩性便秘に効果的な下剤だと言えます。

ではプルゼニドは便秘症に対してどのくらいの効果があるのでしょうか。

プルゼニドの有効率を見た調査では、便秘症の患者さんにプルゼニドを投与し「有効」と判定された率は83.6%であったと報告されています。

3.プルゼニドの作用機序

便秘症に対して用いられるプルゼニドですが、どのような機序で便秘を改善させているのでしょうか。

プルゼニドはセンナという生薬が主成分であり、このセンナが便秘改善に効果を示します。

具体的に見ると、口から入ったプルゼニド(主成分センナ)はそのまま大腸まで到達し、大腸で腸内細菌に分解され、レインアンスロンという物質を生成します。

レインアンスロンは大腸壁を刺激し、大腸の蠕動運動を亢進させる作用を持ちます。

レインアンスロンによって大腸が活発に動くようになると、便がスムーズに大腸から肛門へ輸送されるため、排便されやすくなるという機序になります。

スポンサーリンク

4.プルゼニドの副作用

プルゼニドにはどのような副作用があるのでしょうか。またその頻度はどのくらいなのでしょうか。

プルゼニドの副作用発生率は15%と報告されています。

プルゼニドは人工的に大腸の動きを亢進されるため、時に大腸を動かしすぎることによる副作用が生じる事があります。

生じうる副作用としては、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る)
  • 悪心・嘔吐

といった胃腸系の副作用が主になります。

これはプルゼニドが効きすぎてしまった事で生じる副作用で、多くの場合でプルゼニドを適量に調整すれば改善します。

またプルゼニドが効き過ぎで下痢になってしまう事で、

  • 低カリウム血症
  • 低ナトリウム血症
  • 脱水
  • 血圧低下

などが生じることもありえます。下痢によって水分が失われすぎれば脱水・血圧低下が生じ、電解質のバランスも崩れるためナトリウムやカリウム値が異常値となります。

またプルゼニドを服用していると尿が黄褐色~赤色になってしまうことがあります。これはプルゼニドが分解されて出来た物質によって生じる現象で、特に害はありません。

5.プルゼニドの用法・用量と剤形

プルゼニドには、

プルゼニド錠 12mg

の1剤形のみがあります。

プルゼニドの使い方は、

通常成人1日1回12~24mgを就寝前に経口投与する。高度の便秘には、1日48mgまで増量することができる。なお、年齢、症状により適宜増減する。

となっています。

就寝前に服用するのは、一般的にプルゼニドは飲んでから効くまでに8~10時間ほどかかるためです。そのため就寝前に飲めば、ちょうど朝起きた後に排便が出る計算になります。

実際は効果発現までの時間には個人差があるため、必ずこの通りになるわけではありませんので、個々人で最適な時間を見つけて服用するようにしましょう。

即効性があるお薬ではありませんので、就寝前に飲んだからと言って、夜寝ている時に排便したくなって困ってしまう事ということはありません。

6.プルゼニドの作用時間

プルゼニドは服薬すると、おおよそ8~10時間後に効果が認められ始めると報告されています。

もちろん個人差はありますので、必ず服用の8~10時間後に便が出るというわけではありませんが、最初はこの時間を目安にして投与時間を考えるとよいでしょう。

添付文書で推奨されているのは、就寝前(寝る前)に服薬して、朝起床後に排便するというリズムです。しかし絶対にこうしなくてはいけないというわけではありません。この用法で上手くいかない場合は、別の時間に服薬しても問題ありません。

例えば、効果が出るのが12時間後だということであれば、夕食後に服薬して、翌朝起床後に排便が出ることを狙ってもいいですし、効果が6時間後に出るという方であれば、朝食後に服薬して昼過ぎに排便が出ることを狙っても良いでしょう。

7.プルゼニドが向いている人は?

以上から考えて、プルゼニドが向いている人はどのような人なのかを考えてみましょう。

プルゼニドの特徴をおさらいすると、

【プルゼニドの特徴】

・大腸を刺激して動かす事で排便を促す大腸刺激性下剤である
・大腸の動きが悪くなっている方(例えば寝たきり、高齢者など)に向く
・慢性的に使い続けると耐性(慣れ)が生じて効きにくくなる
・薬価が安い

というものでした。

大腸の動きが悪くなっている事で生じている便秘(弛緩性便秘)を起こしやすい人には、高齢者が挙げられます。

高齢者は老化によって筋肉や腸管の機能が落ちてくるためです。

また人は身体を動かさないと腸管も動かなくなってきますので、なんらかの理由で運動量が減っている方、例えば病気で寝たきりになってしまい便秘が生じている方も良い適応になるでしょう。

ただし妊婦さんで運動量が減っている方への投与は慎重にすべきです。

妊婦に対してのプルゼニドの投与は原則禁忌となっており、「投与しない事を原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること」という扱いになっています。絶対に投与できないわけではありませんが、やむを得ない場合に限るべきでしょう。

また、服用しているお薬によっては副作用として腸管の動きを悪くしてしまうものもあります。

例えば抗コリン作用を持つお薬は腸管の動きを悪くします。抗ヒスタミン薬(花粉症のお薬など)や向精神薬(抗うつ剤など)が代表的です。これらのお薬で便秘が生じている場合も、プルゼニドは便秘改善に効果があるでしょう。

プルゼニドには耐性があることも忘れてはいけません。長期的に使いそうな方に対しては安易に投与し続けて良いものではないということです。

ここから考えると、

・大腸の動きが悪くなっている便秘の方
・経済的になるべく安価に済ませたい方

にはプルゼニドはお勧めしやすい下剤になります。

ただし高齢者など、今後長期に渡って使用をする可能性が高そうな方であれば、なるべくプルゼニド以外の排便コントロール(例えば運動習慣の導入や食生活の改善など)も並行して行い、プルゼニドの服用が慢性化しないように気を付けるべきでしょう。

8.お薬以外の便秘の改善法

便秘がひどい場合、下剤を服用するのは有効な方法の1つです。

しかし便秘をお薬だけで解決しようとするのはあまり良い方法とは言えません。本来、便というのは自然と出るものです。下剤の中には耐性があるものもありますので、漫然と下剤に頼り続けていると、いずれよりひどい便秘に悩む事にもなってしまいます。

下剤を服用するよりも大切なのは、まず日常の生活習慣や食事の工夫で改善をはかることです。

では排便を促すような生活習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。

最後に便秘を改善するために有効な生活習慣の工夫を紹介します。

Ⅰ.規則正しい生活を

基本的な事ですが、胃腸を正常に動かすためには規則正しい生活が必須です。

胃腸というのは、自分たちで意識的に動かせる臓器ではありません。では胃腸はどのように動かされているのかというと、「自律神経」という神経が状況に応じて適切に胃腸の動きをコントロールしてくれているのです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は興奮の神経で日中に仕事をしている時など、集中力が必要な時に活性化します。副交感神経はリラックスの神経で、ゆっくりしているような時に活性化します。

そして胃腸は交感神経が活性化している時は動きが抑えられ、副交感神経が活性化している時に活発に動きます。

規則正しい生活を送っていると、交感神経と副交感神経のバランスが保たれるため、規則正しく排便が行われるようになります。

しかし生活が不規則だとこのバランスが乱れます。イライラしがちであったり、夜更かし・睡眠不足が多いと交感神経が活性化する比率が高くなるため、胃腸の動きは低下し、便秘傾向となります。

便秘で悩んでいる方は、

  • 睡眠をしっかりとる
  • 心身をリラックスする時間を必ず毎日取り入れる

など、副交感神経が正常に活性化するような生活習慣を意識するようにしましょう。

Ⅱ.適度な運動を

ウォーキングやジョギングなど、適度な運動は腸管を動かすために有効です。身体を動かすと胃腸も動きます。反対に身体を動かさないと胃腸の動きも低下します。

例えば病気で入院して1日中寝たきりになると、必ずといっていいほど皆さん便秘になります。身体を全く動かさなくなった結果、胃腸も動かなくなってしまったからです。

便秘で悩んでいる方は、適度な運動をしているかも見直してみましょう。運動不足なのであればそれも便秘の一因かもしれません。

  • 毎日職場まで歩いてみる
  • 車を使わずなるべく徒歩や自転車で買い物に行く

など、ちょっとした工夫で構いません。日常に適度な運動を取り入れるようにしてみて下さい。

Ⅲ.食物繊維

野菜や果物に含まれている食物繊維は、便秘の改善にとても有効です。便秘の方の食生活を聞くと野菜の摂取量が少ない方が非常に多く見受けられます。

このような場合は野菜をしっかりと取れば、便秘の改善が得られるでしょう。

野菜や果物に含まれる食物繊維は主に「セルロース」が主成分となっています。このセルロースは、腸管内で水分を含んで膨張する性質があります。

セルロースが水分を含んで膨張すると、腸管を刺激して腸管の動きを活発にしてくれます。また膨張したセルロースが便も取り込むため、固い便が柔らかくなるという作用もあります。

食物繊維は成人であれば1日20gの摂取が推奨されています。しかし1日20gの食物繊維を取るには野菜を300~400g摂取する必要があり、これはなかなか大変です。

食事だけではどうしても食物繊維を十分に取れないという方は、食物繊維を配合したサプリメントや健康食品を利用するのも方法の1つです。

ただし市販のサプリメント・健康食品は、「便秘に有効な食物繊維を配合!」と謳っているのに食物繊維の含有量が極めて低いものも多くあります。

食物繊維をしっかりと補うのであれば、最低でも1回で3g程度の食物繊維を摂取できるものにしましょう。含有量が1g以下のサプリメントでは、1回服用しただけではあまり効果は得られません。

食物繊維を高用量摂取できるサプリメントには次のようなものがあります。

食事前に食べる野菜ゼリー「ベジファス」

ベジファスは1包で食物繊維を5g摂取できます。ゼリー状ですので食べやすく、食事前に手軽に食べる事が出来ます。

イージーファイバー

イージーファイバーは1パックで食物繊維を4.2g摂取できます。粉末状ですのでお茶やコーヒーなどに溶かす事ができ、日常の中で無理なく摂取できるのが利点です。

Ⅳ.乳酸菌

乳酸菌は細菌の一種で、私たちの腸内にも存在している常在菌であり、いわゆる「善玉菌」として知られています。

乳酸菌は糖分を酪酸と酢酸に分解するはたらきがあります。これらの酸を作る事で腸内のpHを適正に保ち、また酢酸の殺菌作用によって有害菌の発育を抑えてくれます。

腸内細菌のバランスが乱れて便秘になっている場合は、乳酸菌を摂取する事で腸内環境を改善させる事で便秘の改善も得られます。

食品で乳酸菌を多く含むものには、ヨーグルトやチーズなどがあります。

また病院で処方してもらえるお薬の中にも、乳酸菌を含んでいるものはいくつかあります(商品名:ビオフェルミン、ミヤBM、ビオスリーなど)。主治医と相談し、必要に応じて処方してもらっても良いでしょう。

乳酸菌は「オリゴ糖」を栄養として増殖していきますので、併せてオリゴ糖を摂取するのも有効です。オリゴ糖が十分に腸内に届けば、それだけ乳酸菌が増殖しやすくなるためです。

乳酸菌を含むサプリメントを利用する場合は、次のようなものがお勧めです。

新ビオフェルミンS

ビオフェルミンは代表的な乳酸菌製剤で、長い実績があり安心して使えるのが利点です。

・コンク・ビフィズス菌
・コンク・フェーカリス菌
・コンク・アシドフィルス菌

という3つの乳酸菌を含み、これらが腸内環境を整えてくれます。

4種類の生菌で腸内バランスを整える医薬品【ファスコン整腸錠プラス】


「ファスコン整腸剤プラス」は京都薬品より発売されている乳酸菌錠剤です。

・フェリカス菌
・ラクトミン
・ビフィズス菌
・納豆菌

の4種の生菌に加え、消化酵素である「ビオヂアスターゼ」も含まれています。

「フェリカス菌」「ラクトミン」「ビフィズス菌」は乳酸菌になります。また納豆菌は有害菌(病原性大腸菌など)の増殖を抑える作用があります。

Ⅴ.水分

水分は便を柔らかくし、排便させやすくする作用があります。

便がコロコロに硬い場合は、水分量が足りなくて便秘になっている可能性があります。毎日の水分摂取量が足りているかどうかを見直してみましょう。

個人差もありますが、1日に必要な水分の量はおおよ1.5Lほどと言われています。

ただし心臓の持病がある方などは摂取できる水分量の制限がある事がありますので、主治医と相談の上で水分摂取量は決めてください。

Ⅵ.ストレスをためない

実はストレスでも便秘になるという事をご存知でしょうか。

先ほども説明したように腸管というのは、自律神経(交感神経と副交感神経)によって動かされています。

ストレスなどによって自律神経のバランスが崩れた状態を「自律神経失調症」と呼びますが、自律神経が失調状態になれば、腸管の動きも不安定になります。

すると便秘や下痢が生じやすくなります。

ストレスが原因で便秘になっている方はなるべくストレスを溜め込まないような生活を意識する事が大切です。

仕事などでどうしてもストレスが溜まってしまうという方は、仕事後や休日にしっかりとストレス発散の時間を持つようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい