スルガム錠の効果と副作用【非ステロイド性消炎鎮痛剤】

スルガム錠(一般名:チアプロフェン酸)は1984年から発売されているお薬で、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)という種類に属します。

「非ステロイド性消炎鎮痛剤」は、いわゆる「痛み止め」「熱さまし」として使われているお薬のことです。ステロイドでないお薬で、炎症を和らげる事で熱や痛みを抑えるはたらきを持つものを非ステロイド性消炎鎮痛剤と呼びます。

NSAIDsにはたくさんの種類があります。どれも大きな違いはありませんが、細かい特徴や作用には違いがあり、医師は痛みの程度や性状に応じて、その患者さんに一番合いそうな痛み止めを処方しています。

NSAIDsの中でスルガムはどのような特徴のあるお薬で、どのような患者さんに向いているお薬なのでしょうか。ここでは、スルガムの特徴や効果・副作用などを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.スルガムの特徴

まずはスルガムの特徴を紹介します。

スルガムは炎症を抑える事で解熱(熱さまし)・鎮痛(痛み止め)作用を持ちます。NSAIDsの中でも効果は強めですが、胃腸系の副作用はやや少なめになっています。

スルガムはNSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)と呼ばれるお薬で、消炎(炎症を抑える)作用を持ちます。NSAIDsの中でも「プロピオン酸系」という種類に属し、同種のNSAIDsの中で効果の強さは強めになります(お薬の効きは個人差があるためあくまでも目安です)。

NSAIDsは炎症を抑える事で、

  • 解熱作用(熱さまし)
  • 鎮痛作用(痛み止め)

といった効果が期待できるお薬です。

解熱・鎮痛作用の強さとしては、同種のNSAIDsと比べて「強め」になります(効きに個人差はあります)。

ほとんどのNSAIDsに言えることですが、NSAIDsは胃腸を痛めてしまうことがあり、胃腸障害の副作用には注意が必要です。スルガムでもこれは同様で、特に大量に服用していたり長期間服用している場合は胃腸障害を起こしやすくなります。

ただしスルガムは他のNSAIDsと比べると胃粘膜の保護に関係するPGI2(プロスタグランジンI2)への作用が弱いため胃腸障害を起こしにくいという特徴があり、胃腸障害は注意すべき副作用ではあるものの、その頻度はやや少なめにはなります。

またNSAIDsは喘息を誘発しやすくすることが知られていますので、喘息の方にはできるだけ服用しない方が良いでしょう。

以上からスルガムの特徴として次のような点が挙げられます。

【スルガムの特徴】

・鎮痛作用(痛みを抑える)、解熱作用(熱を下げる)は強め
・副作用の胃腸障害に注意だが、他のNSAIDsよりやや少ない
・喘息の方は使用に注意(他のNSAIDsと同様)

スポンサーリンク

2.スルガムはどのような疾患に用いるのか

スルガムはどのような疾患に用いられるのでしょうか。添付文書には次のように記載されています。

【効能又は効果】

〇下記疾患ならびに症状の消炎・鎮痛

関節リウマチ、変形性関節症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腰痛症

〇下記疾患の解熱・鎮痛

急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

〇手術後及び外傷後の消炎・鎮痛

スルガムは消炎鎮痛剤ですから、炎症によって生じる症状を抑えるために用いられます。

適応疾患には難しい病名がたくさん書かれていますが、おおまかな理解としては「痛みや発熱が認められる状態に対して、その症状の緩和に用いる」という認識で良いでしょう。

実臨床では、

  • 痛みを抑える
  • 熱を下げる

のどちらかの目的で投与される事がほとんどです。

関節リウマチは自己免疫疾患の1つです。自己免疫疾患とは、本来であれば外部から侵入してきた有害な異物(ばい菌など)を攻撃するはずの免疫システムが誤作動してしまい、自分の身体を攻撃してしまうようになる疾患です。

関節リウマチでは、関節を免疫システムが攻撃してしまう事により関節の炎症が生じ、節々が痛むようになります。

変形性関節症は加齢などにより関節がすり減ったり変形したりしてしまい、それにより関節に痛みが生じる疾患です。

肩関節周囲炎はいわゆる「五十肩」の事で、主に中高齢者に生じる肩の炎症です。

頸肩腕症候群は首・肩・腕の痛みを生じる病態のうち、検査で明らかな異常が認められないものの事です。主に長時間の事務作業やストレスなどが原因になります。

急性上気道炎はいわゆる「風邪症候群」の事で、上気道(鼻や喉など)にウイルス・細菌が感染する事によって炎症が生じる疾患です。

スルガムの各疾患に対する効率(有効以上)は、

  • 関節リウマチへの有効率は31.3%
  • 変形性関節症への有効率は57.9%
  • 頸肩腕症候群への有効率は53.9%
  • 肩関節周囲炎への有効率は44.1%
  • 腰痛症への有効率は47.8%
  • 外傷後の消炎・鎮痛への有効率は45.7%
  • 手術後の消炎・鎮痛への有効率は72.1%
  • 急性上気道炎への有効率は63.6%

と報告されています。

ただし上記疾患にスルガムが有効なのは間違いありませんが、スルガムを始めとするNSAIDsは根本を治す治療ではなく、あくまでも対症療法に過ぎないことを忘れてはいけません。

対症療法とは「症状だけを抑えている治療法」で根本を治しているわけではない「その場しのぎの」治療です。

例えば腰の筋力低下によって腰痛が出現している方に対してスルガムを投与すれば、確かに痛みは軽減します。しかしこれは原因である腰部の筋肉低下を治しているわけではなく、あくまでも発痛を起こしにくくしているだけに過ぎません。

対症療法が悪い治療法だということではありませんが、対症療法だけで終わってしまうのは良い治療とは言えません。対症療法と合わせて、根本を治すような治療も併用することが大切です。

例えば先ほどの腰痛であれば、スルガムを使用しつつも、

  • 適度な運動・リハビリをする
  • 栄養をしっかり取る

などの根本的な治療法も併せて行う必要があるでしょう。

3.スルガムにはどのような作用があるのか

スルガムは主に「痛み止め」「熱さまし」として使われていますが、どのような機序によってこれらの効果を発揮しているのでしょうか。

スルガムは「非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)」という種類に属しますが、NSAIDsの作用はその名のとおり炎症を抑えること(消炎)で熱を下げ(解熱)、痛みを抑える(鎮痛)事です。

炎症とは、

  • 発赤 (赤くなる)
  • 熱感 (熱くなる)
  • 腫脹(腫れる)
  • 疼痛(痛みを感じる)

の4つの徴候を生じる状態のことで、感染したり受傷したりすることで生じます。またアレルギーで生じることもあります。

みなさんも身体をぶつけたり、ばい菌に感染したりして、身体がこのような状態になったことがあると思います。これが炎症です。

スルガムは炎症の原因が何であれ、炎症そのものを抑える作用を持ちます。つまり、発赤・熱感・腫脹・疼痛を和らげてくれるという事です。

具体的にどのように作用するのかというと、スルガムなどのNSAIDsはシクロオキシゲナーゼ(COX)という物質のはたらきをブロックするはたらきがあります。

COXは、プロスタグランジン(PG)が作られる時に必要な物質であるため、COXがブロックされるとプロスタグランジンが作られにくくなります。

プロスタグランジンは炎症や痛み、発熱を誘発する物質です。そのため、スルガムがCOXをブロックすると炎症や痛み、発熱が生じにくくなるのです。

スルガムはCOXのはたらきをブロックする事で炎症を抑え、これにより、

  • 熱を下げる
  • 痛みを抑える

といった効果が期待できます。そのためスルガムのようなお薬を「COX阻害薬」と呼ぶ事もあります。

ちなみにスルガムは、胃粘膜でプロスタグラジンのうち、炎症を抑えるプロスタグラジンE2(PGE2)をブロックする作用は強いのですが、胃粘膜を保護するプロスタグラジンI2(PGI2)をブロックする作用は弱いため、胃腸障害が比較的生じにくくなっています。

スポンサーリンク

4.スルガムの副作用

スルガムの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。また副作用はどのくらい多いのでしょうか。

スルガムの副作用発生率は、3.35%と報告されています。

生じうる主な副作用としては、

  • 腹痛
  • 悪心・嘔吐
  • 消化不良
  • 胃腸障害
  • 食欲不振
  • 浮腫
  • 発疹
  • 搔痒感(かゆみ)

などがあります。

スルガムをはじめとしたNSAIDsでもっとも注意すべきなのは「胃腸系の障害」です。これはNSAIDsがプロスタグランジンの生成を抑制するために生じます。

プロスタグランジンは胃粘膜を保護するはたらきを持っており、実際にプロスタグランジンを誘導するようなお薬は胃薬として用いられています。そのため、NSAIDsによってこれが抑制されると胃腸が荒れやすくなってしまうのです。

胃痛や悪心などをはじめとして、胃炎や胃潰瘍などになってしまうこともあります。このため、NSAIDsは漫然と長期間使用し続けないことが推奨されています。

スルガムは他のNSAIDsと比べると、PGI2をブロックする作用が弱いため胃腸への副作用は比較的少ないとは言われていますが、そうは言っても生じないわけではありませんので注意して使わなければいけません。

また、頻度は稀ですが重篤な副作用としては、

  • 消化性潰瘍、胃腸出血
  • ショック、アナフィラキシー
  • 皮膚粘膜眼症候群(SJS)
  • 喘息発作
  • 白血球減少、血小板機能低下(出血時間の延長)

が報告されています。

重篤な副作用は稀ではあるものの絶対に生じないわけではありません。スルガムの服薬がやむを得ず長期にわたっている方は定期的に血液検査にて肝機能・腎機能などのチェックを行う必要があります。

また、スルガムは次のような方には禁忌(絶対に使ってはダメ)となっていますので注意しましょう。

1.消化性潰瘍のある方
2.重篤な血液の異常のある方
3.重篤な肝障害のある方
4.重篤な腎障害のある方
5.重篤な心機能不全のある方
6.スルガムに過敏症の既往歴のある方
7.アスピリン喘息の方
8.気管支喘息の方
9.妊娠末期の方

胃を荒らす可能性のあるお薬ですので、胃腸に潰瘍がある方はそれを更に増悪させる可能性があり用いてはいけません。

また心臓、肝臓、腎臓といった臓器にダメージを与える可能性がありますので、これらの臓器に重篤な機能不全がある場合もスルガムは用いてはいけません。

また動物実験において妊娠末期にスルガムを投与すると、胎児動脈管収縮や分娩異常が生じる可能性がある事が報告されています。ヒトにおいても同様の副作用が生じる可能性があるため、妊娠末期の方はスルガムを服用してはいけません。

5.スルガムの用法・用量と剤形

スルガムは次の2剤型が発売されています。

スルガム錠 100mg
スルガム錠 200mg

また、スルガムの使い方は、

<関節リウマチ、変形性関節症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腰痛症、手術後及び外傷後の消炎・鎮痛の場合>
通常、成人1回200mg、1日3回経口投与する。頓用の場合は1回200mg経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

<急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛の場合>
通常、成人には1回量200mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大600mgを限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

と書かれています。

スルガムをはじめとしたNSAIDsは空腹時に投与すると、胃腸へのダメージが更に生じやすくなるため、なるべく空腹時には服用しない事が推奨されています。

スルガムは作用時間が短めであるため、1日を通して効果を持続させるには3回服用しないといけませんが、その分即効性に優れます。

服薬してから血中濃度が最大になるまでにかかる時間は約1.2時間であり、体感的には30分前後で効果が現れます。

6.スルガムが向いている人は?

スルガムはどのような方に向いているお薬なのでしょうか。

スルガムの特徴をおさらいすると、

・鎮痛作用(痛みを抑える)、解熱作用(熱を下げる)は強め
・副作用の胃腸障害に注意だが、他のNSAIDsよりやや少ない
・喘息の方は使用に注意(他のNSAIDsと同様)

といった特徴がありました。

基本的にNSAIDsはどれも大きな差はないため、処方する医師が使い慣れているものを処方する傾向があります。

スルガムはNSAIDsの中で作用も強く、胃腸系の副作用もやや少ないため、使い勝手は優れるお薬です。

しかし即効性はあるものの薬効が長く続かないため、1日中痛みが続くような方にはあまり向きません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も是非ご覧下さい